ボックス! スタンダード・エディション [DVD] がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボックス! スタンダード・エディション [DVD]

5つ星のうち 3.6 18件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,104
価格: ¥ 1,000 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 3,104 (76%)
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ディーン・フジオカx清野菜名『はぴまり〜Happy Marriage!?〜』
互いの利益のために契約結婚した御曹司と借金苦のOLが真の「夫婦」になるまでを描いたラブストーリー『はぴまり』がAmazonオリジナルドラマでスタート。毎週水曜新エピソード更新。 今すぐチェック

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 買取サービスページをチェック。

  • 【DVD・ブルーレイ リクエスト】「パッケージ化」をはじめ、「廃盤商品の再発」、「日本語吹替・字幕版」、「英語字幕版」や「プライムビデオ化」を希望するタイトルを募集中。今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ボックス! スタンダード・エディション [DVD]
  • +
  • ROOKIES -卒業- 通常版 [DVD]
総額: ¥2,168
ポイントの合計: 12pt (1%)
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: 市原隼人, 高良健吾, 谷村美月, 香椎由宇, 筧利夫
  • 監督: 李闘士男
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2010/11/26
  • 時間: 126 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.6 18件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B003ZUX4G4
  • EAN: 4907953029804
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 18,707位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介

青春映画の新たなる金字塔が誕生!

2008年6月に発表後、数ある書籍ランキングを賑わせた話題の大ヒットスポーツ青春小説が待望の映画化!
主演に、『ROOKIES-卒業-』で熱き高校球児を演じ、いまや若手トップ俳優として不動の地位を築いた市原隼人。常に熱くまっすぐな姿勢で役作りに臨む市原が、数ヶ月の過酷なトレーニングと気合の坊主頭で本気で挑んだボクシング。今までで最高にアツい市原隼人の姿がスクリーンに映し出された。
共演には、『BANDAGE バンデイジ』、『ソラニン』、『ノルウェイの森』と話題作に出演する注目の俳優・高良健吾。持ち前の生真面目さで愚直な鍛錬を重ねていく優等生ボクサーを爽やかに演じている。
監督は、数多くの伝説的なバラエティ番組を手掛け、『デトロイト・メタル・シティ』で、その卓越したコメディセンスと映像センスで一躍話題となり、今後映画界での活躍が最も期待される監督・李闘士男。自身も幼いころからボクシングジムに出入りしていた経験を持つ李監督が、文字通り“闘う”エンターテイナーとして本作の演出に挑んだ。

【ストーリー】
幼なじみのやんちゃな天才ボクサー・カブ(市原隼人)の強さに憧れ、気弱な優等生ユウキ(高良健吾)は、恵美須高校のボクシング部に入部した。怠け者だが天性のボクシングセンスを持つカブは試合でもいきなり連戦連勝。誰の言うことも聞かないが、先輩のために体を張る仲間思いな一面も。
そんな親友カブのサポートもありながら、いじめられっこだったユウキは、ただ強くなりたい一心と持ち前の生真面目さで日々鍛錬を積み重ねていく。
そんな2人の成長を見守るのは、カブに恋心を抱き、押しかけマネージャーとなった丸野(谷村美月)、不本意ながらも新たにボクシング部の顧問となった英語教師の耀子(香椎由宇)、そして秘められた過去を持つボクシング部顧問の沢木(筧利夫)だった。沢木の指導もあって、次第に強くなっていくユウキは、高校ボクシング界で無敵を誇るカブに一歩一歩近づいていった。やがて、運命のライバルとなる2人。そして、そこには、2人の友情の行方を左右する避けられない闘いが待っていた―。

【キャスト】
市原隼人、高良健吾

谷村美月、清水美沙、宝生 舞、山崎真実、香椎由宇、筧利夫

【スタッフ】
監督:李闘士男、脚本:鈴木謙一、原作:百田尚樹(「ボックス!」太田出版刊)、音楽:澤野弘之、主題歌:『LAUGH IT OUT』(RIZE with 隼人)

【映像特典】
<本編ディスク>(約8分)
○特報 (2ヴァージョン)、予告、プロモーション映像、TVスポット(4ヴァージョン)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

百田尚樹の大ヒット青春小説を市原隼人主演で映画化。幼馴染みの天才ボクサー・カブに憧れボクシング部に入部した気弱な優等生のユウキ。持ち前の生真面目さで日々鍛錬を重ねる彼は、やがて高校ボクシング界で無敵を誇るカブに一歩ずつ近付いていく。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ストーリーの展開がよく出来ていて見応えがありました。 自分的に惜しかったのは、マネージャーの扱いがザルに見えたこと(いい人です的なとこを印象づけといてあっさり消してしまうような)と、最後のクライマックスの試合シーンをなぜかいいとこでブッた切って、数年後の話を入れ、回想として帰って来たとこ辺り。 なんか流れを断ってしまった感が否めない…。 でも全体としては完成度はかなり高く感じました。 俳優さんたち本当に頑張りましたね(゚ーÅ)
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
原作未読で見たのですが、とても感動しました。
ロッキーの焼き直し映画はハリウッドでも日本でも数えきれないほど作られてきましたが、どれもロッキーを見直した方がよっぽどマシな映画ばかりでした。
しかしこれは違う。
ロッキーと同レベルの感動を、21世紀の感覚でもう一度感じることができる。
一切のシーンに手抜きがなく、丁寧に全力で撮られている。
なのに「原作に比べて劣る」との意見が多かったのに驚きました。
しかし、原作者の名前を見て納得、百田さんの原作を超えられるわけがないです。
そういう意見を読んであらためて浅田次郎や百田尚樹はあらゆる世界の芸術作家の中の最高峰なのだと感じました。
さっそく原作を読んでみます。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
市原隼人と高良健吾。
少々若々しさがありませんが、共にカブとユウキ役に良い感じでした。

しかし、原作の主人公はカブではなくユウキと女性教師の耀子。

ユウキの成長ぶりと才能の開花。
耀子のボクシングへの興味とカブへの揺れ動く気持ち、がこの作品の面白いところだったのに・・・。

映画の主役はカブ?なのか?・・・。

結局のところ、誰が主役で何を伝えたかったのか、最後までよく判りませんでした。

そしてラストの決勝戦はなぜかプロの試合会場のようで・・・何か変。

そこにブチ切れるカブは出てこなかったし。

何よりも一番の不満は、とにかく登場する多くの人物が薄っぺらい。

原作では解りやすいボクシングの解説もあり、読み進むうちに自然にボクシングの知識が身に付くのも凄いところ。

またユウちゃんと母親とのやりとりや、部員達の丸野への愛情にかなり泣かされました。

まだ読んでいない方、原作をぜひおすすめします。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
小説を読んだ後にみました。
小説の方は・・もう・・涙・・・なみだ・・
映画の方も、面白かったです。
カブ役の市原隼人はイメージ・・ぴったり。
簡単にいってしまうと友情と挫折の物語です。
小説がパーフェクトだったのに対し残念だった点もあります。
特に2点。
かって小学校時代友達だったカブと主人公は高校で久しぶりに再会します。
主人公はいじめられっ子、カブは相変わらずやんちゃ。
ある時、主人公が中学時代の同級生にいじめられているシーンがあります。
あのシーン、助けにいった市原隼人の見せ場だったのでは・・映像的にちょっと、あっさりすぎです。

もう一つ、日本には世界チャンピオンが8人いますが、ボクシングファンに一番認知されていない3兄弟がいます。
小説では、ちょっと皮肉られているんです。
実力と人気がともなっていないというか・・
で・・なのに・・
皮肉られているのに・・
映画にでている。
原作者は・・どう思っているのか・・
小説の中のカブは・・あの兄弟より、ガラが悪い・・基本、ガラの悪いボクサーが嫌いなボクシングファンの私ですが・・
品の無いカブに・・感動させられる・・
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
熱くなった。市原隼人も高良健吾も、おそらく相当なトレーニングを積んだのだろう。フォームや動きにそれが見てとれる。もう10年以上前になるが、私も高校生の頃、ボクシングにのめり込んだ時期があった。それを思いだして思わず胸が熱くなった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
原作の良さが消えていた。原作の伝えたい意図の半分も表現されていなかった。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。

関連商品を探す


フィードバック