この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホロコースト産業―同胞の苦しみを「売り物」にするユダヤ人エリートたち 単行本 – 2004/12

5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 4,935
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

両親がワルシャワ・ゲットーとナチ強制収容所からの生還者である著者が、歴史の真実と記憶を汚し、いまや米国ユダヤ人エリートのためのイデオロギー兵器、政治的・経済的資産と化した「ホロコースト産業」の知られざる実態と背景を暴く、国際的大反響を呼んだ衝撃の書。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

フィンケルスタイン,ノーマン・G.
ブルックリン(ニューヨーク)出身のユダヤ系アメリカ人。両親ともにナチ強制収容所からの生還者。現在、デポール大学(シカゴ)政治学助教授

立木/勝
京都市出身。英語教諭、英会話学校職員を経て翻訳家(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 326ページ
  • 出版社: 三交社 (2004/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4879191582
  • ISBN-13: 978-4879191588
  • 発売日: 2004/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 516,784位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
 ホロコースト生還者の代表を僭称するホロコースト産業が、

米国の力(米紙『ニューヨーク・タイムズ』による大宣伝)を背景にヨーロッパに対して、

ホロコースト生還者が第二次大戦前に持っていた財産を返還するよう求めた顛末の書である。

 飢餓に苦しむ北朝鮮国民同様、困窮下のホロコースト生還者に、行き届いた補償がなされることはない。

著者は、この旨を「二重のゆすり」と表現している。ホロコースト産業は、ホロコースト生還者を再定義することで、

被害者数を上方修正する訳だが、その目的は、ホロコースト生還者の救済にはない。

というのも、ヨーロッパ諸国に対しては、補償金の上乗せを求める(加害者へのゆすり)一方、

ホロコースト生還者に対しては、被害者数の増加を理由に還付金を切り下げる(被害者へのゆすり)からである。

ヨーロッパ諸国から獲得した補償金とホロコースト生還者への還付金の差額を着服すること・・・

福祉ではなく金儲けが、ホロコースト産業の目的である。

 ところで、ホロコースト産業の訴え(休眠口座隠匿)に関しては、ヨーロッパ同様、イスラエル、米国も全く同罪である。
...続きを読む ›
コメント 116人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
当初エリートユダヤ人はナチスによるホロコーストは
人類史上比べるものがない、類を見ない大虐殺で、
その行為(ホロコースト)は洗練され、
ユダヤ人絶滅に向けベルトコンベアー式に完璧に行われ、
その結果途方もない数の犠牲者が出たと主張していた。

しかし、スイス銀行のユダヤ人の休眠口座というゆすりのネタを
発見すると、一変してエリートユダヤ人は休眠口座の
所有者であるユダヤ人ホロコースト生還者の数の水増しをはじめる。
水増しの数がどんどん膨れ上がる様を見た著者は

「これほどホロコースト生還者が多かったのなら、ナチスの
ユダヤ人絶滅計画は杜撰なものであったと認めざるを得ない」

と皮肉ってます。
さらに、エリートユダヤ人はスイスの銀行だけでなく
スイス以外の国でユダヤ人が所有していた土地等の固定資産をネタに
ポーランドなど貧しい暮らしをしている人達に対しても容赦なく
ゆすりを始める。
そうしたエリートユダヤ人達を見て、ヨーロッパの人達は

「ユダヤ人のあいつら今度は死んだ仲間で商売はじめてる」

と言ったそうです。
この本を読めば、なぜユダヤ人のホロ
...続きを読む ›
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 千紫万紅 トップ1000レビュアー 投稿日 2014/7/13
形式: 単行本 Amazonで購入
硬い感じの文章と注釈の多さからすっと頭には入ってこない。
最低限、第一次中東戦争から現在に至るまでの歴史の歩みをおさえておかないと苦しい。
人名も多用されるので、メモを取りながら読むのがおすすめである。
初めは流し読み、二度目は精読で、何とか全体の趣旨は把握できたと思う。
ユダヤ史を知っている人だと、より楽しめる内容かもしれないが、
私のようなユダヤの歴史に疎い者にとっても、
ホロコーストを知る入口の書としては、格好のテキストである。

世界史上、ホロコーストに位置付けられる虐殺は多々あるが、ナチ・ホロコーストのみが、
ザ・ホロコーストとして、全ての大虐殺の中において特別な地位を占める。
その知名度はもとより、悲惨さ、規模の大きさ、罪の深さにおいて史上最大だという。

しかし、その位置づけは、アメリカの世界戦略の観点から読み解くと、別の様相を見せると筆者は指摘する。
端的に言えば、ナチホロコーストは、戦略上の有効性から発見され、喧伝されてきたというのである。
確かに。規模の大きさから言えば、アフリカ奴隷、インディオ、インディアンの大虐殺は引けを取らないはずだが、
ナチホロコーストほど、加害者(特にアメリカ)が批判にさらされることはない
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック