¥3,921
ポイント: 39pt  (1%)  詳細はこちら
最も早いお届け日: 本日
4 時間 4 分 以内に注文した場合.
詳細を見る
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 Amazon.co.jp
販売元 Amazon.co.jp
出荷元
Amazon.co.jp

販売元

ホース・マネー ペドロ・コスタ監督 DVD 国内未... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥4,918
+ ¥380 配送料
発売元: そふとや
カートに入れる
¥4,800
+ ¥500 配送料
発売元: DVDブルーレイならs-shop
カートに入れる
¥5,280
+ ¥350 配送料
発売元: Felista玉光堂
この商品をお持ちですか?

ホース・マネー ペドロ・コスタ監督 DVD 国内未公開短編『O NOSSO HOMEM(わたしたちの男)』収録

5つ星のうち5.0 3個の評価
Amazon's Choice は、評価が高く、お求めやすい価格の商品をおすすめします。
Amazon's Choice ペドロコスタ

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版
¥3,921
¥3,921 ¥8,284

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意は こちらをご覧ください。
  • 注記:Amazon.co.jpが販売・発送する一部の商品は、お一人様あたりのご注文数量を限定させていただいております。お一人様あたりのご注文上限数量を超えるご注文(同一のお名前及びご住所で複数のアカウントを作成・使用されてご注文された場合を含みます。)その他Amazon.co.jpにおいて不正なご注文とみなす場合には、予告なくご注文をキャンセルさせていただくことがあります。
  • 【AmazonDVDコレクション】 人気のタイトルが、いつでもお得なAmazon価格でご購入いただけるシリーズです。DVDは1枚1,000円、ブルーレイは1枚1,500円。 対象商品はこちら。


登録情報

  • アスペクト比 : 1.33:1
  • 梱包サイズ : 30 x 10 x 20 cm; 120 g
  • EAN : 4933672253015
  • 監督 : ペドロ・コスタ
  • メディア形式 :
  • 時間 : 1 時間 44 分
  • 発売日 : 2019/5/31
  • 出演 : ヴェントゥーラ, ヴィタリナ・ヴァレラ, ティト・フルタド, アントニオ・サントス
  • 字幕: : 日本語
  • 販売元 : IVC,Ltd.(VC)(D)
  • ASIN : B07PK1FFSG
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち5.0 3個の評価

商品の説明

内容紹介

この街には移民たちの故郷を想う唄が流れている
時は過ぎ去っていく、ただ静かに
異国の地で翻弄されたひとりの男の人生
その魂は夜に解き放たれた

『ヴァンダの部屋』『コロッサル・ユース』でリスボンの捨てられた街の人々を見つめたポルトガルの鬼才ペドロ・コスタ。新たな傑作。
国内未公開短篇『O NOSSO HOMEM(わたしたちの男)』収録!

☆封入ブックレット
ペドロ・コスタ監督インタビュー
青山真治氏(映画監督)、市之瀬敦氏(上智大学教授)による作品解説文

★映像特典
ペドロ・コスタ監督『O NOSSO HOMEM(わたしたちの男)』(2010/26分)
オリジナル予告編(7種)
日本劇場公開時(2016)の予告編

山形国際ドキュメンタリー映画祭2015でグランプリにあたる大賞(ロバート&フランシス・フラハティ賞)、
2014年のロカルノ国際映画祭では最優秀監督賞と世界中の数多くの映画祭で絶賛され、
「サイト&サウンド」や「フィルムコメント」「カイエ・デュ・シネマ」など名だたる映画誌でも2015年のベスト作の一本として選出され、
これまでのペドロ・コスタ監督作の中で最も多くの国々で劇場公開された作品『ホース・マネー』。
本作はポルトガルの鬼才ペドロ・コスタの新たな地平を切り開く作品として注目され、
2015年夏には、ニューヨークのリンカーン・センターでペドロ・コスタ監督のレトロスペクティブが開催された。

「ほぼ完璧といえる構図、照明、美術が作品にもたらしかねぬ抽象性を、あらゆる生きた被写体が、
そのつどまがまがしい具体性へと転化せしめるサスペンス。ペドロ・コスタ監督の最大の野心作は、
その野心を超えて、21世紀にふさわしい真の傑作へと昇華する。」―蓮實重彦(映画評論家)

「ペドロ・コスタの映画はよく見ている。彼は特別な才能を持つ監督だ。」―マノエル・ド・オリヴェイラ(映画監督/『アンジェリカの微笑み』)

19世紀末〜20世紀初頭に、アメリカのフォトジャーナリズムの草分けであるジェイコブ・リース(1849-1914)が撮影したニューヨークのスラム街の写真群をプロローグに、
テオドール・ジェリコーによる、もの思わしげな黒人の青年のポートレイトが映し出される。
ヴェントゥーラがまるで地下牢に続くような暗い階段を下っている。
白衣の男が連れ戻しに来た。ここは病院のようだ。しかし廃墟のようでもある。
ヴェントゥーラの手はずっと震えている。最期の時を待つように病室のベッドに横たわるヴェントゥーラ。甥や元同僚たちが訪ねてくる。
ヴェントゥーラが記憶の迷路に迷い込むように建物の中を彷徨っている。
病室の一室で医者に質問されるヴェントゥーラ。
カーボ・ヴェルデから。19歳と3ヶ月だと答える。自分はフォンタイーニャス地区で迷子になった。
今日は1975年3月11日。権力を奪回しようとしたスピノラ将軍がクーデターを起こした日。
革命軍(MFA)によってここに連れてこられたと……。

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

ポルトガルの鬼才、ペドロ・コスタ監督がリスボンのスラム街・フォンタイーニャス地区で生きるアフリカ移民の苦難の歴史と記憶を描いたドラマ。主演は『コロッサル・ユース』のヴェントゥーラ。特典に短編『O NOSSO HOMEM(我らの男)』を収録。

続きを見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち5.0
星5つ中の5
3 件のグローバル評価
星5つ
100%
星4つ 0% (0%) 0%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません

0のカスタマーレビューおよび3のカスタマー評価があります。