通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ボクの音楽武者修行 (新潮文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ボクの音楽武者修行 (新潮文庫) 文庫 – 2002/11

5つ星のうち 4.6 54件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 497
¥ 497 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ボクの音楽武者修行 (新潮文庫)
  • +
  • 小澤征爾さんと、音楽について話をする (新潮文庫)
  • +
  • 音楽  新潮文庫
総額: ¥1,901
ポイントの合計: 60pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • 文庫: 244ページ
  • 出版社: 新潮社; 改版 (2002/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4101228019
  • ISBN-13: 978-4101228013
  • 発売日: 2002/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 54件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 51,258位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
以前、と言っても相当前の話だが、小澤征爾とウィントン・マルサリスがアメリカの子供達に音楽を教える番組を見たことがある。とにかく、小澤征爾本人が楽しくて楽しくて仕方のないということがよく伝わった。

この本は小澤征爾の若い頃の話で1961年に書かれたものらしい。音楽をやるために貨物船に乗ってヨーロッパに上陸、そしてその後のヨーロッパとアメリカその道中記。TVで見た彼、指揮棒を振る彼、それから本の中の若い彼に見る音楽をすることを楽しむ様子はまるで変わらない。

大変なことも多かったに違いないのだが、その時々に対面する状況を活き活きと乗り越えていく小澤征爾の生き方が格好良いのだ。なにしろ、これから世界へ、という時期に書かれているわけだから、「やってやるぞ」という強く清々しい意志が伝わってくる。

強く清々しい意志は時間を経ても色褪せず人の心を打つ。
1 コメント 37人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 free_se 投稿日 2006/9/30
形式: 文庫
小沢征爾は、24歳の時、西洋音楽の生まれた土地や

人を見てあるきたいと言う理由からヨーロッパに渡ります。

小沢征爾の計画は、貨物船でヨーロッパに渡り、

スクータで旅をするという単純なものです。

知り合いがいるわけでも何か見込みがあるわけでもなく

本当に出たとこ勝負で旅したわけです。

その後、ブザンソンの棒ふりコンクールで優勝し

指揮者としての道が開けますが、

ニューヨーク・フィルハーモニーの副指揮者になるまで

フランス、ドイツ、アメリカを渡り歩いて

世界のオーケストラを体験します。

この本では、小沢征爾の人と成り立ちがわかると

同時に、音楽家シャルル・ミュンシュ、カラヤン、

バーンスタインなど小沢と関係があったの音楽家の性癖が

観察されていたり、小沢征爾のオーケストラ評があったり

で読み応えがあります。

小沢征爾は、若い時に自分の好きな道を見つけ好きなこと

を精一杯行ったことで成功したんだと感じられました。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 yoyo 投稿日 2010/8/18
形式: 文庫
とっても楽しく読ませていただきました。
芸術家としての誇りをもち、
かつ国境を越えて、
若き天才が認められるまでの道のりが、
日記・手紙形式で書かれている。
また、交流した音楽家たちもすでに天才ばかり。
亡くなったカラヤンなど、
私がオーケストラに所属していた頃を思い出し、
英才教育と一般教育との差、
芸術家の卵から本当の芸術家になる道のりが
平易な文章で書かれている。
小澤さん、タクトをつぐものを
作らなければいけない時期ではないですか?
と晩年にいたる今
私は思いました。
天才と非凡の差、そして、努力は誰でもしなければ
天才にはなれないとも思いました。
音楽関係者、未来の芸術家さんへ
読んでみてください。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
40年以上も昔の本なのに、文体も内容も全部今と変わらなくて違和感も時代のギャップもまるでないです。

小澤征爾さんというと、世界的指揮者で、小澤家はなんだかハイソで裕福で名家のイメージがありますが、当時は戦後でみんなが貧しく、小澤家も生活に余裕がありませんでした。

ただ、どんなに貧しくても教育には熱心な家風で家族が一丸となって協力し合うという家柄です。

この本を読むと分かるのですが、小澤征爾さんが今のような世界的指揮者になったのは、この本で書かれているヨーロッパへ単身行ったことがキッカケです。

その模様がこのエッセイには24歳の素直な心で書かれています。
同時期に岡本太郎さんの本も読んだのですが共通点は多いものの、こちらのほうが堅苦しくなくさくっと読めました。

私自身これを読んですぐ、治安の良くない国に一人で旅行しました。
勇気をもらえる一冊です。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー