中古品:
¥ 600
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 希望社
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ペーパー・ムーン スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]

5つ星のうち 4.9 88件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でペーパー・ムーン (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ライアン・オニール, テイタム・オニール, マデリン・カーン
  • 監督: ピーター・ボグダノヴィッチ
  • 製作者: ピーター・ボグダノヴィッチ
  • 形式: Black & White, Dolby, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 英語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: パラマウント・ホーム・エンタテインメント・ジャパン
  • 発売日 2004/02/20
  • 時間: 102 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 88件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B000176O8E
  • JAN: 4988113814744
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 11,417位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   1930年代の大恐慌期のアメリカ中西部。母を自動車事故で亡くして孤児となった少女アディ(テイタム・オニール)は、母と付き合っていた詐欺師のモーゼ(ライアン・オニール)に連れられ、ミズーリにいる叔母の許まで旅することに。道中、ちゃっかり者のアディと、そんな彼女に助けられながら詐欺セールスを続けるモーゼ。いつしかふたりの間には、本物の親子のような愛情が芽生えていくが……。
 『ラストショー』のピーター・ボグダノヴィッチ監督による珠玉の名作。30年代のヒット曲「ペーパームーン」の歌詞さながら、張りぼてだらけの中で心だけは本物というテーマが、この擬似親子関係の交流から切々と漂ってくる(とはいえ、演じているふたりは実際の親子であった)。モノクロ・スタンダード画面の慎ましやかさが、作品の内面からあふれる情緒を増幅してくれる。子役のテイタム・オニールは本作品でアカデミー賞助演女優賞を受賞。(的田也寸志)

内容(「Oricon」データベースより)

聖書を売りつけ小金を稼ぐ詐欺師のモーセ。亡くなった知り合いの娘アディと出会い、彼女を親戚の家に届けるため旅をし、互いの絆を深めていく姿を描いた心温まるロード・ムービー作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
名匠、ピーター・ボグダノヴィッチが贈る珠玉のロードムービーです。
考え抜かれたカメラワークやワンカット撮り、時代性を出す為に敢えてモノクロ映像で描き出す本作品は、時代を超えて、子供から大人まで楽しめます。
そして、なんといっても秀逸のテイタム・オニール。この子がこの映画のすべてといっても、過言ではないような気がします。とにもかくにも、是非、一度ご覧になっては、如何でしょうか?
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
今さらですが、GO BACK AGAINです。装飾過多で深みもないアメリカ映画ばかり、ここ数十年日本にやって来ていますが、アメリカ映画にうんざりして来たところにこれを見て、久々に、水野晴郎さんの「映画ってホント、いいものですねぇ」という言葉を思い出しました。

松本人志さんが何かの映画評で、「中年男と少女という組み合わせには、期待値が高い」と書いていましたが、この映画はそれに加えて本当の父娘だということが、二人三脚をさらにリアルにしています。

その後の「キャロル・キングの3匹の熊」で立派な女性になって登場するテイタム・オニール。この映画の少女がそんな風に大人になるなんて、とそのギャップも、映画で時代を振り返る時の楽しみでしょうか。でも「3匹の熊」でもこちらでも、騙すやんちゃさは変わらないのが面白過ぎます。

明るい太陽の下でのモノクロ映画が、詐欺師の話に上品さを与えています。そんな美の化学変化を知り尽くしているボグタノビッチ監督。これから時代を逆に追って、彼の映画を見たいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 どこをとってもよくできた映画だ。モノクロ画面も1930年代の暗い時代にぴったり。詐欺師のライアン・オニールが孤児のテイタム・オニールを親戚におくりとどける、というロードムービーである。その道中が詐欺行脚。天衣無縫のテイタムの鮮やかな詐欺の手口、彼女にふりまわされるライアンの困ったような表情。
 ふたりがぶつかる山場がふたつある。ライアンがデカパイのマデリン・カーンによろめく場面はコメディタッチで。ウイスキー密売人から金をだましとって、保安官に追われるくだりはロングショットでスリリングに描く。
 テイタムを親戚にとどけたあとも、ライアンは彼女を待っている。と、テイタムがとおく姿をみせて追ってくる。ふたりの前につづく長い白い道。ラストシーンは感動的だ。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
最初に観た時から、もう何度も鑑賞していますが、ずっと大好きな映画です。

ひねくれ者で、ずる賢い二人の旅は、時に微笑ましく、時に危なっかしくて、何度観ても目を離せません。

二人の気持ちが、徐々に近付いて行くにつれ、旅の終わり(別れの時)も近付いて来ます。

別れ際に車に置いてきたプレゼント、それぞれが離れてから気付く大切なもの。

そして、あのラストシーン…本当に最高です。

二人の旅を見ていると、人間ってとっても愛おしい、嬉しい存在だと、観る度に思います。

鑑賞後、人間を好きになる映画だと思います。

パッケージのメインビジュアルの写真(月に腰を掛ける二人)も、洒落ていて良いですね。

主人公の俳優さん(ライアン・オニール)の出演された映画「たった一度のクリスマス」も、とても素晴らしい映画なので、是非ともいつの日にか、DVD化される事を、切に願っております。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
 近頃、ハリウッドでは、540億もの遺産を巡って渦中の元プレイメイトが怪死した話題で持ちきりだそうであるが、私にとっては、ライアン・オニールが実の息子に発砲、傷害容疑で逮捕された事の方がショックな出来事だった。近年こそすっかりご無沙汰の感があるが、私が映画を観始めた70年代、オニールはハリウッドを代表する人気スターであった。そして、彼が息子ならぬ実の娘のテイタムと仲睦ましく共演し、映画も大ヒット、ファンの間では今も人気の高いのが今作だ。モノクロ・スタンダードの様式に、ニューシネマの撮影手法(カメラマンは、「イージーライダー」のラズロ・コヴァックス!)を採り入れた上での1930年代のアメリカを忠実に再現してみせたこの映画は、全編、粋で軽妙洒脱でウエルメイドなコメディで今観ても色褪せない魅力を持っているが、今作のオニールはしがない詐欺師を好演したものの、お茶目でしたたかでファニーな9歳のテイタムに、完全に食われてしまっていた。以下、映画の内容とは全く相容れない部分であるが、特典映像で監督のピーター・ボグダノビッチが自嘲気味に語っていたように、オスカーにノミネートすらされなかった事実が、2人にとって、その後の長き低迷と不幸な事件(ボグダノビッチも、後に恋人が射殺されるというスキャンダルに見舞われる)を招いたケチのつき始めになったような気がするのは曲解に過ぎるだろうか。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す