中古品
¥ 284
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ★良品倉庫★
コンディション: 中古品: 良い
コメント: コンディションは良いです。クリスタルパックで丁寧密封梱包、古本ですので少しの日焼け、スレはご了承ください。ご注文後迅速に発送致します。尚、納品書は同封されていませんので、必要な方はご注文後メールにて承ります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホ・オポノポノ奇蹟の原点 カフナの秘法 (超★スピ) 単行本(ソフトカバー) – 2009/8/1

5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 284
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • 心理学| ビジネス向けの自己啓発から引き寄せの法則など、幅広いジャンルの本をラインアップ。心理学の本ページへ。


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

ハワイの先住民族の祭祀族フナに古代から継承された奇跡の秘密を探り出した書籍。フナ族の祭司は「カフナ」と呼ばれている。訳せば「秘密(Secret)の守護者」。著者のロングはフナ族の秘密を一生の研究テーマにした。そして、キリスト教徒の失ったイエスの奇跡の秘密が、ハワイのカフナ族に古くから伝えられていたことを探り出し、専門とする心理学の手法でその原理を21章にまとめている。本書はホ・オポノポノでハワイの癒しの秘法がブームとなる中、伝統あるフナ・カフナの秘儀を一挙に公開する。

内容(「BOOK」データベースより)

ハワイの呪術師カフナが守り続けてきた癒しの秘儀(フナ)は、人生を物心両面で豊かに生まれ変わらせる約束の魔法―人間は三つの霊魂から成り、マナ(生命力)、影体とその紐、念体などと相互に作用しながら、周囲の人(物)と複雑に絡み合い、日々生活しています。健康、成功、悪い未来を好転させる「幸運づくり」は、三つの霊魂のうち、とくにアウマクア(ハイセルフ)の助けを得なければなりません。それは、愛と奉仕の法則から成る超意識の世界に耳を傾けること。秘められた力をどのように引き出し、ポジティブに生かしていくか、超スピリチュアル次元すべてのエッセンス/使用法がここに―。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 266ページ
  • 出版社: 徳間書店 (2009/8/1)
  • ISBN-10: 4198627622
  • ISBN-13: 978-4198627621
  • 発売日: 2009/8/1
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 174,530位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.8

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
ホ・オポノポノという言葉がひとり歩きしているが、ハワイのシャーマンたちが用いる家族間の関係を癒すテクニックをそもそもホ・オポノポノと呼ぶのであって、4つの言葉をただ繰り返すことが本来のホ・オポノポノなのではないーということは他のハワイのシャーマニズムの古典的研究書数冊を読んだものなら誰でも知っている。
よって、ある意味でこの著作こそがタイトルどおり、ハワイのカフナの秘法を探る上ではその原点であるといえよう。
英文が古めかしいので、訳が大変だったこととは思うが、よくぞ和訳してくれたと思う。
サージ・カヒリ・キングやヒューレン博士の著書とともに、情報がかたよらないように読んでみることをお勧めする。
ちなみに私はサージ派でもヒューレン派でもロング派でもない。
ただ、ハワイのシャーマニズムに興味があるというだけである。
英語の原文がそもそも時代とマッチしていない部分があるため、私の好みの文章ではないので星を4つとしたが、それは訳者のせいではないので、念のため・・・。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 多様な興味に対応できる貴重な書。著者は、
神道との関連に鋭い洞察を向けている。これは
最後の最後にあとがきで出てくるが、むしろ序文で
触れていただければ、読書欲倍増したように思う。

 123頁からは「我思う、ゆえに我あり」という哲学を
想起させられた。「マナ」と呼ばれる生命力を使って
初めて「思える」から、思考は「マナオ」と言う。
 つまり、生きているから考え、思いを巡らし、
だからこそ「存在」している。思っていることが、
すなわち「その人」なのだと聖書などにも示唆される。

 本来、生命力すべて有意義に生かし合う社会が望ましい。
が、呪術では本人の罪意識が生命力を奪うことに繋がり、ワラ
人形にも似た術が遠い島で実際にあるのだからルーツは一つでは
ないかと歴史の旅に誘われる。影体、幽体などシュタイナーの
アストラル、エーテル体と関連づけて紐解くのも面白い。
神秘を探究される方には、一読をおすすめしたい。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
引き寄せの法則 オーラ篇 オーラのパワーが思いを物質化していた
 長い間、宗教や科学は対立する立場にありましたが、いよいよ、心の時代が始まり、科学で証明できなかった分野に挑む研究者にもスポットライトが当てられ、日本でも理解者が増加する時が来ていると感じられます。
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
冒頭の訳者まえがきにて、ホ・オポノポノの現状を憂慮するようなことが書かれてあり「上級コースのホ・オポノポノ」を紹介しています。

しかし本編はホ・オポノポノとどこまで直接的な関係があるのかよくわからないハワイのシャーマン本です。
ホ・オポノポノを学びたい人にとっては、背景や用語の基盤を知るアカデミズム的な価値はあると思います。
しかしそれ以上のものはあまり期待しないほうがいいかと思います。
「100%の責任」「ゼロ」等のホ・オポノポノの骨子というべき概念が入っておらず、当然スタンスもアプローチも異なっていますから。
というよりホ・オポノポノの画期的さはまさにそのスタンスとアプローチにあったわけで、これをホ・オポノポノの本として出すには無理があると思います。

そしてこのさもホ・オポノポノの本であるかのようなタイトルと装丁。
サブタイトルで小さく名前を出す程度ならまだ許容範囲でしたが、露骨な便乗商売に興醒めしたのでこの評価です。
原本の内容に対してのものではありません。
ちなみにホ・オポノポノへの理解を深めるならヒューレン博士もよく名前を出す「ユーザーイリュージョン」を断然おすすめします。
2 コメント 54人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告