通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ホノルル、ブラジル―熱帯作文集 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2007年2刷。帯付。カバー、少くすみ。ページ部分、概ね良好なようですが、見落としがある場合もあります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ホノルル、ブラジル―熱帯作文集 単行本 – 2006/12

5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 882

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ホノルル、ブラジル―熱帯作文集
  • +
  • 本は読めないものだから心配するな〈新装版〉
  • +
  • 斜線の旅
総額: ¥6,264
ポイントの合計: 96pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『ライフ・シフト』特集
自分の生き方・考え方のシフトで人生が変えられる『ライフ・シフト』と関連作品をご紹介。 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

珠玉の散文が伝える希望の方法。ハワイ、ブラジル、北米からラ
テンアメリカ全域にわたる紀行と生活をベースに書き継がれた文章の中から、楽
しく、amiableな(「あとがき」)ものを収集。食事・食材、気候と風土、建
築、文学など、バラエティに富んだ題材を集め、一気に読めるよう新たに編集し
ました。文学者、文学研究者のあいだで熱心に読まれている著者ならではの色の
濃い文章39篇を収録。読者を、外へ、南へ、野生へと誘う熱帯作文集。「毎日新
聞」「日経新聞」「週刊現代」「すばる」など各紙誌絶賛書評掲載。

内容(「BOOK」データベースより)

ゆれる曲線、きらめく光、混血の首都から高原の荒野へ、野生への夢がつなぐ熱帯作文集。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 210ページ
  • 出版社: インスクリプト (2006/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4900997153
  • ISBN-13: 978-4900997158
  • 発売日: 2006/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 665,446位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 sa 投稿日 2007/1/11
形式: 単行本
新しい世界へ飛び出していくことの快さと楽しさに満ちている、これが読後の感想だ。

本書は、短い文に1から39までの番号がふられ束ねられたエッセー集だ。

実にフットワークの軽い文章(それは、スポーティーと形容したくなるほど)で語られるのは、砂漠の話から、言語の話、旅に書評、さらにページをめくると料理のレシピまで!

読み終わった後に納得するのは、この世には本書も被いきれない知らないところがまだまだたくさんあるだろうということ、そして知らない世界があるということが実は可能性にあふれたとても楽しいことだということ。

知らない世界を知り体験することがどれだけ素晴らしく心躍ることであるかということを再認識させてくれる本なのだ。

上述したような多岐にわたる内容の文が並列される本書は、色々な思索、感情、体験、そして様々な言語、文体、表現が混じり合う。

「考えること、感じること」を、「書き、表すこと」。本書に見られるこの両者のダイナミックな繋がりが、さらにその動的な繋がりを自由に並べることが、エッセーという表現形式の可能性の一つなのだろう。

一つの文から次の文へと読み手を連れ回すその慌ただしいような「動き」は、ある一つの文をそのほか全ての文と繋げるも
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 旅を通じて獲得される言葉と食などに関する感覚の質的な変換が,世界観を根本的に変えてしまう可能性を秘めていることを,美しい文で綴ったエッセー集である。管啓次郎が五感をフル活動させて思索し,行動し,記述する,文字どおりの「試み」を通じて生まれた文章は,読む者を惹きつけ,これも文字どおりトリップさせてしまう。そのスタイルは,自ら失敗の記録(正確な引用ではないかもしれない)と表現した,最初のエッセー集「コロンブスの犬」以来一貫しているといえようが,この「ホノルル,ブラジル」はおそらく,今までのどのエッセー集よりも読みやすい。著者自身,教職についてからの著作であって,学生を意識して書き,「これまででもっとも愛想のいい本」になったと述べているが,でもそれだけではなく,これは著者の試みのひとつの到達点であって,そのことが読者にとって分かりやすい文章を生んだような気がする。だから著者は「今後はもう,こうした本は書かないだろう」とも述べているのには何となく納得できた(ただしこの「こうした」が具体的に何を意味しているのか正確には分からないのだが)。

 どこから読んでもよいこのエッセー集をぼくは最初から順番に読んでいき,あとがきを兼ねた最終章の一つ前の黒田龍之助との対談を最後の楽しみにとっておいた。著者の対談を今まであまり目にしたことはなかったのだが,系統はことなるものの言葉に熟
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本には目次も、章題も、まえがきもない。どこからでも読める「愛想のいい」本。しかし、このいわば案内表示のない39の断章群は、単に日常を気軽に綴った身辺雑記ではない。五感と語感を幾重にも挑発する比較詩学の思考と、ひとつの言葉にすべての世界の交響を聞き取ろうとする「オムニフォン」の想像力にあふれた「試み」としてのエッセイだ。アメリカ南西部、ハワイ、カリブ海域、ブラジル、オーストラリア、イギリス、マレーシア、日本といった場所に、たえず他の場所、別の記憶が重ねられ、例えば言葉という舌の活動と味覚という舌の冒険の交差が紡がれていく。旅の達人である著者は、けっして難解な議論や抽象的な思惟に耽らず、身体と言語の移動のなかで研ぎ澄ませてきた感覚と確かな知識にもとづいた言葉を重ねている。その自由闊達な生きた言葉は、不自由を堪えしのぶばかりの凡夫に、爽快な開放感と高揚感をもたらしてくれた。

 『ホノルル、ブラジル』というタイトルは、楽園リゾートのイメージといくぶん韻を踏んだような語感があいまって、いかにも心躍る内容を端的に伝えていよう。またそれは、例えばハワイのなかのポルトガルの痕跡をたどる断章や、ブラジルとホノルルの意外な接点を幻視した断章に見られるように、異なる場所と記憶を自在に渡る著者の試みを象徴しているようにも思われる。さらにまたそれは、「ほのぼの」を動詞のように誤用
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
著者は「クレオール」文学者。クレオールとは狭い意味では混成言語のこと。転じて文化一般の混淆性。どんなに純粋であったり単一であったり見える文化でも、実は人類の移動と衝突と混淆の産物なのだ、という視点から文化現象を見ようとする人々がクレオール文学者(だと思う)。複数の言語を自在に操るこうした人々は、普通の人間が感じないものを感じる。主な舞台はハワイと南北アメリカ。そこで様々なものを食べ、人と出会い話す。舌で人類の移動の痕跡を味わいわけ、耳で衝突の残響を聞き分ける。モノを触るとそのモノの過去が見える超能力をサイコメトリングと言うらしいが、ちょうど人類の移動の記憶をサイコメトリングしている感じだ。話はハワイとブラジルだけに止まらない。世界中をうろうろする。自分の記憶をひっくり返す。一つ一つのエッセイは短くて読みやすい。ところがそれが全部集まっても、著者がどんな人間なのかいまいち分からない。でもよく考えてたら、人の細胞は地球上の様々な場所の生物や植物で、人の心は無数の他人たちとの出会いでできている。どんな人間かなんて分かりっこない。文化はおろか一人の人間だってクレオールなのだ、とそういうことを言っている、のか単にまとまりをつける作業が面倒だったのかは分からないが、ただ読み終わると、身も心もにぎやかな感じになっていたことは確かだ。

タイトルの下に小さく「honolulu,
...続きを読む ›
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告