通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ホールシステム・アプローチ―1000人以上でもとこ... がカートに入りました
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯なし。カバーに縁寄れ、小口地に数箇所薄よごれありますが概ね良好です
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホールシステム・アプローチ―1000人以上でもとことん話し合える方法 単行本(ソフトカバー) – 2011/9/22

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,836
¥ 1,836 ¥ 1,295

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ホールシステム・アプローチ―1000人以上でもとことん話し合える方法
  • +
  • ワールド・カフェをやろう
総額: ¥3,564
ポイントの合計: 108pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

たくさんの参加者を巻き込んで、アイデアや知恵、ビジョンを引き出す、まったく新しい対話・会議手法であるホールシステム・アプローチのやり方、考え方、実践例を紹介した手引き書。

内容(「BOOK」データベースより)

ワールド・カフェ、OSTからフューチャーサーチ、AIまで、未来を創造するための大規模会話手法を、第一人者がわかりやすく紹介。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 197ページ
  • 出版社: 日本経済新聞出版社 (2011/9/22)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4532317290
  • ISBN-13: 978-4532317294
  • 発売日: 2011/9/22
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 237,361位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
社会・組織を主催したり、管理したりする立場の人は、上からコントロールする対象物のように人々を見るようになるのが普通だろうと思います。しかし、支配・被支配の関係からではなく、対等な人間同士が集まる「場」として社会・組織を捉える時、そこにホールシステム・アプローチの出番があります。ホールシステム・アプローチでは、ひとつの「場」に集まった人々が、自分たちの本当に行きたい方向に着実に進むための構造的な会話の在り方を設計する手法がまとめられているからです。この本は、その中でも代表的な4つの手法について、それぞれ丁寧に解説したものです。読んでいて、とても地に足の着いた感覚を覚えながら理解が進んだので、ホールシステム・アプローチを実際に計画する際の良き手引書になりました。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
ホールシステムアプローチの全体像を概観できる本が出版されて、本当に感謝しています。
読み終えて最初の感想は、「自分たちの未来を多くの人たちと話し合うことに、もっと時間とお金をかけるようになる世界をどうしたら作れるか?」ということでした。海外の事例では、こうした話し合いに2泊3日、3泊4日などの事例が紹介されるが、日本では余り見かけないよう思います。
こうしたアプローチを広める目的は、未来を誰かに作ってもらおうとする人よりも、未来を自分たちで作り出そうという人を増やしていくことにあるのではないでしょうか。
そのためにも、どうしたら未来を作れる話し合いができるのかを、この本の参考文献や関連する文献などにも関心を持ったり、なかなか分かり合えないと思っている人たちとの話し合いにも関心を持つなど、一見、無駄かなと思えるようなことにも取り組んでいきたいと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
何かと情報が少ない「ワールドカフェ」や「オープン・スペース・テクノロジー」などの「ホール・システム・アプローチ」についてわかりやすく書かれていた。
教科書としては非常に良いと思う。

ただ、「実施の際にはアレンジが必要」と書かれているものの、
どういったアレンジが考えられるのか
アレンジしていいところといけないところはどこか
アレンジ内容のメリットとデメリットは何か

などの具体的な記述がなかったのが残念。
習うより慣れろということか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック