この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベートーヴェン 交響曲第9番 終楽章: シラーの頌歌“歓喜に寄せて”による合唱 原詩・発音カナ表記付 楽譜 – 2012/9/12

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
楽譜, 2012/9/12
¥ 802 ¥ 1,096
click to open popover


Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

判型をA4に大きくして見やすくなった、発音カナ付《第九》合唱スコア(オケのPリダクション・原詩)。編集にあたっては、国内外においてさまざまなオーケストラと共演を重ねる指揮者・曽我大介の《第九》経験に基き、さまざまな実用的なアイディアが盛り込まれた。合唱を中心に考え、他のパートより音符を大きくし、フレーズが掴みやすくなるように頁ごとのレイアウトや頁めくりを工夫。また近年出版された海外原典版等の相違点を研究して改善を施し、原詩の表記に関して音引き線・句読点を見直した。さらに原詩カナ表記において、初心者のために、1語の中で強調すべき部分を直感的に掴みやすいようにカナ文字の大小で表し、正しく、明解で、実用性を重視した合唱楽譜になっている。

著者について

監修・編:東京ニューシティ管弦楽団首席客演指揮者。桐朋学園大学、ブカレスト音楽大学、ウィーン音楽大学等で、B.ハイティンク、G.シノ ーポリ、I.ムーシン、U.ラーヨビッチ、小澤征爾、田中雅彦、I.ケプテア、森正の諸氏に学び、1989年ブカレスト音楽大学在学中にルーマニアでデビュー。ウィーンをベースに16年間活動、1993年ブザンソン・コンクール第1位、1998年コンドラシン・コンクール第1位をはじめジュネーブ、トスカニーニ、プラハの春等の指揮者コンクールで上位入賞。大阪シンフォニカー交響楽団(現大阪交響楽団)音楽監督、ルーマニア放送交響楽団首席客演指揮者を歴任、日本はもとより、ヨーロッパ、南米を中心に世界各地のオーケストラに客演を重ねる一方、ヨーロッパ、ブラジル各地の音楽祭や講習会の講師、指揮者コンクールの審査員にも招かれ、後進の指導にあたっている。近年は作曲家としても活躍中。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 楽譜: 64ページ
  • 出版社: 音楽之友社; A4版 (2012/9/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 427654212X
  • ISBN-13: 978-4276542129
  • 発売日: 2012/9/12
  • 梱包サイズ: 29.2 x 20.4 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 513,473位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2014年7月5日
形式: 楽譜|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告
2016年7月1日
形式: 楽譜|Amazonで購入
0コメント|このレビューは参考になりましたか? 違反を報告