中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ホルモー六景 単行本 – 2007/11

5つ星のうち 4.4 82件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 596 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

あのベストセラーが恋愛度200%アップして帰ってきた!…千年の都京都を席巻する謎の競技ホルモー、それに関わる少年少女たちの、オモシロせつない恋模様を描いた奇想青春小説! --このテキストは、文庫版に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

このごろ都にはやるもの、恋文、凡ちゃん、二人静。四神見える学舎の、威信を賭けます若人ら、負けて雄叫びなるものかと、今日も京にて狂になり、励むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。このごろ都にはやるもの。元カレ、合コン、古長持。祗園祭の宵山に、浴衣で駆けます若人ら、オニと戯れ空騒ぎ、友と戯れ阿呆踊り。四神見える王城の地に、今宵も干戈の響きあり。挑むは御存知、是れ「ホルモー」。負けたら御存知、其れ「ホルモー」。古今東西入り乱れ、神出鬼没の法螺試合、若者たちは恋謳い、魑魅魍魎は天翔る。京都の街に咲き誇る、百花繚乱恋模様。都大路に鳴り渡る、伝説復古の大号令。変幻自在の第二幕、その名も堂々「ホルモー六景」、ここに推参。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 291ページ
  • 出版社: 角川書店 (2007/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4048738143
  • ISBN-13: 978-4048738149
  • 発売日: 2007/11
  • 梱包サイズ: 18.6 x 13.2 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 82件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 432,105位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
ホルモーの続編的な作品群で、本編同様楽しく読めます。
ホルモーを直接行わない作品が多いですが、面白かったです。
個人的には、ホルモー戦の詳細を描くような作品が有っても良かったように思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
京都人なので、わかる、ある、ある、あの店とか・・・
これが、万城目氏作品で一番好きです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
鴨川ホルモーの続編です。この作品だけを読んでも面白いかもしれませんが、是非『鴨川ホルモー』を読んでから読まれることをオススメします。

・最強と言われていた京産大玄武組がなぜ、9人しかいない京大青龍会に敗れてしまったのか??

・おとなしそうな凡ちゃんこと楠木ふみがなぜ安部に告白したのか??

・突然振られた芦屋の元カノはどんな気持ちでいるのか??

・ホルモーの卒業生たちはどうなっているのか??

・高村と立命館白虎隊の会長(隊長?)とどのようにして付き合うようになったのか??

原作を読んでいてもっと詳しく知りたくなったこれらのことが6つの短編で語られており、ホルモーの世界観にどっぷりとつかることが出来、またこのホルモーの世界をもっと知りたいと思うようになると思います!

個人的には芦屋の元カノの話の続編を期待します!!
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
鴨川ホルモーのファンにとってはたまらないサブストーリーでした。 また鴨川ホルモーとの時系列がリンクしてて、とても面白かった。 男の自分には、もっちゃんとローマの休日がたまらなく好き。 もっちゃんの必死に気持ちを伝えようとする気持ち。 京都市内を映画ローマの休日さながらに2人で駆け抜け、その一瞬を楽しむ様子がたまりません。 作品を通して10年前の自分を思い出しました。まだ大学生の自分、好きな人と京都デート。 京都に縁のある方はタイムスリップ出来ると思いますよ♪
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/9/17
形式: 文庫
 2007年に出た単行本の文庫化。
 『鴨川ホルモー』の続編。順番に読んだほうがいいだろう。
 6本の短編が収められている。『鴨川ホルモー』ではあまり描かれなかった他大学の話、前日談、後日談、サイド・ストーリーなどなどである。
 いずれもストーリーにオチや仕掛けがあり、楽しく読むことができた。特に前日談におもしろいものが多い。京都という土地の歴史が上手く使われている。
 今後のシリーズ展開を予感させるようなものもあり、どうなっていくのか楽しみだ。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
『鴨川ホルモー』 のサイドストーリー。人間関係がより立体的に語られていく。青春ドラマとしても楽しく、『鴨川ホルモー』と一緒に読むとなおよい。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「鴨川ホルモー」の続編というよりはサイドストーリーのような位置づけの作品です。
「鴨川ホルモー」からのおなじみの登場人物もいれば、そうでない人もいます。
ホルモーそのものは描かれてないのに、背景にはホルモーがあります。

とにかく「鴨川ホルモー」との絡ませ方がうまくって、伏線を見つけるたびにいちいち感動(^_^)
不覚にも胸キュンしたり、ジーンとしたり・・・。
「鴨川ホルモー」だけでなく「鹿男あおによし」とまでリンクさせてあってファンサービスも満点☆

「丸の内サミット」のシュールな結末に笑い(その後が知りたい!)、
「長持の恋」は切なく、あのチョンマゲ高村の恋の予感に自分のことのように喜び、
歴史的名作をモチーフにした「もっちゃん」は意外な人違いならぬ「阿倍くん違い」のうまさに唸ってしまい、本当に楽しい作品でした。
「ホルモオオオオオォォォーッ」と心から叫んでしまうほど楽しめる作品です。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
万城目学や森見登美彦を読むと京都に住みたくなる。できれば、大学生になって京都の町を闊歩したくなる。ホルモーなる不思議なお話も京都ならではと思っていたが、なんと東京にも実は・・・、とホルモーファンが思わずにやけてくるお話がてんこ盛りの短編集。最後の「長持の恋」はSFの定番だが、思わずほろりとさせられる。この二人からは当分目がはなせない。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者の前々作『鴨川ホルモー』のスピンオフ作品集。

前作でちょくちょく触れられてはいたものの、話の本筋と離れていたので触れ
られることが無かった、「凡ちゃん」のアルバイト先であるイタリアン・レストラン
での出来事や、今は無き「同志社大学黄竜陣」の面影に触れ、少しだけ「ホルモー」
に近付いた芦屋の元彼女と、屈強な身体つきに似合わず元彼女と現彼女である
早良京子との間で優柔不断に揺れる自分勝手な芦屋。丸の内で合コンという形で
邂逅したかつての「オニ」の使い手の話。男に縁の無かった京都産業大学玄武組の
女子学生二人のホルモーでの決闘。教習所に通い始めた高村と、バイト先の料理
旅館にある長持を介して400年の時を越えて「手紙」を交わす立命館大学白虎隊
新会長の女子学生細川(通称:おたま)についてといった、時間軸としては居酒屋
「べろべろばあ」の主人の若き日の出来事の話を除けばストーリーは
『鴨川ホルモー』本編とほぼ同じ時間軸で流れる、『一方その頃…』的な話で
あるので、強く前作を読まれることをお勧めする。先に『鴨川ホルモー』を
読んでいなければ何の話か分からなくなってしまうかと思われますので。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー