Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 360

¥ 320の割引 (47%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[つばな]のホブゴブリン  魔女とふたり (バーズコミックス)
Kindle App Ad

ホブゴブリン 魔女とふたり (バーズコミックス) Kindle版

5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 360
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 680 ¥ 80

紙の本の長さ: 192ページ

【期間限定無料】Kindleコミック
いつでもコミックが無料で読める!常時多数の無料コミックを配信中。 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ

【女性向けコミックストア】: 女性のためのコミックストア。期間限定無料タイトルからセール情報まで、お得な情報多数! 今すぐチェック


商品の説明

内容紹介

ポーリーンは森に住む暖炉の妖精。いつも怒鳴り散らしてばかりいる、大喰いの老魔女・バーバと二人暮らし。そんなある日、王女にかけられた「呪い」の謎を探るため王国から調査団がやって来て………!? “不可思議”の名手・つばなが贈るキュート&ストレンジ・ワールド!!!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 70973 KB
  • 出版社: 幻冬舎コミックス; 1版 (2015/12/24)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B019WQUHC8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 M77 投稿日 2017/7/9
形式: コミック Amazonで購入
好きだわコレ。大食らいの魔女バーバ・ヤーガの世話をする少女ポーリーンのお話。
最初は不思議な森の話がとりとめなく続くのかと思ったら、段々と謎が深まって、意外にしっかりとしたストーリーが語られます。ハッとするような魅力的な絵も沢山あります。
王女の本能と信念が続けて描かれるのも良かった。
オススメ。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
twitterでポイント還元されてる情報を見て買いましたが、期待以上に良かったです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
読み始めの1話、2話ぐらいでは、「ファンタジーものにしては淡白な話しが多いな~・・・」とか思って読んでいたのですが、回を進める毎に、物語は意外な展開を見せ始め、徐々に『ホブゴブリン』という1つの作品の濃厚な魅力の虜になってしまいました。
ファンタジーものではありますが、超絶な剣や魔法を扱ったものであったり、物語に毒の無いディズニー的なタイプではなく、グリム童話的要素がたっぷり詰まった作品です。その為、可愛い絵柄の中に、どこか不条理で、ちょっぴりダークなテイストが、まぜこぜになって仕上がっています。

作者のあとがきを読むと、2011年から2015年の11月までの4年間不定期掲載されていたものなので、一冊にまとまるまで時間がかかったとの事ですが、私的には、この4年間という時間をかけたからこそ、人を惹き付ける作品に仕上がったのではないかと思っています。
やはり、時間をかけて、じっくりゆっくり醸造された作品と言うのは、インスタント的に作られる作品群に比べると、味わい深く感じられます(あくまで私の主観ですが)。
オマケとして、『Subsequent story』の中に、本編後の物語がイラストで4ページほど掲載されています。
中々に読者の期待を膨らませるイラストでしたが、続編の予定があるのならば、是非とも読んでみたい所です。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
先にざっくり内容を言うと、不思議な森に住むホブゴブリン(とある種の妖精)のポーリーンと魔女が主な主人公の話。

始めの方は割と読んでいて魔女にイラっとしたりポーリーンが報われないなといった印象あり。
その他の登場人物(人?)も話かなり独特で、慣れてない人はえ、何これ?って思ったり、童話好きはなかなか癖があるなと思ったり、つばな作品(もとい七女)を知っている人は、その脈絡のない支離滅裂な展開にむしろ安心したりといった印象ではないでしょうか。
だんだん雰囲気も暗くなりポーリーンが食べられたりあまつさえ焼かれたりなどとちょっと不穏な表現が増えていきます。もちろん意味はあるのですが。

後半になるとストーリーに動きが見え始め、流れだします。「ホブゴブリン」の存在やただの偏屈なネタだと思っていた序盤の登場キャラも少しずつ伏線として展開に繋がっていき、単発モノのような前半のほぼ全てがこのための予備知識として存在していると感じることが出来るようになります。
最後は大団円とは言わないまでも(つばな流のノリと哲学的要素も合わせつつの)いいラストでした。

1巻完結なので、良くも悪くも異様ですがぜひ手に取って頭から最後まで読み切ってみてください。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
第七女子会彷徨から「つばな作品」を読んでいますが、ホブゴブリンも第七女子系のファンタジーだと思って読んでいたら、いい意味でダマされました。ポーリーンとイモージェンが活躍する続編があるといいなぁ、と思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
つばなさんの過去作品を好きで読んでたので早速購入。
表紙からも分かるように完全にファンタジーですが独特の言い回し、ボケツッコミは健在でしっかりとツボを突かれてしまいました。
かなり時間をかけた作品だそうですが絵柄の変化も全然気になりませんでしたし、むしろ丁寧に作られて奇麗にまとまった一冊だったと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover