コルト・エクスプレス 多言語版 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,670
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: Online エイティーエイト
カートに入れる
¥ 5,400
通常配送無料 詳細
発売元: ゆめさく
カートに入れる
¥ 5,400
通常配送無料 詳細
発売元: krtek select toys
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

コルト・エクスプレス 多言語版

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,400
価格: ¥ 4,663 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 737 (14%)
残り7点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:8¥ 4,140より
  • 対象年齢 :10才以上


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

キャンペーンおよび追加情報


  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品は、お一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際には、キャンセルさせていただく場合がございますので、あらかじめご了承ください。


よく一緒に購入されている商品

  • コルト・エクスプレス 多言語版
  • +
  • コルト・エクスプレス:荒野の駅馬車 日本語版
  • +
  • ナショナルエコノミー
総額: ¥10,763
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
発売日:2016/1/9
最大プレイヤー数6人
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ
  
登録情報
ASINB0194WBE54
おすすめ度 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 18,979位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.2 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2015/12/9
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

「コルト・エクスプレス」は、2015年度のドイツ年間ゲーム大賞を受賞したことでも話題のボードゲーム。
本商品は日本語を含む多言語版の仕様となっている。

ゲーム内容は立体の機関車模型を組み立ててプレイするアメリカ開拓時代の大列車強盗をテーマにしたダイナミックなボードゲームだ。
プレイヤーはさまざまな経歴を持つ無法者の一人となり、石炭会社の給料と、乗客を運ぶ列車強盗に挑戦する。
各プレイヤーは順番にどのような行動をするのかカードを表向きに置いて計画をたて、出したカードでできた山をひっくり返して行動の解決を開始する。
この行動によって、アクション映画さながらに、別の車両に移動したり、屋根に上ったり、金品を巻き上げたり、ほかの強盗を撃ったり、格闘したり、保安官を動かしたりすることが可能だ。
もちろん、列車の急ブレーキや屋根の上でぶつかりそうになるクレーンなどの西部劇でおなじみのイベントも起きるのはお約束。
ゲームは普通のボードではなく、豪華な組み立て式の列車の上にコマを置いて遊ぶため臨場感も抜群。手軽で短時間で終わるダイナミックなボードゲームとなっている。

プレイ人数:2~6人用
プレイ時間:40分
対象年齢:10歳以上
ゲームデザイン:Christophe Raimbault(クリストフ・ランボー)

[セット内容]カード132枚、組み立て式機関車1式、組み立て式鉄道車輌6個、情景用コマ10個、トークン26個、盗賊と保安官駒7個、ルールブック

(Amazon.co.jpより)


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
最初に組み立てから始まります。
実は組み立て必須なコンポーネントで懸念したのは、また箱に戻すとき分解するのかな、って部分で、そんなことはなく、組み立てたまま収納できてなかなかにかっこいいです。
ゲームを始める際の準備も片付けもまあ余裕、こういうところ重要だと思います。
ゲームも、一番厄介な最初のとっかかりの話は後述するとして、非常に分かりやすいので分かってしまえば考えやすいゲームだと言えます。
で、無論面白い。キャラ的にこいつ強いだろ弱いだろ、という最初のインパクトと使いやすさというか強さには、意外と乖離があって、甲乙つけがたいものはあるなあ。上手いと思います。
まあ、頭を使うガチゲーというよりはパーティゲーですね。立てた計画と実行時のずれが楽しい。
銃撃戦があるゲームですが脱落はありません。そういう意味では平和です。
あ、キャラによって強さ違うんだから当然人気は集中する。
でもキャラクタカードもキャラクタシートも裏表どっちも判別がついてしまうのでランダムに選べない!
って部分は各色のアクションカード一枚ずつで山作って選びましょう。これで問題なし。

さて難点をひとつ。
ルール説明的に、「ラウンドカードのターン数分を全てのプレイヤーが行った後フェイズ1が終了し、フ
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告