¥1,320
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
ホモ・ルーデンス (中公文庫プレミアム) がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

著者をフォロー

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


ホモ・ルーデンス (中公文庫プレミアム) (日本語) 文庫 – 2019/1/22

5つ星のうち4.6 11個の評価

その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
文庫
¥1,320
¥1,320 ¥2,159

購入を強化する

click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • ホモ・ルーデンス (中公文庫プレミアム)
  • +
  • 遊びと人間 (講談社学術文庫)
  • +
  • プレイ・マターズ 遊び心の哲学 (Playful Thinking)
総額: ¥5,016
ポイントの合計: 50pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「人間は遊ぶ存在である」。人間のもろもろのはたらき、生活行為の本質、人間存在の根源的な様態は何かとの問いに、二十世紀最大の文化史家が確信した結論がここにある。文化人類学と歴史学を綻合する雄大な構想で論証し、遊びの退廃の危機に立つ現代に冷徹な診断を下す記念碑的名著。

著者について

ホイジンガ
一八七二年、オランダに生まれる。一九〇五年、フローニンゲン大学教授。一九一五年、ライデン大学外国史・歴史地理学教授。古代インド学で学位を得たが、のちにヨーロッパ中世史に転じ、一九一九年に『中世の秋』を発表し、大きな反響を呼ぶ。ライデン大学学長をも務める。主な著書に『エラスムス』『朝の影のなかに』『ホモ・ルーデンス』など。一九四五年、死去。

高橋英夫
昭和五年(一九三〇)、東京に生まれる。東京大学独文科卒業。文芸評論家。『批評の精神』(中公叢書、一九七〇年)で亀井勝一郎賞、ケレーニイ『神話と古代宗教』(新潮社、一九七二年)日本翻訳文化賞を受賞。主な著訳書はほかに『役割としての神』『神話の森の中で』『小林秀雄 歩行と思索』、ケレーニイ『ギリシアの神話』上下、シュタイガー『詩学の根本概念』などがある。

登録情報

  • 出版社 : 中央公論新社; 改版 (2019/1/22)
  • 発売日 : 2019/1/22
  • 言語 : 日本語
  • 文庫 : 531ページ
  • ISBN-10 : 4122066859
  • ISBN-13 : 978-4122066854
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.6 11個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.6
星5つ中の4.6
11 件のグローバル評価
星5つ
75%
星4つ
13%
星3つ
13%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

上位レビュー、対象国: 日本

ベスト500レビュアー
2019年1月28日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
14人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2020年1月7日に日本でレビュー済み
カスタマー画像
5つ星のうち5.0 シラー・ホイジンガの“遊美学”(形象化) VS カイヨワの遊びの拡大理論 (非現実化)
ユーザー名: 遊び人、日付: 2020年1月7日
18世紀のシラーは 文化や美が 遊び(遊戯衝動) であるとした。
140年後のホイジンガは 文化より根源的な、動物の時代からある劇的な秩序づけが 美的因子や遊び であるとした。

遊びは、文化・文明よりも古く、動物の時代から行われ、想像力で現実を形象化する
ことにより、一時的に非日常的で美的な意味合いを生活に添える行為。
その事実を 古今東西の文化を紐解くことで実証した名著。

特にスポイルスポート(遊び破り)やピュエリリズム(文化的小児病)といった概念を用い、遊びの中にあることを忘れ、堕落した現代諸文化の道徳的退廃に警鐘を鳴らす、衝撃的な啓蒙書になっている。

20年後、本書を批判的に継承したロジェ・カイヨワは、遊びは特定の性質ではなく、4つの全く違った別の性質を、名目上だけ1つの名前「遊び」と呼んでいるだけだとし、4類型 「競争」「運」「模擬」「目眩」を提示した(1958年『遊びと人間』)。

カイヨワの理論が正しいとすれば、文化創造機能を持たぬ単なる気晴らしや思いつきや暇つぶしまでもが遊びに含まれてしまうし、反対に、のっぴきならぬ真面目な行為も「これは遊びだ」と強弁することができる。

心乱れる「目眩」など、遊戯というより、本当にタダの気晴らしなのではないか? ブランコに乗るという行為に精神性は無い。それゆえ文化に発展しない(空中ブランコは遊び破り。芸人は昔は「河原乞食」と呼ばれて軽蔑される存在だったが、今では庶民より偉い存在になってしまっている)。

ホイジンガの「美的な非日常化」と カイヨワの「イレアリゼ(非現実化)」 には違いがある。
 本書 :シラーの美や遊戯を、文化より上位に昇格させた理想的な遊び。
カイヨワ:文化より下位の、さらに言えば現実より下位でもいいから、すべての非現実化を遊びの範疇に含めた、彼の用語で言う「遊びの拡大理論」。

本書の方が正しいとすると、遊びという一つの性質がある事になる。4つに区分できる多様な気晴らし方法の総称ではなく、文化へと至る一本の道。文明を生む根源的衝動。140年前の先駆者シラーはそれを「遊戯衝動」と説いた(1795年『人間の美的教育について』。形象化という意味ではホイジンガと同様の遊び論)。

しかし現実的には、野蛮な遊び破りや、遊びを僭称する真面目を批判するのは難しい。遊びか否かを判断する道徳心には、正義と寛容という二面性があるので、結局、遊びか真面目かの判断を下せないという 悩ましい問題を提起し、本書は終わっている。

「それゆえに、チートや遊び破りは文明そのものを破壊してしまう」ヨハン・ホイジンガ

政治と違い、文化は退廃しても人が死ぬようなことはないので、「寛容に」許されることがほとんど。それが次第に政治や経済や共同体の在り方等に悪い影響を与えていっても、人々は気づきにくい。

「模擬と目眩が人間にとっての永遠の誘惑であるなら、これらを集団生活から排除し、子供の楽しみや異状の振る舞いとしてだけ許しておくということは、容易にできることではあるまい」ロジェ・カイヨワ

カイヨワはホイジンガを批判しながらも、モラルの大切さは力説する。しかし、現実との妥協を一切図らず モラルの再興を主張した『ホモ・ルーデンス』の方が、長い目で見れば、文化・文明へ、我らホモ・サピエンス(理性の人)の存続・進化へ、果たす役割は大きいだろう。ホモ・デウス(神性の人)はフェアプレイしかしないはず。

最後に言っておきたいのは、貴族的とも言える崇高なホイジンガの遊び論を説明すると、インテリ勢は必ず「それはナチスを批判する目的で書いたに違いない!」と必死で反論し、本書(ナチスへの言及は一切無し)の本筋とは離れた事で肝心の「遊び=イメージ化」という核の部分に焦点が当たらないようにし、あまつさえ本書は文化相対主義だとウソのレビューまで書く始末。

本書について「それはナチスがぁ~」と必死で言ってくる人がいたら、その人は間違いなく本書やホイジンガの学説をスポイルしようとしているスポイル・スポート(遊び破り)のインテリ(左翼)です。

ホイジンガの過激な批判が、「真面目」にではなく、ナチスやヒトラーに向けられたものだとゴマかすなら、
次の批判も彼らに向けられたものなのでしょうか?

「物を創る仕事、勤勉な手仕事、職業といった性格が、造形芸術に対して遊びの因子が働くのを阻止している」
「物を製作する人間の課題は真面目なもの、責任重大なものである。すなわち、
遊びめいたものは、一切それとは無縁なのである」
「手仕事に属するものと見なされる造型芸術には、ミューズの女神は割り当てられないのだ」
「このように、造形芸術の創作の経路は、まったく遊びの領域の外をたどっている」

文化史家ホイジンガが本当に伝えたかった事を、
リベラルや解放主義者の都合で歪曲しないでほしい。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
9人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告