この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ホルスト:組曲「惑星」

5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の カラヤン(ヘルベルト・フォン),ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 ストア


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団
  • 指揮: カラヤン(ヘルベルト・フォン)
  • 作曲: ホルスト
  • CD (2007/9/5)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B000STC5I8
  • EAN: 4988005481849
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 198,378位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 組曲≪惑星≫ 作品32 第1曲:火星-戦争をもたらすもの
  2. 組曲≪惑星≫ 作品32 第2曲:金星-平和をもたらすもの
  3. 組曲≪惑星≫ 作品32 第3曲:水星-翼のある使者
  4. 組曲≪惑星≫ 作品32 第4曲:木星-快楽をもたらすもの
  5. 組曲≪惑星≫ 作品32 第5曲:土星-老年をもたらすもの
  6. 組曲≪惑星≫ 作品32 第6曲:天王星-魔術師
  7. 組曲≪惑星≫ 作品32 第7曲:海王星-神秘をもたらすもの

商品の説明

メディア掲載レビュー

太陽系7つの星をギリシャ系神話の神々に見立てて、大宇宙への果てしない夢とロマンを描いたホルストの《惑星》。このデジタル録音で力強い荘厳な響きや色彩感溢れる輝かしいサウンドによる窮めてダイナミックな演奏を万全といえるまでに再現した1982年録音盤。 (C)RS


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.1

トップカスタマーレビュー

形式: CD Amazonで購入
カラヤンの一般的な評価と私の受ける感じが同じで、演奏解釈がドライすぎて音楽的深みが薄い印象になってしまうが、この「惑星」に関してはそのスマートさと無機的な感じが宇宙空間の広がりに通じるような神秘的な感じに表現されていて作品イメージと合っていると思う。
もちろんカラヤンなので演奏そのものと録音レベルは非常に高い。
昔LPレコードで新譜発売の頃、2800円で購入しても手持ちのステレオ装置ではなかなか原音再生にたどり着けなかったが、CDとオーディオ機器が進歩し、今あらためてすばらしい音楽と演奏に浸れるのはうれしいことである。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 投稿日 2007/10/29
形式: CD
ベルリンフィルの豊麗な響きでド派手な「惑星」
イギリス系の温和な演奏とは一線を画する演奏。
オーケストラの醍醐味を味わいたいならこの演奏がお勧め。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
CDでの発売を目論見、デジタル録音したカラヤンの「惑星」だが、ザビーネ・マイヤー(Sabine Meyer)事件や台湾事件でベルリン・フィルとの関係が悪化したせいか、61年のデッカ録音と比べて、演奏自体に緊張感や迫力はみられない。旧録音と比較していいところはデジタル録音のために、音がクリアな点のみだと思うが……。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
この曲については、以前から同じカラヤン指揮のウィーン・フィルのものをLPで持っており、時折聴いたりしてきた。今回はカラヤン指揮でベルリン・フィルの演奏をCDで聴いたが、いずれも大変素晴らしく、この手の演奏はカラヤンのお得意のようである。もっとも、ベルリン・フィルの方がウィーン・フィルに比べて全体的に演奏が派手であり、特に第1曲の「火星」や第4曲の「木星」などについてそのような感じを受けた。これはオーケストラの違いによるのか、録音技術の違いによるのか分からないが、同じ指揮者によるヨーロッパの二大オーケストラの演奏の違いを聴き比べてみるのも面白い。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
カラヤンはモノラルからステレオ,アナログからデジタル,DVDなどの映像メディアの出現といった,技術の変革に常に敏感でした。自分の演奏を少しでもいい形で残そうとしたかのように,新しいメディアが現れると得意のレパートリーを再収録しました。そしてその多くにおいて成功を収め,クラシック界の帝王といわれる地位を守っていたと思います。
しかし,80年代に入ってデジタル録音の時代になったころから,帝王カラヤンにも老いが見られ,手兵ベルリンフィルとの不仲説も伝えられ,帝王のカリスマに翳りが見られました。
2度目の録音となるこの「惑星」もそのころのもので,残念ながら技術的にはまったく緊張感のないものとなっています。第一曲目「火星」の冒頭からトロンボーンのハーモニーが濁り,トランペットやスネアドラムが拍を間違えるなど,なぜ録り直しをしなかったのでしょうか?カラヤン&ベルリン・フィルともあろうものが,まったく残念な録音です。また,アメリカなどのオケと比較すると,ベルリンをはじめとするヨーロッパのオケは,もともとアインザッツや音程などもあいまいな部分がありますが,この録音は全体的にざわざわした雰囲気があります。評論家のコメントに流されるのではなく,客観的に聴いてみると,もっといい演奏がたくさんあるということを再認識させられる1枚です。
コメント 27人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック