通常配送無料 詳細
通常1~2か月以内に発送します。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ペコロスの母に会いに行く がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: [特記]ゆうメールにて配送のため日祝配送不可。配送日及び時間指定はできません。また郵便追跡はできませんのでご了承ください。■中古商品の場合、擦れ・日焼け・多少の汚れ等、経年による劣化ががございます。帯・ハガキ・チラシにつきましては、原則付属致しません。全ての商品はアマゾンコンディションガイドラインに準じて出品を行っているものとなります為、事前の状態・仕様のお問い合わせにはお答え致しておりません。詳しくはAmazonマーケットプレイス コンディション・ガイドラインをご確認下さい。「限定」「初回」などの表記があっても特典や内容物のない場合がございます。■ご注文後、駿河屋からメールが届かない場合はメールアドレスの誤登録、受信拒否設定の可能性がございますのでご確認ください。■弊社サイトと併用販売を行っているため、品切れの場合はキャンセルとさせていただきます。■毎朝7時の受信のため7時を過ぎてからのお問い合わせ、ご注文は全て翌日の扱いとなります。■お客様ご都合のご返品の場合、送料と手数料を差し引いた金額のご返金となります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

ペコロスの母に会いに行く 単行本 – 2012/7/7

5つ星のうち 4.8 257件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 280

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ペコロスの母に会いに行く
  • +
  • ペコロスの母の玉手箱
  • +
  • ペコロスの母の贈り物
総額: ¥3,888
ポイントの合計: 117pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

母は、人生の重荷を下したかのように、ゆっくりとゆっくりとボケていきました─

62歳、無名の“ハゲちゃびん"漫画家が
施設に暮らす認知症の母との
「可笑しく」も「切ない」日々を綴った
感動のコミックエッセイ!
40歳で故郷長崎にUターンした漫画家(62歳)が、親の老いを見つめてきた日々の、笑えて、温かくて、どこか切ない家族の物語。
主人公は、認知症と診断され施設に暮らす現在89歳の母。母が見せる「人生の重荷を下ろしたとびっきりの笑顔」や、著者のはげた頭を見て名前を思い出すエピソード、時折つぶやく亡き父との思い出話などを描いたコミックエッセイです。
「忘れること、ボケることは、悪いことばかりじゃないんだ。母を見ていてそう思った」

出版社からのコメント

第42回日本漫画家協会賞優秀賞受賞! 映画『ペコロスの母に会いに行く』が2013年11月全国の劇場で公開決定。出演は岩松了、赤木春恵、原田貴和子、加瀬亮など。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 192ページ
  • 出版社: 西日本新聞社 (2012/7/7)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4816708537
  • ISBN-13: 978-4816708534
  • 発売日: 2012/7/7
  • 商品パッケージの寸法: 23.8 x 18 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 257件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 2,765位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
認知症をわずらった家族との共同生活や介護を経験したことのある人なら身に覚えがあるかもしれない。
そこにはもちろん苦しかったり悔しかったりすることもたくさんあるのだけど、
でも実はちょっとした笑いやしみじみ感じ入るような瞬間がいくつもあって、ときにはなんだか幸せな気分になることだってある。

そんなことを思い返させてくれる、どこか懐かしくて、ホッとする家族の物語だった。

私の場合は大学生のとき、田舎に住む当時100歳近かった祖母とふたりでひと夏を過ごす経験をした。
祖母は同じ屋根の下に寝泊まりする私の素性を一日に何度となく尋ね、
私が用意する毎回ほとんど同じ手抜き料理を「こんな美味しいものは人生で初めて食べた」と言って嬉しそうにし、
夜になって外が暗くなると、帰ってこない夫や娘(亡き祖父と亡き伯母)のことを心配してそわそわし始めるのだった。

この本のなかで好きだったのは、著者の母が、亡くなった夫や若き日の自分と会ったり話したりする場面。
本のなかでなんの違和感もなく描かれるそうしたシーンは、読む人の心にも自然にストンと落ちていくと思う。
夢か現かわからないまま空間や時間をとび越えていく著者の母の姿を見ていると、
「ああ、私の祖母も同じように祖
...続きを読む ›
2 コメント 298人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
絵柄、特に座位のフォルムや構図にやられて購入しました。
読み進めると泣きたくなるほど素敵なフォルムでした。
自分は現在介護をしております。
介護ギャグやお涙頂戴だったらいやだなと思いましたが、
そんなことはありませんでした。
在宅介護(下の世話など)の現場は出てきません。
施設にいる話です。

在宅介護に追われてぎりぎりの暮らしをしている人には
勧められないかというと、しかしそうでもないのです。
手が回らなくて限界だよというとき、
視野狭窄状態だな、独善的状態だな、と自覚したとき、
これいつまで続くのだろうなどとふと頭によぎってしまったとき、
優しく面白く(脱力あるいは穏やかに)リセットしてくれます。
自分が感じていたことを、4コマ漫画の形で表してくれていたり、
自分とは全然違うものの見方によってヒントや刺激もあります。
潔癖な感性の人には見せられない下ネタ(?)的なくだりもあり、
いろんな人がいるよなあ、と思いました。
でもこの著者は本当にあったかい感性の人ですね。
真摯な印象です。なにしろ自分の辛さや悲しさはほぼ描いていないのです。

序盤の無限ループネタでは、笑いながら
...続きを読む ›
コメント 124人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
89歳の老母の認知症や介護を文字通り絶妙なボケで描く4コマ漫画が長崎のタウン誌で連載され、好評を博していたらしい。それが主に「一章」に集められている。
独特の温かいタッチの画と長崎弁は反響を呼び、西日本新聞社の目にとまって、続く章でのストーリーマンガ的パートやエッセイを追加し、同社から改めて発刊された。

三章「母、少女になる」での交錯した時間の描き方は、秀逸なSFにも似た味わいを感じさせると同時に、その切なさに打たれた。
この三章以降で、作者は老母が生きている「現実」としての思い出や幻聴幻覚の向こうに流れる自分の家族史を丹念に描いていく。
作者の父は、性格的に発生する激しい人間関係ストレスを酒と家族への暴力で紛らわせながら地元の大企業で定年まで勤めあげ、そして10年以上前に先立った。その父は認知症を発症してから母のもとに「現れる」ようになって、詫びたり優しく接してくれたりする。四章「父、来る」五章「父母の旅」は、そうやって現れては会話する夫への思いを当の老母自身が語るが、それ以上に、作者は母(妻)の心象を丹念に想像し、俯瞰し、一つの夫婦の「物語」として創造している。父の思い出は悲惨でやるせないエピソードに満ちてはいても、古今東西変わらない人間の可笑しさ・弱さを際立たせ、圧倒的に豊かで優しく、そして哀しい物語を読ませてくれる。
コメント 159人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
辛くもあり、楽しくもある人生を生きてきたからこそ、
最後には辛さをすべて忘れ、
楽しいときを過ごすために、人はボケるのかもしれないですね。
そんなことを思わせてくれるある人生を生きてきたからこそ、
最後には辛さをすべて忘れ、
楽しいときを過ごすために、人はボケるのかもしれないですね。
そんなことを考えさせてくれる心温まる漫画です。

泣いてしまったのは、原爆で死んでしまった赤ん坊の長女が戻ってくるシーン。
取り返せない時間を返してくれる、というのも認知症だからこそなのかもしれません。

これを読んでから、自分自身の祖母の認知症への見方が大きく変わりました。

祖母自身、若い時から苦労してきたからこそ、
今、親戚がゴタゴタしているのも、誰かと誰かがいがみ合っているのも、
そんな無駄な情報をインプットしないで、幸せな人生の終わり方をするために、
認知症が進行してきたのだと。

そう思えると、認知症の祖母には何が見えているか、と想像したくなりますし、
なんども繰り返す昔話も興味を持って聞き入ります。

こんな風に自分の人生を豊かにしてくれる一冊です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック