ベートーヴェン : 交響曲 第3番 「英雄」 (L... がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベートーヴェン : 交響曲 第3番 「英雄」 (Ludwig van Beethoven : Symphony No.3 ''Eroica'' | Rehearsal from the 7th Symphony / Wilhelm Furtwangler , Berlin Philharmonic Orchestra , Lucerne Festival Orchestra)

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,970
価格: ¥ 2,912 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 58 (2%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 2,561より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ベートーヴェン : 交響曲 第3番 「英雄」 (Ludwig van Beethoven : Symphony No.3 ''Eroica'' | Rehearsal from the 7th Symphony / Wilhelm Furtwangler , Berlin Philharmonic Orchestra , Lucerne Festival Orchestra)
  • +
  • ベートーヴェン : 交響曲 第9番 「合唱」 (Ludwig van Beethoven : Symphony No.9 ''Choral'' / Wilhelm Furtwangler | Bayreuth Festival Orchestra and Chorus 1951 | Schwarzkopf | Hongen | Hopf | Edelmann) [Live]
総額: ¥5,825
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団, ルツェルン祝祭管弦楽団
  • 指揮: ヴィルヘルム・フルトヴェングラー
  • 作曲: ベートーヴェン
  • CD (2015/6/17)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: GRAND SLAM
  • ASIN: B00XJECG1A
  • EAN: 4909346307780
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 176,337位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

フルトヴェングラー秘蔵テープ復刻シリーズ
過去最高音質の「英雄」 (BPO / 1952年12 月7日)、
そしてリハーサルは史上最長の収録&初の対訳 (邦文/英文) 付き!

[商品番号 : GS-2130] [CD] [モノラル] [Grand Slam]

[収録内容]
1. ベートーヴェン : 交響曲 第3番 変ホ長調 Op.55 「英雄」
2. ベートーヴェン : リハーサル風景 (交響曲 第7番 第2楽章より)

ヴィルヘルム・フルトヴェングラー (指揮)
ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団 (M-1)
ルツェルン祝祭管弦楽団 (M-2)

録音
M-1 : 1952年12月7日 / ベルリン | ティタニア・パラスト
M-2 : 1951年8月15日 / ルツェルン | クンストハウス


フルトヴェングラー&ベルリン・フィルのベートーヴェンの「英雄」(1952年12月7日収録)はGS-2076(廃盤)以来の2度目の復刻となりますが、今回使用したテープは非常に状態が良く、過去最高音質と言っても過言ではありません。コレクターの間ではこの演奏の最高音質はドイツ・フルトヴェングラー協会のLP(F666848)と言われていますが、それに十分匹敵するか、それ以上かもしれません。リハーサルの方はごくわずかですが冒頭の部分は過去のどのディスクにも含まれていないため、今回が史上最長の収録となります。また、対訳(日本語、英語)が付いた唯一のディスクとしても価値があります。なお、日本のファンの方には直接関係ないかもしれませんが、英訳を担当したのはあの名指揮者ゲオルグ・ティトナー夫人であるターニャ・ティントナーさんです。[制作者より]


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 クナー 投稿日 2017/1/30
最近発売された平林氏のCDをまとめて聴き、その音の良さに驚き、他のものも色々聴いて見ました。
その中で本CDは過去最高音質というふれこみだったので、楽しみに聴いてみましたが、私にはふれこみほど良い音ではありませんでした。
確かに、独協会盤(グリーンのジャケットに黒で全面フルトヴェングラーのサインのもの)と比べると、音がクリアーで若干の奥行き感もあって、低い方の音もしっかり出ていましたが、いかんせんこの時代のライブ録音の限界と申しますか、私には観賞用としては無理な音でした。
ワインガルトナーやシャルクの音を聴きなれた耳にも辛い音で、独協会盤の第九(52.2.3.赤いジャケットに全面フルトヴェングラーのサインのあるCD)のような自然でやわらかさがありながら明瞭な音とはまるで別物でした。
残念ながら、AUDITEのあのきつい苦行を強いられているような音の傾向をもっていました。
平林氏の価値あるお仕事を誹謗中傷しようということではなく、私達のようにトーンコントロールがついたプリアンプで、マルチチャンネル化された装置で、ある程度自由に音質をコトロールできるファンは、寧ろしっかり高音が入っているCDの方がやりようがあるのですが、今日日のハイレゾ対応のアンプしか持っていない方々などにとっては、とても聴けた音ではないと思われます。
許光俊
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告



フィードバック