通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ホワイトエレファント がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ■通常24時間以内に発送可能です。■午後4時までのご注文は通常当日出荷。■クリーニング済み。■中古品ではございますが、良好なコンディションです。■万が一品質に不備があった場合は返金対応。■防水梱包です。■決済は、クレジットカード、コンビニ決済・ATM・ネットバンキング・Edy払いがご利用可能です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホワイトエレファント 単行本 – 2011/4

5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,944
¥ 1,944 ¥ 1,000
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1960年代のアメリカに夢を追った日本人姉妹がいた。裕福な家庭に育ちながら生きづらく、ニューヨークで芸術家として成功し、父への貢献をめざす姉。ロサンジェルスの陽光の下で、こころの闇をさぐる妹。ふたりに訪れた明と暗。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

出光/真子
1940年、出光興産創業者・出光佐三の四女に生まれる。お茶の水女子大学付属小・中・高から早稲田大学第一文学部に進む。卒業後ニューヨークへ留学。抽象画家サム・フランシスと結婚。二児の母。妻であり母であることを超える創造表現への想いやみがたく、映像作家の道を歩む。自身の経験からフェミニズムをベースに、家庭における親と子、表現者として女性が生きる際の社会的摩擦などを問いつづける(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 302ページ
  • 出版社: 風雲舎 (2011/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4938939630
  • ISBN-13: 978-4938939632
  • 発売日: 2011/04
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.4 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 778,313位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
海賊とよばれた男 上を読んで感動したことをきっかけに、出光佐三さんに興味を持ちました。そして、そのお子さんはどんなに素晴らしい人だろう、と思い、出光真子さんの本を読むことになりました。

それだけに、この本のストーリーは衝撃でした。出光佐三さんは、日本にとって英雄ともいえる素晴らしい人物ですが、必ずしも素晴らしい父親であったわけではないのだな、と。

この本がノンフィクションではないのは承知していますが、女性である真子さんは抑圧され、窮屈に幼少期を過ごされたんだろうな、と思いました。家父長制家族の長である父は神であり、絶対服従な感じが現代の父親像と違いすぎて、驚きました。

『海賊と呼ばれた男』は良い本ですが、できすぎた感じもあったので、これで何か納得できた気がします。

物語は意外な展開が多く、引き込まれるように読め
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 agow 投稿日 2012/1/11
形式: 単行本
 人は、周りとの関係で生きている。時としてそれは目にみえない暴力ともなる。咲子と弘子の危ういアンビバレンツの刃先に、私たちも同様に立たされていると感じる。姉妹は、生き方は違うが、二人とも自分自身に対して『「ノー」と言えない』。ジェンダーに対して作者の問題意識が働いているとも取れるが、実は性差を超えた人の生き方を問うているのだと思う。「相手を思うことは自分を大切にすること、自分を大切にすることは相手を思うこと。」という相矛盾したことをやろうとすると軋轢は避けられない。それは個人の問題だけでは捉えきれない。彼女たちが、夫や恋人、家族との関係の中で、自分自身と葛藤することでデリケートなところから自分が変化しつつ、周囲を巻き込でいく様子は、一個人としての自立の意味を考えさせてくれる。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 Yumi 投稿日 2011/6/2
形式: 単行本
最初は自伝か私小説と思って読み始めました。実業家の家庭に育ち、4人姉妹の末子、
渡米して米国人の画家と結婚、離婚・・・確かにこれは作者のこれまでの歴史なのでしょうが、読んでいく内に細部にフィクションが盛り込まれていて、その面白さに引き込まれてしまいました。どこまでが現実で、どこからがフィクションなのか、読者には分りませんが、そのあいまいとしたところがこの本の魅力の一つだろうと思います。

自己主張のできなかった主人公が様々な経験を経て、精神的に成長して行く過程が見事に描かれていて、人間はいくつになってもこのように前向きに変わっていくことが出来るのだと納得させられました。特に息子を連れて約20年ぶりに実家を訪れ、これまで恐れる対象でしかなかった父親と心を通わせるシーンが感動的でした。姉との関係も一歩前進し、主人公のこれからの人生が明るい方向に向かいつつあることを予想させる結末でした。
表紙カバーの絵がやさしく、主人公の心象風景を描いているようで、すてきです。

主人公がこれからどのような人生をたどっていくことになるのか?
是非、続編を読みたいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
強権の夫とその妻、家庭での父母の役割、四人姉妹の間に横たわる確執、
そして姉妹と姉妹を取り巻く男たちを通して、社会における女の扱われ方が
見えてくる。
性差と偏見の中で四人の姉妹はどのように成長していったか。
末娘はアメリカでの経験を経て、年上の姉の態度を分析し
「なかよくしようよ」といえる大人に脱皮する。
賢い女とは、自立した女とは、大人の女とは…。
ボーヴォワールの「第二の性」とともに女性が読んでおくべき小説。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
近くにあって時に残酷なまでに遠い存在になる家族や友人。大切な人だからコミュニケーションのもつれはそのままにしたくない。1960年代アメリカに渡った大胆かつ繊細な二人の日本人姉妹を通して今を生きる女性たちに問いかける自分の在り方。その一歩を踏み出せない,あの一言を言えなくて後悔した経験をもつ全ての読者の共感を得るであろう小説。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
作品「ホワイトエレファント」、緊張感が途切れる事なく読了することができました。幾筋も流れる時層が、抑制の利いた語り口を通してカットバックされ立体的に仕上がって行くスタイルは、なかなか心地よいです。話の展開が予想を超える事はなかったが、だれないで一気に読むことができたのは何故?と考えたら、爆発することのできない主人公の、実は譲れない核に触れる事ができたから。
「ホワイトエレファント」の魅力は、根源的な所で生きる事の意味を探り、感謝の意志が通底しているところでしょうか。おすすめします。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー