「世界の七不思議」日本語版 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 4,727
通常配送無料 詳細
発売元: はっぴぃぽっけ堂
カートに入れる
¥ 5,115
+ ¥ 340 関東への配送料
発売元: 通販ショップの駿河屋
カートに入れる
¥ 6,480
+ ¥ 480 関東への配送料
発売元: 木のおもちゃウッドワーロック
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

「世界の七不思議」日本語版

5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 6,480
価格: ¥ 4,727 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,753 (27%)
残り16点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:9¥ 4,727より 中古品の出品:1¥ 49,800より
  • 対象年齢 :13歳から

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • 「世界の七不思議」日本語版
  • +
  • カタン スタンダード版
総額: ¥7,418
選択された商品をまとめて購入

商品の情報

詳細情報
発売日:2011/7/16
最大プレイヤー数7人
組み立て式いいえ
電池使用いいえ
電池付属いいえ
リモコン付属いいえ
対象性別男女共用
  
登録情報
ASINB005BPALJ4
おすすめ度 5つ星のうち 4.6 14件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング おもちゃ - 13,982位 (ベストセラーを見る)
発送重量1.2 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2011/7/6
  
ご意見ご要望
さらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

2010年ドイツ・エッセンゲームショーで一番人気の文明発展ゲーム、「世界の七不思議/7 Wonders」が、日本語版で登場!
"世界の七不思議"とは、「ギザのピラミッド」「ロードスの巨人像」「アレクサンドリアの灯台」「エフィソスのアルテミス神殿」「バビロンの空中庭園」「オリンピアのゼウス像」「ハリカルナッソスのマウソロス霊廟」の7つ。現存するのはギザのピラミッドのみだが、いずれも古代世界で威容を誇った名建築だ。 プレイヤーは3つの時代にまたがって、自分の担当する都市を発展させていくことが目的となる。時代ごとに対応する7枚のカードを受け取って、1枚選んで左に渡し、また右から回ってきたカードから1枚選んで左隣に渡す。 カードを選び終わったら、プレイヤーは同時にカードを公開してアクションを実行。建物を立て、文明を獲得し、七不思議を発展させていく。各時代の最後には隣のプレイヤーを軍事力で屈服させることも可能だ。
「約30分で終わる」というお手軽さ・簡単ルールでありながら、文明の興亡という壮大なテーマを扱った傑作!

プレイ人数:3~7人用
プレイ時間:30~40分
対象年齢:13歳以上

<セット内容>七不思議ボード7枚、七不思議カード7枚、世代カード148枚、交戦トークン46枚、コイン60枚他

(Amazon.co.jpより)



カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2013/9/17
Amazonで購入
友人達と一緒に全日本選手権に参加するため、練習用に購入。ゲーム性は素晴らしい。

一回30分かからないので、サクサク何度もプレイ出来る。2~7人用だが

2人・・・ボチボチ
3人・・・ボチボチ
4人・・・微妙
5人・・・超良ゲー
6人・・・良ゲー
7人・・・少し運ゲー

だと思います。5人がオススメ。
2~3人で遊ぶのと7人で遊ぶのは全く別のゲームなので、それをどう捉えるかは人それぞれ。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
毎月ゲームの会を2家族で5年ぐらいやっている。色々なゲームを遊んでみたが、そこで数少ない定番と呼べるゲームはそれほど多くない。「ラミー'キューブ」「チケット'トゥ'ライド」「カタン」がそうだ。
この「世界の七不思議」は久しぶりの定番となりそうだ。このゲームの良いところは、
1.プレイヤー数が多い(2家族7人全員で遊べる)
2.1ゲームの時間が短い(人数に関係なく18枚のカードをプレイすれば終わり)
3.戦略性は高いのに基本的に大きく影響するのは両隣で全員に目配せするストレスが少ない
4.正式な日本語版
ルールがはじめはわかりにくいが、一度わかれば「な〜んだ」という感じ。最後の得点計算は若干面倒くさいがワイワイ言いながらそれも楽しめる。オリジナルでは拡張版が出てるのでそれの日本語版も早く出してほしい。ホビージャパンさんお願いします。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
プレイヤーが各都市の指導者となって「文明(都市)の繁栄」を目指すボードゲームです。
重厚で複雑なシステムを想像しますが、決して重いゲームではなく、ルールは簡単でプレイ感は軽く、何度もプレイしたくなります。
カードの効果が全てアイコンで記されており、ゲームプレイに言語依存はないですが、多種多様なアイコンごとの効果を覚える必要がございます。

プレイ人数も3~7人と非常に幅が利かせられ、慣れると人数の増減によるプレイ時間がさほど左右されず、
慣れた人同士でプレイすれば20分程度で1ゲームが終えられます。
ゲームは大きく3世代に分かれており、3世代が終了した時点での軍事交戦結果、科学力、市民建築物など、複数の要素から得点を計算し、順位が確定します。

トレーディングカードにおけるブースタードラフト制のゲームシステムであり、
全員が同時にカードを選んで同時にアクションを行うので、
相手の行動を待つことが他のゲームを比較しても少なく、スピーディーなゲーム展開になりやすいです。

1世代が始まるたびに、各プレイヤーは7枚のカードを受け取ります。
各プレイヤーはその中から1枚を選び、カードの効果をそれぞれで解決します。
残りカード6枚を隣りのプレイヤーに渡し
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
7枚のカードから1枚プレイして自分の場に出し、残りを別の人に渡す。(ドラフト)
当然自分は反対側から受け取り、1枚プレイしてまた同じ方向へ回す。
運の要素は当然あるが、ドラフトせずにすべて最初から手札とするより運の要素は減る。

これを6回繰り返すのが1世代(通常1枚は余り使用しない)で、3世代計18枚をプレイした結果で多数の勝利ポイントを取ったものが勝ちとなる。

早い世代では、原材料や製造品を生み出す建造物の建造(場に出す)など、より高い勝利ポイント(VP)のカードを出せるコストを得ることを考えながら進めていく。世代が進むと高VPのカードが増えてゆき、第3世代では原材料や製造品を新たに得ることはできない。

原材料や製造品は1つにつき2コイン支払うことで、両隣より購入して(建造物は残っている)使うことができるので、コインがある限りは原材料や製造品よりもVPの元になる建造物を建てた方が高得点になる。しかし購入し過ぎでコイン不足になったり、自分の七不思議を建てる原材料や製造品が足りなくなるとかなり厳しい。
その見極めが勝利に結びつくのだが、四人ゲームで初心者的に原材料や製造品を出しまくるプレイヤーがいると、その対面だけはその恩恵に預かれず、その両隣より原材料や製造品を自力で出さねばならず、原材
...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー