中古品
¥ 83
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 状態は概ねキレイで良好です。気持ちよく読んでいただけると思います。細かな劣化はご了承くださいませ。中が見えない封筒で、主にゆうメールで発送予定です。迅速対応を心掛けています。万一不備がございましたら対応いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ペイチェック―ディック作品集 (ハヤカワ文庫SF) 文庫 – 2004/1

5つ星のうち 3.3 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 83
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ジェニングズは数年間、ある会社のために働いていた。その間の記憶は失われてしまうものの、巨額の報酬を受け取るはずだった。だが、報酬として受け取ったのは、ガラクタ同然の物ばかり。記憶を失う前に、それらのガラクタを大金のかわりに受け取るという契約書にサインしていたのだ。いったい自分は何を考えていたのか…ジェニングズは失われた記憶を求める冒険をはじめた!映画化された表題作など、傑作12篇を収録。


登録情報

  • 文庫: 575ページ
  • 出版社: 早川書房 (2004/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4150114684
  • ISBN-13: 978-4150114688
  • 発売日: 2004/01
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.8 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.2 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 630,868位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
記憶を消された2年の間に、自分が「違法なタイムマシン」開発に雇われていたことを突き止めた男が、身の安全のため開発会社の乗っ取りを計画する話。

映画のほうは見ていないが、 本作は星新一に通じるシンプルさがある。この時代はこういう小説がたくさん受け入れられたのだろうか。いい時代だ。
ハラハラや伏線はたくさんあるが、最後に主人公の側に勝利が転がり込んでくる事は見えており、水戸黄門のような安心感がある。中編といった長さ。読みやすい。

他にも数編の短編がある。

「自動工場(オートファク)」

文明崩壊レベルの戦争の際作られた自動工場。生活に必要なすべてのものを自動的に原料調達し、自動生産、自動配達する自立的に稼働する工場の話。

戦争が終わった今、地球資源を消費し続ける鉄壁の自動工場を停止させ、生産ラインを人間の手に取り戻し、文明を再建しようとした人類だが…、見通しは甘く、いざ工場が破壊されてみると、石器時代同然の暮らししか出来ない非力さに気づく。しかしその地下深くでは自動工場が猛烈に自動再建を開始していた。

これは良かった、自動工場というアイデアが特に。夢の様なロボット工場、まさにパラダイスだ。(他にも火星人に食糧援助してもらいながら遊んで暮らす地球人の
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ディックの作品は日常性の中の違和感から始まることが多い。日常とは連続的・反復的であって無意識的であるのだが、そこに生じた些細な乱れが大きな不安を呼び起こして、物語はみるみる膨らんでくる。この意外性や、やや皮肉なストーリー展開に小説としての醍醐味を感じる。だから映画の原作に使われることも多いし、逆に映画に取り上げられる以前はSFの中では地味な作品群であったのだろう。
 科学的な裏付けであるとか、壮大なストーリーや世界観という「いわゆるSFに期待される要素」はなくても、SFであり得ることを示してくれる作風である。 
 なお、この短編集の個々の作品を読むと舞台は近未来だし、タイムトラベル、ロボット物、宇宙人が出てきたりと、ちゃんと要素は盛り込まれているので安心されたい。
 各種テーマが揃った、楽しめるディック入門作品集だ。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 なんか新しいのが出てるので読んでみた。なんだ、読んだことのあるものばっかりだ。以前は不思議と面白かった。当時はディック独特と思っていた訓話的なんだかどうなんだかよく解らない話が、それなりに面白かった。きっと、プロットを練り上げてからでなく、その天才的(でもないが)な着想から書き出していくという、ディック自身もどこにいくかわからないところがあるような、そんな不安定さが彼の魅力だった気がする。たとえるなら、松本零士御大の漫画のように、イメージだけで描き始めて、話や詳細のつじつまが合ってないところが魅力なのだ。
 ディックのフォロワーのようなものを読み過ぎたせいか、今読むと、結構陳腐だったりして、それはそれで面白かったりもする。彼の持つ独特のイメージは、ちょうど映画の予告編のように映像関係者をインスパイアするものがあるのだろうと思う。
 彼はSFではなくファンタシー作家なのだ。星は3つだ。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
2年間の記憶と引き換えに得た報酬は数個のガラクタ。
なぜ自分が大金よりもガラクタを選んだのか?
ガラクタがなくした記憶をたどる重要なアイテムに変わり、やがて主人公は真実を掴む・・・

表題作のほか複数の短編が収められたお得な一冊です。
でもペイチェックは映画で見たほうが面白いかも。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告