ペルソナ3 フェス PlayStation 2 t... がカートに入りました
通常配送無料(一部の商品・注文方法等を除く) 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【プライム会員送料無料 動作確認済み】★《ソフト、ケース、取り扱い説明書》のセットになります ★記載の無い物は欠品となります。 ※中古商品になりますので、使用及び経年によるキズ、汚れ等ありますが起動に問題はありません ★クリスタルパックに入れて保管してあり、注文後すぐにAmazon.co.jp配送センターより迅速に発送いたします。 ★届いた商品に不具合等ございましたら、メールにてお問い合わせください。返品・返金対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best

プラットフォーム : PlayStation2
CEROレーティング: 12才以上対象
5つ星のうち 3.8 43件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 12,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、IJU☆MARTが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
新品の出品:5¥ 12,800より 中古品の出品:12¥ 1,725より

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


キャンペーンおよび追加情報


  • 注記:タイトルに記載のない限り、商品に封入されていない「外付け予約特典」は、お付けしておりません。画像や商品説明に特典の記載があった場合も同様に、タイトルに記載のない限り、「外付け予約特典」は、添付されませんのでご注意ください。なお、メーカーの意向により、特典内容が変更となる場合がありますので予めご了承願います。 また「メーカー特典」の有無については、出品者にお問い合わせください。 商品の「Amazon.co.jpオリジナル特典」はAmazon.co.jp以外の出品では付属しません。

  • 注記:Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。 限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 宅配買取もしくは出張買取を選択してAmazonアカウントを使用して簡単お申し込み。 出張買取では買取額UP、8/31まで実施中 今すぐチェック。


製品情報


よく一緒に購入されている商品

  • ペルソナ3 フェス PlayStation 2 the Best
  • +
  • ペルソナ4 PlayStation 2 the Best
総額: ¥16,898
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 国外配送の制限: この商品は、日本国外にお届けすることができません。
  • ASIN: B003O0MN9O
  • 商品重量: 200 g
  • 発売日: 2010/8/5
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.8 43件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ゲーム - 11,791位 (ゲームの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる

商品の説明

アトラスの人気RPG『ペルソナ』シリーズの『ペルソナ3』に追加シナリオが登場。『ペルソナ3』本編エンディング後のストーリーが語られる後日談が収録されるほか、本編シナリオにも新シナリオ"アイギス編"、新規イベント、新ペルソナ、武器合体システム、コスチュームチェンジ、新キャラクターなど、大幅な修正・改良・新要素が追加されている。もちろん『ペルソナ3』から特定のデータに関してセーブデータの引継ぎも可能だ。
(※紹介文はオリジナル版のものを使用しています)

http://dol.dengeki.com/


この商品を見た後に買っているのは?


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

ペルソナ3ポータブル(P3P)やペルソナ4(P4)から先にプレイしたのですが、その二つと比べ良かった点、悪かった点という切り口で批評させていただきます。

<良かった点>
・戦闘以外でもポリゴン、アニメの演出がある
P3Pでは戦闘ダンジョン以外では基本的にスキット絵による紙芝居チックな演出が貫かれているため、ポリゴン、アニメがごっそりとカットされています。その分移動が格段に楽にはなりましたが、なんだか味気ないですし、特にストーリー終盤は紙芝居ではどうしても盛り上がりに欠けてしまいます。

・後日談「episode Aegis」が収録されている
P3Pや無印P3には本編しか収録されていません。よってこの後日談を楽しめるのは今作のみとなっています。後日談では追加キャラの参戦や本編以上に戦略性を要求される高度な敵キャラ達が登場します。ただ後日談は戦闘とイベントの比率が9:1と言えるほど戦闘ばっかりですので、戦闘が苦手な人やストーリーに期待している人には不向きかも知れません。さらに後日談は作風としてかなりドンヨリとした雰囲気なので、なんとなく憂鬱になったりもしてしまうかもしれません。

・オープニングムービーがかっこいい
基本的にペルソナ系のOPは全部かっこいいですが、自分的に今作のOPは特
...続きを読む ›
コメント 87人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
システム等についてはすでに多くの方が述べられてるので、テーマについて少し。

発売されてだいぶ経ちましたが。
近年になって、この作品のテーマ「死」を、深く思い知ることが多いです。

何故、あの結末なのか
何故、主人公(プレイヤー)はあらかじめ「お前は世界を救って、そして…」といった予告がされないまま、日常が進むのか。何故、学生達なのか。毎日を、過ごす、ということの重要性。
日常という名の「覚悟」…そのあたりが、最近ようやく身にしみこんできた気がします。

P4と比較すると、世間におけるP3は時として賛否に割れるのですが、個人的に込められたテーマは、(P4とまた違った意味で)とても身近で、重厚なものだと思っています。

日常の中にある突然の死は、誰にも予知できないです。
「いつも」が、どれだけかけがえのないものかは、それが本当に、本当の意味で失われてから、初めて思い知る。
戦わなくてはならない、自分の中のシャドウ。無気力症。仲間たちとの短くも大切な日々。
プレイヤーは幸せ者です。それを何周も体感出来るのだから。

なので、P3のあの結末は、個人的にはずっと「ベスト」だと感じます。
初代→フェス→PSP版と発売され、仲
...続きを読む ›
コメント 30人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
※本編のみに関するレビューです。後日談に関しては後々追記します。

P4プレイ済みです。なのでどうしてもP4との比較になってしまう点があることはご了承ください。

OPはポップな感じなのですが、いざゲームを始めてみると冒頭からいきなりダークな感じ。影時間、タルタロス、そしてそこの住人「シャドウ」・・・自分的にはワクワクしてたまらない世界観なのですが、人によって好みは分かれるかもしれません。

戦闘システムはメガテン3でおなじみのワンモアプレスという形式で、敵の弱点を突くことができれば一気にたたみかけるチャンスが生まれますが、逆に敵から弱点を突かれるとあっさり全滅してしまうという、非常に緊張感のあるものとなっています。難易度はノーマルでプレイしたのですが、アトラスのゲームにしては易しめです。ボスなどはP4よりはすいすいっと進めることができました。
タルタロスといういわばダンジョンでの探索は、マップが自動生成されるというおもしろいシステムなのですが、正直しんどいことの方が多かったように思います。端的に言って、同じような風景をぐるぐると回り、似たような敵を倒すことの繰り返しです。ここが一番の難点といえば難点でしょうか。ですが先ほどの通り、ノーマルあるいはイージーでプレイする分には難易度はそこまで高くはないので、あまり根
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 個人的に、ペルソナシリーズはこの作品から『メガテンシリーズの亜種』としてではなく、悪魔(ペルソナ)のデザインや魔法の名称などを共有した、独立したシリーズに昇華されたと感じました。
 キャラクターデザインを変更した事も、シリーズの差別化と言う意味においては英断であったと思います。

・世界観について

 真・女神転生シリーズの様な世紀末的な世界観ではなく、『現代の日本』を舞台にしたRPGです。
 また、個人的に好きな点は、基本的に“非日常が日常を侵食しない”と言う事です。例え翌日にBOSS戦が控えていようが何だろうが、主人公達は毎日、学校へ行き、授業をしてテストを受け、部活に勤しみ、学校行事に参加します。
 なので、ストーリー展開に関してはメリハリが利いていて、どんどん作品の世界観に引き込まれて行く事、請け合いです。

・キャラクターについて
 
 主人公は、基本的に無口で、選択肢が出る時くらいしか話さないので、感情移入がスムーズに出来ます。しかし、完全な無個性と言う訳ではなく、プレイヤーの分身としては、かなり高い所でバランスが取れており、好印象です。
 仲間達も個性的で、CVに実力派の方々を揃えているだけあって活き活きと描かれており、言葉遣いなども、汚くなり過ぎ
...続きを読む ›
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー