通常配送無料 詳細
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年の歴史 単行本(ソフトカバー) – 2014/9/26

5つ星のうち 4.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1,225
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ホビーパソコン興亡史 国産パソコンシェア争奪30年の歴史
  • +
  • 懐かしのホビーパソコン ガイドブック (OAK MOOK)
  • +
  • 家庭用ゲーム機コンプリート ガイド
総額: ¥4,212
ポイントの合計: 127pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

国産独自のパソコン規格が生まれてから終焉を迎えるまでをメーカーの戦略視点で俯瞰して読み解く、現代の歴史絵巻!!栄枯盛衰の歴史を読むシリーズ第2弾!!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

前田/尋之
1972年愛媛県松山市生まれ。1990年徳間書店インターメディアにてパソコンゲーム誌の編集に携わったことがきっかけで多数の出版物の編集・執筆に関わる。その後、1996年にコナミに入社。以後同社退職後も家庭用ゲームソフトをはじめパソコンゲームの開発へと活躍の場を広げている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 255ページ
  • 出版社: オークラ出版 (2014/9/26)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4775523287
  • ISBN-13: 978-4775523285
  • 発売日: 2014/9/26
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 56,116位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
最初に書いておきますが、「懐かしんで読む」ことが中心になるかと思います。
当時を全く知らない人には面白くなかったり、意味のわからない記述もあるかも。
帯にあるように「思い出の」話であり、当時を知らない人が、当時を知る手がかりとして読むような「歴史書」ではありません。

また、著者自身が前書きに書いてあるように、記述は正確ではなく、ある程度知識がある人が見れば、すぐに「ちょっとおかしい」と思う記述を見つけると思います。
これもまた、技術書ではなく「思い出話」なのだと思えば些細な事。

これらの点を差し引いても、十分に5つ星です。
この時代の、特に「全然売れずに消えていった」コンピューターを網羅的に紹介するような本は、それほど多くありません。
特に、シリーズ機種などは樹形図で改良の様子を示すなど、非常に工夫されています。

著者の方は、あとがきに「紹介した各機種をさらに掘り下げるような本を書きたい」と書いています。このことに期待。
…もっとも、本当に単一機種の本が出たら、買う人は限られるかもしれません。

その点では「掘り下げなかった」からこそ、この本はバランスが取れているように思います。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー) Amazonで購入
新たな情報、裏と呼ばれるような情報、そういったものだけを求めるのであれば 自身でもその気になれば、仕事の合間の休日に丹念に足でも使えばそれなりに集まるものです  本の題名にある通り、30年 そして項目として独立して記事が書かれた機種だけでも20機種以上、系譜などに名を連ねた機種を合わせれば50機種以上 数ある趣味と呼ばれるもののうちでまだまだコンピュータやコンピュータゲームの歴史は短いとはいえ、たった255ページという一冊の本の中でそれら時間の流れと情報量をどのようにまとめるか こういった本の本当の価値は、取材・情報などから筆者の方が何を読み取り、まとめ、そして読者に何を伝え、共有しようとなされておられるかにあると思います この本は、たとえ多くの人にとって既知の情報であったとしても それら点である情報を繋ぎ合わせ線を紡ぎ筆者の方の視点からのホビーパソコンの歴史という形をもって、時の流れの中に何もかもが埋もれてしまう前に少しでも多くの人々にそれを伝えようとなされておられるという点において、たしかな手応えをもった一冊です 記事ひとつひとつに関して書かせて頂ければ、非常に難しかったのではなかったかと思われるそれぞれの機種でまとめられた系譜などから、筆者の方のホビーパソコンへの愛情を感じます 自分は特にPC-9801DAやRA以降やFM-TOWNSの系譜に深く感動致しました またRX-78...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 徳間書店インターメディア → コナミ という職歴の著者が「家庭用ゲーム機興亡史」に続いて
出してきたのは国産ポビーパソコンの歴史。一般にまだマイコンと呼ばれていた黎明期から
Windowsの普及でDOS/V規格に飲み込まれるまで、20余年の歩み。
特に若い世代などにも広く知って欲しいということから専門技術的な話はなるべく避けている
ので、内容としては広く浅くといったところ。それこそWikiに載ってるじゃんと言われそうですが
コンパクトに一冊にまとまっている点は良いと思います。
白黒ながら写真も入っている他、各PCの系譜図なども面白い、というか懐かしい。
特にPC-9801系は個人的にVM以降 9821Xa20までNECにずいぶん献金したので思い入れが
半端ないです。その前は6001mkII でテープからゲーム読み込んだりしていましたが。
というわけで懐かし補正で星多めにしてますので、古参ユーザーの方は多くを期待しませんように。
あと「家庭用ゲーム機」で他のレビュアーの方が指摘されていましたが、機種名など横文字表記
が多いので確かに縦書きはやや読みにくいかも。
 概要として、以下に目次を転載します。

1/パーソナルコンピューターの先駆け? T
...続きを読む ›
コメント 39人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
ここに書かれている程度の内容は当時の8/16ビットユーザーの大半は
知識として入っている内容でしょう。
本来ならば、8ビットパソコンの新製品が終焉する1990年前後に
電波新聞社から「ALL ABOUT 8ビットパソコン」として
発売された国産・海外の8ビットパソコンのそれぞれについて詳しく
月刊アスキーのLOAD TESTやポプコムの話題の機種研究レポートくらいの内容で
仕様概略,端子配置,搭載BASIC,システム構成図を詳しく解説した保存版の本が
出るべきだったと思います。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告