中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: ほぼ新品 | 詳細
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: 【ほぼ新品】美品 [きれいな状態です。] ※通常、通常、防水梱包により迅速(当日・翌日)に発送いたします。◆土日祝日休業:金曜(休日前日)PM注文は翌平日発送となります。◆30分経過後のキャンセル・住所の変更はできません。(アマゾン注文規約より)◆配達不可:マンション名・部屋番号の未記載/配達先の表札違い・無し/住所間違い(市町村名称変更含む)などは配達不可となる場合があります。配送は主にヤマトDM便の為ポスト投函です。着日指定・郵便局留・私書箱、配送センター(営業所)留めでの配送はできません。上記配送不可の場合は配送費を除き商品代金のご返金を致します。安価商品の為再発送はご勘弁ください。ご注意をお願い致します。◆検品は注意をしておりますが、新品の品物以外はあくまで中古品である点御了承ください。どうぞ宜しくお願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホームレス中学生 単行本(ソフトカバー) – 2007/8/31

5つ星のうち 4.1 269件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 535 ¥ 99
単行本(ソフトカバー), 2007/8/31
¥ 1,111 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

麒麟・田村のせつな面白い貧乏生活がついに小説に!
中学生時代の田村少年が、ある日突然住む家を無くし、近所の公園に一人住むようになる超リアルストーリー。
ダンボールで飢えを凌ぎ、ハトのエサであるパンくずを拾い集めた幼き日々から、いつも遠くで見守ってくれていた母へ想いが詰まった、笑えて泣ける貧乏自叙伝。

内容(「BOOK」データベースより)

ダンボールを食べ、ウンコの神様と呼ばれた…麒麟・田村のせつな面白い公園生活!!麒麟・田村の貧乏自叙伝。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 191ページ
  • 出版社: ワニブックス; 初版 (2007/8/31)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4847017374
  • ISBN-13: 978-4847017377
  • 発売日: 2007/8/31
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.4 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 269件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 125,380位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
この本を読んで、大して苦労していない、たった1ヶ月のホームレス生活じゃないか。バイトでもやりゃいいんだよって書かれているレビューを見たりすると、何だか切なくなります。
麒麟の田村が本当に書きたかったこととは、極貧生活だったと思いますか?苦労話だと思いますか?ましてやホームレスの体験談でしょうか?

きっと私は違うと思います。田村が書きたかったのは、こういうことなんではないでしょうか。
かけがえのない愛する大切な人を失った子供の気持ち、死を理解できない、認めたくない気持ち。
自分が正直に正しく生きていれば、いつかきっと神様は母親を蘇らせてくれると言うことを信じて疑わない、けっして叶うことのない儚い願い。
そして、それが叶わないものだと初めて認めることになった、お世話になった人の死という悲しい出来事。一人涙したその夜。
それを皮切りに、生きる目的を失った田村のどうしようも無い絶望感や生きる気力を失った日々。
そんな絶望の闇から救ってくれた恩師や友人たちとの出会い、それらは奇跡とまでも呼べないまでも、「思いがけない手助け」があったからこそだと思います。
もし、それらに田村が出会うことが無ければ、あの友人がいなければ、起きるはずもなかった出来事だと思え、もし、その「思いがけない手助け」が無ければ、田村
...続きを読む ›
3 コメント 283人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
きっとずいぶん話が大きくなってるんだろう、とか、
半分以上ウソだろと
バラエティ番組を見ながら思っている人も多いと思うが、
おそらく、ひとつひとつ自分で思い出しながら書かれたであろう事実は、
「麒麟・田村の貧乏ネタ」以上のリアリティがあった。
自分も10代で親を癌で亡くし、国の制度に助けられながら、
親類の面倒にならずに過ごしたので、
生活保護の金額が変わることによる苦しさの章や、
友達にも言えない悩みの部分は涙なしでは読めなかった。
コメント 126人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
大好きだったお母さんが小学生のときに亡くなり、中学生になったらお父さんが崩れてしまい、失踪。大学生の兄と高校生の姉と共に中学2年生でホームレス。お父さんを恨むことなく、兄姉には気丈に振る舞い、一人公園で始まった「ホームレス」生活。
その後、友人、友人の両親、親戚、兄、姉、そして学校の先生らに助けられ、
兄弟3人での生活がスタート。

亡くなったお母さんを始め、まわりの人々に対する感謝に溢れた文章です。
お兄さん、お姉さんといい、子ども3人、よくこれだけ強く、優しい子どもに育ったなと、お母さんもさぞ誇らし気なことだろうと思います。

お湯で感動できる幸せのハードルが低い人生。全てのものに対する感謝の気持ちがあればこそだろうと思います。夜、布団の中で泣きながら読み切りました。
コメント 82人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
この本に感動してレビューを書こうと思っている矢先、テレビの特番で、
田村さんが14年前に生き別れた父親に再会した奇跡を知り、
涙が出るほど嬉しくなり、心から祝福したいと思いました。

私は田村さんが父親に対する恨みなどを本当に一切持たずに、再会を望んでいることをこの本で知り、
その日が訪れることを祈っていました。こんなに早くそのときが来るとは思いませんでしたが、
それはこの本に新たなハッピーエンド(まだ終わりではないですが)が加えられたように感じ、
読後の感動をいっそう大きなものにしてくれました。

それにしても、お笑い芸人となった田村さんにとって、中学生時代の体験は、単なる貧乏ネタではなく、
人間はそこまで追い込まれても、感謝する気持ち、家族を思う気持ちを失わずに、
かつユーモアも持っていられるという、すごく大げさに言えば、ある意味で人間の尊厳さすら感じさせてくれました。

田村さん、ありがとう、そして本当におめでとう。
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
「中学生がホームレス?この福祉先進国日本で?ありえない。」と思いつつ、「いったいなにがあって?」と、強烈な好奇心と不可解さで、『読んでみたい、読みたい』と思いつつ、すっかり今になってしまいました。

希少体験なストーリーと売れっ子小説家のような回りくどい文体も一切無く、非常にぐいぐい読みに引きこまれるすごい本。

スタートに父親が登場してくるものの、中盤まで母親が優しい回顧録でしか出てこないので、「もしや亡くなっているのか、離婚しているのか」ともやもやミステリー心理になってしまい、ずいぶん気持ちをひっっぱられてしまいました。読み進ませる構成が上手いですね。
おかぁさんが謝りながら死んでいくシーンは、涙を我慢するのが大変でした。
(待合室で読んでたもので。もちろん「うんこの神様」「10キロ女」などのシーンでは笑いをこらえるのも大変でした。)

公園生活中の 飢えと貧窮 によく精神的にも道義的にも破綻しなかったものだと、亡くなられたお母さんの存在に手をあわせるような気持ちになりました。

どん底から救ってくれた「川井よしや君」!わたしは、この名前を一生記憶しておきたい。
どん底の中のごはん、お風呂、・・・
この子にありがとうを100万回言いたい。よしやの母上にもありが
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー