中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ペダリスト宣言!―40歳からの自転車快楽主義 (生活人新書) 新書 – 2007/12

5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 756 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

自転車に乗っている大人は、かっこいい!

40歳を過ぎてから目覚める、自転車の魅力。
ペダリストとは、ただ単に自転車に乗る人ではない。ペダルを踏みながら、学び、よく考えるペダリストは、自転車から社会を見、世界を見る。自転車へのマニアックなこだわりから、環境への優しさ、まちづくりの未来まで作家の視点から語り、自転車ブームの先端を走り抜ける。

内容(「BOOK」データベースより)

自転車は、世界一美しくて、かっこいい!40歳を過ぎて自転車に目覚めた著者は、自転車に乗る自分を、ペダリストと宣言する。ペダリストはたんに自転車に乗るだけではない。自転車から社会を見、世界を考える。自転車へのマニアックなこだわりから、環境への優しさ、まちづくりの未来まで、作家の視点から語り尽くし、自転車ブームの先端を走り抜ける。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 209ページ
  • 出版社: 日本放送出版協会 (2007/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4140882409
  • ISBN-13: 978-4140882405
  • 発売日: 2007/12
  • 商品パッケージの寸法: 16.8 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 2.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,028,769位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 2.8

トップカスタマーレビュー

形式: 新書
 また新書の自転車本が出ました。やはり世間ではそうとう自転車が流行っているのですね。小生的には、自転車は本来的に孤独なスポーツとのイメージを持っているのですが、こうした本を通じて、たくさんの人たちが自転車を楽しんでいることを思うと、やっぱりなんだか嬉しくなります。
 さて、本書は、ポピュラーなミステリー作家の斉藤純氏が、40歳で自転車の楽しさを再発見してからの経験と発見、そして最近の考えなどを語るものです。自転車そのものの楽しさにフォーカスしたというよりも、むしろ、自転車を通じた街づくりや環境問題などへの取り組み、呼びかけに重きが置かれているようです。小生を含め、自転車乗りは、なにも温暖化防止のためとか、難しいことを考えて自転車に乗っているわけではないでしょうけれど、自分たちが大好きな自転車が、実は社会的にも大きな可能性を秘めているかも知れないと考えるとナンダカ年甲斐もなくワクワクしたりします。
 自転車というものの新しい魅力を教えてくれた一冊です。自分の趣味・趣向を押し付ける気はありませんが、たくさんの人たちが手にして、自転車の素晴らしさを発見してくれれば良いなと、無邪気に考えてしまいました。
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
私は数年前、多くの人がそうであるように、運動不足解消や環境問題への関心から、また何よりも懐かしさから、十代にさんざん乗っていた自転車に再び乗り出した。
しかし、実際に乗ってみると、道路環境や法整備、そして何よりも自転車に乗る人たちの意識があまりにも進化していない(むしろ悪化している)ことを痛感した。
自分も高校生の頃には、かなり無謀な運転をしていたので偉そうなことは言えないが、それから30年以上経っても状況が何も改善されていないので、今の歳でその中に身を置くのは、命取りである。楽しさ以上に危険を感じて、またあまり乗らなくなってしまった。
この本を読むまでは、自転車を巡るこうした環境を「仕方がないこと」と諦めていたのだが、そんなふうに簡単に諦めない道があることを教えられた。
考えながら生きることの大切さに、改めて気づかせてくれる一書。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
本書での「ペダリスト」とは”自転車乗り”のことではなく、自転車を通じて地球環境問題等を学び、考え、前向きに行動する(行動しようとする)人ということで、避けては通れない関連する諸問題(道路整備や交通マナー)について書かれています。もちろんそれがすべてでなく、初級自転車論、自転車雑学も多くあり広範です。自転車について精通した方(自転車暦の長い方)にとっては、いまさらなにもここで言わなくても・・・と思える内容も多く、逆に自転車入門のような書物にしたいわけでもないようなので、タイトルにある定義の読み物にしたいのなら、内容をもう少し”ペダリスト”寄りにしたほうがよかったのではないかと思います。特にサブタイトルはいただけません。その意味で半端というか方向性の定まらない内容と思いますのでこの評価とします。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告