この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

ホンダオートバイレース史-浅間レースからマン島TTまで- (日本語) 単行本 – 2016/1/15

5つ星のうち3.8 6個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本 ¥2,640 ¥1,240
単行本, 2016/1/15
¥5,350 ¥4,700

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

町工場からスタートしたホンダが浅間レースに出場しそして世界の舞台であるマン島TTに参戦。レースで培った技術は、日夜洗練され世界のオートバイメーカーとの技術格差を驚異的なスピードで克服したのである。そして、1961年の西ドイツGPで高橋国光選手が日本人ライダーによる日本製マシンで初の優勝を飾った。同年のマン島TTでは、3度目の挑戦にしてついに125ccと250ccクラスで日本メーカー初となるクラス優勝を果たした。日本の二輪関係者への取材を続け浅間ミーティングクラブの初代理事を務めた著者が語るホンダのオートバイレース史。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

中沖/満
1932年(昭和7年)東京・麹町生まれ。番町小学校、麹町高等国民学校、旧制九段中学中退。1948年9月、わたびき自動車工業株式会社に入社。塗装職人として34年間勤めた後、1983年からフリーのライターとして活躍。1975年に「浅間ミーティング・クラブ」を有志とともに設立し、初代理事長を務める。1989年には長野原町に二輪車博物館として「浅間記念館」を開館するなど、32年間にわたりクラブの活動を支えた。2007年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 三樹書房 (2016/1/15)
  • 発売日 : 2016/1/15
  • 言語: : 日本語
  • 単行本 : 272ページ
  • ISBN-10 : 4895226514
  • ISBN-13 : 978-4895226516
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち3.8 6個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち3.8
星5つ中の3.8
6 件のグローバル評価
星5つ
12%
星4つ
54%
星3つ
34%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年10月14日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2020年7月23日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
2017年8月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年1月23日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年1月24日に日本でレビュー済み
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2016年1月27日に日本でレビュー済み
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告