通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどう... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 ココの家
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに使用感(ヨレ、スレ傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか 単行本(ソフトカバー) – 2015/6/24

5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,055

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ホワット・イフ?:野球のボールを光速で投げたらどうなるか
  • +
  • ホワット・イズ・ディス?:むずかしいことをシンプルに言ってみた
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 119pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

福岡伸一氏(生物学者・『生物と無生物のあいだ』著者)推薦
「どんなにバカげた疑問でも答えに接近する方法がある。
その接近の道筋に科学的思考のツボがある
――この本を楽しめる人こそ豊かな人だ」


・光速の90%の剛速球をバッターに投げたらどうなるか?
・人類総がかりでレーザーポインターで照らしたら月の色は変わる?
・お茶を必死にかき回したら沸騰させられるかな?
・どのくらい高い空から落とせば、その熱でステーキが焼けますか?
・元素周期表を現物の元素のキューブを積んで作ったら何が起こる?
・星の王子さまがいたような小惑星がじっさいにあったら、居心地はどう?
・人類全員がちょっとのあいだ互いに没交渉になれば、風邪が撲滅できるのでは?
・ヨーダのフォースパワーってどのくらいですか? ワットでいえば何ワット?
・深海底に穴をあけたら、海水が抜けるにつれて地図はどう変わる?
・Facebookユーザーのうち、死んだ人の数が生きてる人を追い越すのはいつ?

こうした突拍子もない思いつきも、理系思考をこらして検討すれば、そこからは驚くべき結論が導き出され、何よりその結論は笑える! 元NASAの研究者が物理と数学とマンガで読者の疑問に全力を挙げて答える、人気のマンガ科学解説サイトを書籍化したベスト&ロングセラー、待望の邦訳。

内容(「BOOK」データベースより)

人類総がかりでレーザーポインターで照らしたら月の光は変わる?お茶を必死にかき回したら沸騰させられるかな?どのくらい高い空から落とせば、その熱でステーキが焼けますか?元素周期表を現物の元素のキューブを積んで作ったら何が起こる?こうした突拍子もない思いつきも、理系思考をこらして検討すれば、そこからは驚くべき結論が導き出され、何よりその結論は笑える!元NASAの研究者が物理と数学とマンガで読者の疑問に全力を挙げて答える、人気のマンガ科学解説サイトを書籍化したベスト&ロングセラー、待望の邦訳。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 384ページ
  • 出版社: 早川書房 (2015/6/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4152095458
  • ISBN-13: 978-4152095459
  • 発売日: 2015/6/24
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 3.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 37件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 8,263位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー)
NYタイムズベストセラーに30週以上ランクインし、全世界で100万部突破、科学系の本としては異例の大ヒット飛ばした本の翻訳版。評判、期待通り、満足の内容だった。
 
著者自身が運営するWebサイトに投稿された、空想的な(ちょっとバカげた、あり得ないような)疑問を、著者が、科学や数学、時には行動心理学などを用いて、答えを導き出す本である。

私のお気に入りは以下の通り。
●野球のボールを光速で投げたらどうなるか(P16)
●魂の伴侶が世界にたった一人で、偶然によって決まる、どこにいるかもわからない世界(P35)
●地球上の全ての人間が一箇所に集まり、同時にジャンプをしたらどうなるか(P61)
●マグニチュード15の地震が起こったらどうなるか。マイナス15ならどうなるか(P369)
●ロンドンからニューヨークをつなぐ橋をレゴブロックで作るにはレゴは何個必要か(P284)
●ものすごく小さい惑星(ドラゴンボールの界王様のイメージ)があったら、住めるのか(P133)
●スパスタ兵の放った矢の多さに太陽が覆い隠されてしまう映画のワンシーンは再現できるのか(P257)
 
この本を知った時、私は昔読んだ「空想科学読本 柳田理科雄 (著) 」を思い出した。
...続きを読む ›
1 コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
本書の趣旨をタイトルから推測するのは多少難しいかもしれないが、副題にはそれらしいヒントが見える。このページの「商品の説明」には、「突拍子もない思いつきも、理系思考をこらして検討すれば、そこからは驚くべき結論が導き出され、何よりその結論は笑える……元NASAの研究者が物理と数学とマンガで読者の疑問に全力を挙げて答える、人気のマンガ科学解説サイトを書籍化したベスト&ロングセラー」とあるが、端的に言えば、著者のウェブサイトに投稿された「突拍子もない思いつき」の質問に対して、サイト運営者(主宰者)である著者が、ユニークなタッチのイラストと共に全力かつ科学的に解説しつつ(時に発展的に展開しつつ)、真摯に解答するというものである。語弊を承知で言えば、実生活や科学論として第3者から観るには殆ど“無意味”(?)な質問を、著者なりに意義付けしこれに本格的な科学的分析と解答への手法を示すことで、(読者の)知的欲求及び知識を高めること(別言すると科学的思考方法の啓蒙)を趣旨とするものと言えようか。

その第3者から観るには殆ど“無意味”(?)な質問の例が、前記「商品の説明」にある通りで、科学解析・解法がテーマなので当然に物理学、化学、生物学、数学等の論理・原理・法則などが頻出する。しかし面倒な計算や数式には深入りせず、比喩的で丁寧なテキスト解説とイラストが上手くマッチしており、私のよ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
Q.地球にいるすべての人間ができるだけくっつきあって同時にジャンプしたら?
A.人類はロードアイランド州に集められる。
正午の時報でジャンプ。
何も起こらない。
地球は全人類集めたよりも十兆倍重い。
数秒が経過する。全員があたりを見回す。
携帯電話を取り出すが一斉にダウン。
ロードアイランドのグリーン空港が通常の五百パーセントで動いても集まった人間の集団の一部が目に見えて縮小することはない。
ロードアイランドの五十万台の自動車が略奪される。史上最大の交通渋滞が起きる。
人々の大部分は歩いて州越え目指すが言葉は互いにわからず秩序は崩壊している。
取り締まる警官も渋滞のただ中にいる。
数週間のうちにロードアイランドは数十億人の死者で埋まる。
生き残った人間は世界中に散らばり古い文明が崩壊し新しい文明作ろうと苦闘するが人口は激減する。
それでも人類はひとつの知識を得る。全人類が一ヶ所で一度にジャンプしても何も起こらないことを。
そういう笑える豆知識が埋まりまくってます。爆笑必至。
1 コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
子供は、昔の子供(=大人)が考えつかない質問や思いつきをする。大人は面倒くさくて適当に答えるが、マンローは多くの質問にまじめに、科学的に、従って論理的に答えている。冗談も混じっているが、それも面白い。挿し絵も著者が作成。何度もニヤリとして、早速原著を購入した。
 中には変で怖い質問もあるが、それはバッサリか、回答なし。例えばライム病のダニを飲み込んだら(p.368)、には子供の歌「There Was an Old Woman Who Swallowed a Fly」をもじって答えて(はぐらかして)いる。
 私が好きな質問は、雨樋の小型タービンでどれくらい発電できるか。お茶をかきまぜて暖める、は時々思いついていた疑問。ジュールの仕事当量の測定から膨大な運動量と気づいてはいたが、約1馬力の数値を出されると納得。どれだけのニュートリを浴びたら死ぬかは、ニュートリノを光のように収束できないから、超新星爆発か水爆そのもので死ぬことになるのか。
 訳文はこなれており、訳者はアメリカの文化にも精通しているようだ。科学的思考方法を会得するために子供はもちろん、昔の子供にもお勧め。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック