ボウリング・フォー・コロンバイン [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 管理ラベルは簡単に取れます(商品のクリーニング済み)帯や付属品の欠品、色 あせ等ある場合がございます※Amazon.co.jp配送センター保管品のため商品コンディションについての問い合わせは回答できません。予めご了承くださいませ。注文や配送に関する問い合わせはAmazonカスタマーサポートにてお受けします。お急ぎ 便、コンビニ決済、代引き支払い、ギフト券などもご利用できます。
こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,385
通常配送無料 詳細
発売元: Abo Co., Ltd.
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ボウリング・フォー・コロンバイン [DVD]

5つ星のうち 4.6 113件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,323 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,753 (54%)
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、激安CD DVDアウトレット専門店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ボウリング・フォー・コロンバイン [DVD]
  • +
  • シッコ [DVD]
  • +
  • 華氏 911 コレクターズ・エディション [DVD]
総額: ¥5,530
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: マイケル・ムーア, チャールトン・ヘストン
  • 監督: マイケル・ムーア
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ジェネオン エンタテインメント
  • 発売日 2003/08/27
  • 時間: 120 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 113件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00008HC54
  • JAN: 4988102906016
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 30,583位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   マイケル・ムーアが、『ロジャー&ミー』や『ザ・ビッグ・ワン』でやったように、アポなし突撃取材で挑んだ優れたドキュメンタリー映画。今回のターゲットは「銃規制」。この主題をとりまくあらゆる論争を巧みに展開、それらの論争を打ち負かしていくが、「他の民主主義国家に比べて、どうしてアメリカ人は互いを殺しあうのか?」という問題の答えはなかなか見つからない。コロンバイン高校銃乱射事件や、ムーアの地元ミシガン州フリントで起きた6歳児の発砲事件にフォーカスを当て、探求は進む。コロンバイン高校銃乱射事件を引き起こした生徒が銃を購入した大手ディスカウントストアのKマート本社に乗り込んだり、全米ライフル協会(NRA)会長、チャールトン・へストンの自宅を訪問、アメリカ国内での銃規制に反対する人々や組織に説明責任を求める。ムーアの切り口には、ユーモアと感情があり、ただの熱血漢で終わっていない。ムーアは、犯罪のはびこる世の中において、真に良識のある発言者となりつつある。(Bret Fetzer, Amazon.com)

内容(「Oricon」データベースより)

1999年4月20日、コロラド州リトルトンのコロンバイン高校で起きた、少年二人による銃乱射事件を機に見えたアメリカ銃社会の現状。なぜ銃を捨てる事ができないのか? そんな根本的な問いに“マイケル・ムーア”が自慢の突撃取材でタブーとされてきた銃社会アメリカの病理を暴く!

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Blu-ray Amazonで購入
初めて見た時えらく衝撃を受けたのを覚えてます。色々と考えさせられます。
十数年前コロンバイン高校のすぐ近くデンバーに住んでたので妙な親近感もありました。
アメリカの銃社会にメスを入れた問題作です。
ドキュメンタリータッチでとても面白いと思います。高校生位から理解出来る内容ではないかと思います。
アメリカが抱える銃社会の闇が垣間見得る数少ない作品だと思います。この作品を見ると日本って本当に安全な国なんだなと再認識出来ます。
アメリカではスーパーマーケットに普通に銃が売られてます。場所によっては銃声が聞こえる事も珍しい事ではありません。
世界有数の経済大国であるアメリカが抱える問題
を見る事が出来るおすすめの映画です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
アメリカは銃産業があるので資本主義の論理だと戦争や犯罪が起きて儲かる人が大勢いる 日本と産業が大きく違う

そこにみんなが気づかないと戦争は無くならない
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
この映画は以前みたことがある
なぜこれを購入したかと言うと、やはり
あれだ、アメリカであった二つの
乱射事件、中絶手術の施設を
キリスト教の過激派がやった事件。
障害者支援施設をイスラム国の支持者が
やった事件。 これらの事件を見て
あらためて見たいと思った。
もちろんアメリカが銃を武器を
売るのやめたら平和になると思わない
ロシアや中国や他の国が武器を
売るだろう。 だけども、こんなニュース
も聞く、アメリカ、ロシア製の武器が
敵であるイスラム国に鹵獲、横流し
されて、使われてると。 ......
この映画で俺がショックだったのは
6歳の男の子が同級生の女の子を射殺する
事件だ、俺はジョニーマッドドックも
見たしロードオブウォーも見た
子供が銃で殺人をする事実に免疫がある
俺がショックだったのは、その
6歳少年が母子家庭で貧困だったと言う
彼の母親は最低限の社会保障を
受けるために過酷な労働をしいられてた
その労働とは1時間半バスに乗り
金持ちの地域のバーで働くとゆう
しかし結局家賃を払えず追い出され
母子は親戚の
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
マイケル・ムーアという映画監督は、ただありのままを映そうとするタイプのドキュメンタリーは撮らないらしい。
あの芝居がかった行動の数々で映画のようなやり取りを見せつけ、一つの事件を通してあらゆる要因を羅列し引きずり出して注目させようとする。今回は銃社会のアメリカに潜む問題のようだ。

自ら俳優のように出まくり映画を引っ張る肥えた肉体。
オーソン・ウェルズのように悪の権化としてずんぐりむっくりの体で威圧感を出すワケでもなく、西部劇で偉そうにのしとのしと歩く腹の出たガンマンの如くムーアは登場してくる。マイナスイメージをあえて前面に出すことそのものが壮大な“当てつけ”なのだ。当てつけしないと死んじゃう病なのかも知れない。だから意地でも痩せないんだと思う。
表情はコメディアンのようにどこか微笑みを称え、銀行で得たライフルを抱えて買い物を済ませる“日常の光景”を映す。
時にインタビュアーとして執拗に問い詰める時もあれば、手を肩にやって同情するような場面も物凄くわざとらしーく見せつけたりする。当事者の目の前でそれをやるのだからつくづく胆の座った奴だわ。

インタビューをした人々の顔もこれみよがしに見せる。銃に狂った老人のギラギラした眼、銃を握りしめ高々と掲げる演説者チャールトン・ヘストンの笑顔、無責任なマスゴミや報道
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
 2002年、Michael Moore監督によるドキュメンタリー映画「Bowling for Columbine」です。

 このドキュメンタリーは、1999年のコロンバイン高校銃乱射事件を題材に、
様々な人へのインタビューや、カナダとの対比などを通じて、米国の銃社会について考察していく映画です。

 私の印象に残った点をいくつか、書いておきます。
 
 まずは、Marilyn Mansonインタビュー。
 コロンバイン高校銃乱射事件の前、犯人はMARILYN MANSONを聴いていたということで、悪者に仕立てあげられた、ミュージシャンです。
 Mansonは、自身を恐怖の象徴と言い、「米国経済の基盤は、恐怖と消費の一大キャンペーンだ」という旨を語っています。
 「メディアが恐怖を生産することで、視聴者が消費に走る」という行動パターン。
 恐怖が多ければ多いほど、企業は儲かります。 
 日本の場合、「電力が足りない」「財政危機」など、政治の面でよく使われていますよね?

 それと、米国とカナダの比較。
 両国とも、銃を持ち、貧困があり、多人種であり、暴力的な映画・ゲームがあるのに、1年間の銃による犠牲者は、カナダ:165人、米国:1
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す