+ ¥350 配送料
お届け日: 10月13日 - 21日 詳細を見る
通常4~5日以内に発送します。 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元 dodax
販売元 dodax
出荷元
dodax

販売元

+ ¥257 配送料
中古商品: 非常に良い | 詳細
発売元 thurmanbooks
コンディション: 中古商品: 非常に良い
コメント: 土日祝日を除き7〜15営業日で配送可能。商品やサービスにご不満な場合は、返品・返金を保障いたします。

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥2,530
+ ¥350 配送料
発売元: nagiry-jp
カートに入れる
¥2,531
+ ¥350 配送料
発売元: Rarewaves-USA
カートに入れる
¥2,655
+ ¥257 配送料
発売元: thurmanbooks
この商品をお持ちですか?

ベートーヴェン : 弦楽四重奏曲集 (Beethoven : String Quartets / Quatuor Voce) [輸入盤]

5つ星のうち4.0 1個の評価

仕様
価格
新品 中古品
CD, リミックス含む, インポート, 2013/10/10 インポート, リミックス含む
¥2,530
¥2,530 ¥2,085
CD・DVD スタンプカード

Amazon の Quatuor Voce ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • 輸入盤CD、一部簡易包装についてのお知らせ:輸入盤CDにつきましては、環境保護のため、ビニール包装、開封防止シールの貼付等がされていない場合があります。あらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • 梱包サイズ : 14.4 x 12.29 x 0.79 cm; 72.01 g
  • メーカー : Naive
  • EAN : 0822186053560
  • レーベル : Naive
  • ASIN : B00DRFQA5Y
  • ディスク枚数 : 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.0 1個の評価

商品の説明

内容紹介

フランスが誇る''ライジング・スター'' ヴォーチェ弦楽四重奏団! 溌剌と魅せるベートーヴェン弦楽四重奏曲集

[商品番号 : V-5356] [Import CD] [naive]

フランスが誇る若手実力派カルテット「ヴォーチェ弦楽四重奏団」が、naiveレーベルからは1stアルバムとなる最新盤をリリースいたします。2004年にパリで結成されるや否や数々の国際コンクールで華々しい成績を残し、新進気鋭の実力派として名を馳せた当団も結成10年を間近に控え、ますますアンサンブルに磨きをかけているところの録音なだけに、注目も高まります。

デビュー盤のシューベルトで高い評価を得ている当団が今回録音する運びとなったのは、大家ベートーヴェンの弦楽四重奏曲。第1番、第8番、第11番の3つをカップリングし、ベートーヴェンの前中期の作品に焦点を当てた内容となっています。3つの作品はそれぞれ異なる作風を持っており、ベートーヴェンの作風の変化も感じさせますが、いずれも緊張感あふれる密なアンサンブルを必要とされる濃厚なプログラム。第11番ではデイヤンが1st Vnを、第1番と第8番ではルーバンが1st Vnを担当する形で収録されています。麗しい2人の女流ヴァイオリニスト達が力強く聴かせる華々しい高音域を、男性陣が担う深みのある中低音域がしっかりと支え、安定感のあるアンサンブルで魅せてくれます。当団の大きな魅力である、若手らしい溌剌とした音の立ち上がりと、力強くもしなやかなハーモニーを存分に堪能出来るアルバムに仕上がっています。

録音 : 2012年10月 サン= ピエール寺院 (パリ)

アーティストについて

ヴォーチェ弦楽四重奏団 [サラ・デイヤン (Vn) / セシル・ルーバン (Vn) / ギヨーム・ベケール (Va) / フロリアン・フレール (Vc)]
2004年に、パリ国立高等音楽院の卒業生メンバーによって結成されたカルテット。その後数年間でジュネーヴ、クレモナ、ウィーン、ボルドー、グラーツ、ロンドンの国際弦楽四重奏コンクールで優秀な成績を残し、瞬く間に国際的な評価を確立する。室内楽をイザイ四重奏団、アルバン・ベルク四重奏団のメンバー、ターリヒ四重奏団、クリストフ・コワンなどに師事し、新世代の室内楽の中核を担う団体として期待を集めた。ヴィオラとチェロのみメンバーの交代があり、2010年から現在のメンバーで活動している。シテ・ド・ラ・ミュジークの推薦により、2013~2014シーズンの「エコー賞ライジング・スター」に選出され、大規模なヨーロッパ・ツアーを遂行している。レパートリーは多岐にわたるが、近現代ものを中心とし、ベートーヴェン、シューベルト、ラヴェル、リゲティ、ベルクなどに定評がある。伸びやかなフレーズ感と、躍動感あふれる力強い音運びが魅力的で、今後の更なる円熟と活躍が期待されるアンサンブルである。