この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX II

5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:4¥ 19,000より 中古品の出品:10¥ 1,408より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: キム・ミョンミン, チャン・グンソク, イ・ジア
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 6
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/10/07
  • 時間: 630 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 11件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B002BT3W1C
  • JAN: 4527427644052
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 69,055位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


韓国で社会現象化した
史上初の音楽ラブドラマ、ついに上陸


☆韓国2008年秋のドラマ視聴率1位!
☆クラッシックの名曲がオンパレードで登場!
☆韓国国内ではカン・マエシンドロームといわれるような盛り上がり!
☆町ではバイオリンが売り切れ、ドラマの枠を超えてブームに!
☆オーケストラを舞台に、目の離せない切ないラブドラマも展開!



【ストーリー】
それぞれの音楽の夢を機軸に揺れ動く、恋の衝動。愛か音楽か?友情か恋か?
音楽の夢と恋。揺れ動く心の葛藤をさわやかに描いたこの夏最高の“音楽ラブストーリー”。

市役所文化芸術課に勤めるルミ(イ・ジア)は、とりあえず作った自分の企画書が採用され、プロジェクト・オーケストラを運営することになる。
ところが運営資金をプロデューサーに横領されてしまい、団員を一般公募にすることに。必死に集めたものの、メンバーは、停職中の警察官カン・ゴヌ(チャン・グンソク)などプロとはかけ離れた人材ばかり。
そんな楽団に指揮者としてルミが招聘したのは、オーケストラ・キラーと悪名高い世界的マエストロ、カン・マエ(キム・ミョンミン)。果たして楽団の運命は!?全18話。

【特典映像】
●メイキング&NG映像集
●ミュージック・クリップ集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズのBOX第2弾。合唱団を辞めると言い出した団員たち。これを収拾するため、カン・マエはゴヌに合唱団の練習で指揮をするように言う。第9話から最終第18話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
前半のハイスピードな展開とは一転して、
後半はカンマエ、ルミ、ゴヌの三角関係と、努力家カンマエの音楽家としての葛藤や天才ゴヌとの確執、ルミの生き方を模索する苦悩が中心に描かれています。
そしてドラマのテーマが”恋愛か音楽か?”だと思って観ている方には、物足りないラストであることは否定できません。
ただ何度も見直して思うのは、このドラマは、やはり音楽を軸にしたヒューマンドラマだという事です。

ラストで、カンマエとルミの関係を曖昧なままにしておいたのは、それを観る人に委ねたかったからでしょう。
カンマエの年齢に近い私自身から見ると、男として、音楽家としてのカンマエのルミやゴヌに対する葛藤や苦悩はリアルだと感じました。
前半のカンマエは、性格は悪いがカリスマ性と自信たっぷりの大人の男性ですが、
後半のカンマエは、時に少年みたいな恥じらいや、葛藤や嫉妬の苦しさで感情を爆発させる弱い面がクローズアップされ、人間として共感できる部分が増えるのです。
20代の視聴者が理解しがたいカンマエも、40,50代が観れば納得し、愛おしささえ感じると思います。

ハ・イドゥンの年代、ルミ、ゴヌの年代、カンマエの年代、チョン・ヒョンの年代、キム老人の年代、
観る世代によって、クローズアップ
...続きを読む ›
コメント 65人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
素晴らしいドラマです!
クラシックの大ファンですが、韓国ドラマは先入観からか今まであまり見たことがありませんでした(後悔・・)。タイトルに惹かれて第1巻を見始めたのが運の尽き、仕事も手につかないくらい魅了されてしまいました。
主役のキム・ミョンミンさん、初めて見ましたが、繊細な外見でありながら、巨匠と言う名に相応しい芸術家の役どころを圧倒的な存在感で体現していたと思います。この人なくしてカン・マエという稀にみる魅力的なキャラクターもこのドラマも生まれなかったと思います。俳優として不遇の時代を過ごしたあと、「白い巨塔」やこの作品で絶大な人気を博し、数々の賞も受賞したとか。彼の優れた感性や磨かれた演技力や役作りへの誠実さは、カン・マエという人物の中にそのまま投影されているようでした。素晴らしく魅惑的なこの俳優に出会えてすごく幸いだと思いました。
映像が美しいこともこのドラマの楽しみの一つです。ハイビジョンだからなのか、公演シーンや風景、光の入れ方がどのシーンも美しいです。
脚本も素晴らしく、セリフの一つ一つが心に響き、芸術ドラマに相応しくエスプリが効いていました。音楽に魅せられたものの喜びと苦しみを余すところなく描いていると思います。毎回ハラハラさせられるストーリー展開にも惹きつけられます。最終回も期待を裏切りませんでした。
人の強さと
...続きを読む ›
コメント 45人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/13
オリジナルは韓国MBC系で2008年9月10日から11月13日までリリース。日本ではテレビ東京系で2009年4月6日から6月9日まで放映された。『大王四神記』のヒロインを演じたイ・ジアが出演しているので観てみたのだが、完全にキム・ミョンミンの『カン・マエ』にやられてしまった・・・最近の韓流で最も好きな作品である。

同じクラシックを扱った日本の『のだめ・・』と似た作品なのかと思ったのだが、『のだめ』のようなコメディ的な要素は少なく、脚本のすばらしさとカン・マエの発する一言一言にびっくり。その上楽団の練習場にはカルロス・クライバーの写真が大きく飾られ、カン・マエのモデルは絶対にあの『チェリ』に違いないと思っていたら、その通りチェリビダッケの話まで飛び出してきて、薄っぺらなクラシック好きが書いたのではないストーリーに感心してしまった。

日本で同じ作品を作ったら写真はカラヤンとかベームとかになって凄くつまらない話になってしまうのだと思う。それをチェリビダッケで作ったところが只者ではない。韓流スタッフの底力を感じる大傑作だ。ラストが特にイイ。
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 DiDi 投稿日 2011/2/9
近頃、電化製品からアイドルまで韓国の勢いがすごい。

長らくアジア経済の頂点に君臨し先進国気取りであぐらをかいていた日本としては焦りを隠せない。

テレビのニュースやドキュメンタリーでもそういった話題を取り上げているのをよく目にするようになった。

欧米諸国に追いつけとがんばってきた日本だが他のアジア諸国に追いつかれる日がくるとは10年前ぐらいまでは想像もしてない人達も多かったと思う。

私も正直くやしいし、あせりは感じても日本ならではの技術やきめ細かで繊細な感性などまだまだいけるはずと信じてきた。

それがこのドラマのクライマックス(?)ベートベンの演奏シーンを見て感動としたのと同時に打ちのめされました。完敗です。
日本はもう完全に負けたなと実感として感じたのは初めての事です。

たかがドラマと侮る事なかれ。
・・・とはいっても私自身、日頃からなるべく線を引かず様々なジャンルのものを見ていこうとしていますがどうもテレビドラマは苦手で特に日本のアイドルとか出ている様なものは全く見る気がしませんでした。
韓国ドラマも同じ様に括りがちで本作も最初テレビで放映していたのをちらっと見て「のだめ」のパターンかと勝手にくくっていたのですが数分もし
...続きを読む ›
1 コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す