この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベートーベン・ウィルス~愛と情熱のシンフォニー~ DVD BOX I

5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 15,000より 中古品の出品:10¥ 568より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。



登録情報

  • 出演: キム・ミョンミン, チャン・グンソク, イ・ジア
  • 形式: Color, Dolby, Dubbed, Subtitled
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • ディスク枚数: 4
  • 販売元: アミューズソフトエンタテインメント
  • 発売日 2009/09/02
  • 時間: 630 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 20件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0029DRMGG
  • JAN: 4527427644045
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 67,423位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介


韓国で社会現象化した
史上初の音楽ラブドラマ、ついに上陸


☆韓国2008年秋のドラマ視聴率1位!
☆クラッシックの名曲がオンパレードで登場!
☆韓国国内ではカン・マエシンドロームといわれるような盛り上がり!
☆町ではバイオリンが売り切れ、ドラマの枠を超えてブームに!
☆オーケストラを舞台に、目の離せない切ないラブドラマも展開!

【ストーリー】
それぞれの音楽の夢を機軸に揺れ動く、恋の衝動。愛か音楽か?友情か恋か?
音楽の夢と恋。揺れ動く心の葛藤をさわやかに描いたこの夏最高の“音楽ラブストーリー”。

市役所文化芸術課に勤めるルミ(イ・ジア)は、とりあえず作った自分の企画書が採用され、プロジェクト・オーケストラを運営することになる。
ところが運営資金をプロデューサーに横領されてしまい、団員を一般公募にすることに。必死に集めたものの、メンバーは、停職中の警察官カン・ゴヌ(チャン・グンソク)などプロとはかけ離れた人材ばかり。
そんな楽団に指揮者としてルミが招聘したのは、オーケストラ・キラーと悪名高い世界的マエストロ、カン・マエ(キム・ミョンミン)。果たして楽団の運命は!?全18話。

【特典映像】
●2008年12月17日開催のファンミーティング映像

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

落ちこぼれオーケストラの奮闘を、涙と笑い、愛と感動を交えて描いた韓国TVシリーズのBOX第1弾。プロジェクトオーケストラの運営を任されることになった公務員のルミ。ところが、公演プロデューサーの横領が発覚し…。第1話から第8話を収録。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
 韓国ドラマは長いしくどいし、ちょっとなぁ〜…と思いながら、タイトルに惹かれて軽い気持ちで観始めたら、完全にどっぷり漬かってしまいました。単なる音楽Lovestoryというより、音楽を愛する人たちの様々な人生ドラマといった方がいいかもしれません。 
 本場韓国でも、30代女性の視聴者層が一番多かったようですし、30代以上の男性も結構見ていたようです。良質の文学作品のように、見る世代によって、感じる印象が違ってくる凄いドラマだと思います。

 主人公カンマエを演じるキム・ミョンミンさんは、このドラマによって、今韓国で最も人気のある俳優さんになったそうです。 実際にクラシックコンサートにも年に何回か足を運びますが、自称映画ドラマヲタクの私が知る限り、指揮者の役をあれ程上手に演じられる役者さんはいないと思います。 ご自身がピアノをやっていた事や義兄が本物の指揮者なのも一因でしょうが、とにかく役作りが素晴らしい! 完全にキム・ミョンミンさんのファンになってしまいました。うちの小学生の息子もカンマエが大好きになり、ピアノの練習を真面目にするようになったほど!

 脚本もすばらしいです。登場人物が立体的に描かれていて、素直に感情移入できます。クラシックに興味のない人にも分かり易く、分かる人にはより深く感動できるようになっています。台詞もジョーク
...続きを読む ›
コメント 80人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/1/13
オリジナルは韓国MBC系で2008年9月10日から11月13日までリリース。日本ではテレビ東京系で2009年4月6日から6月9日まで放映された。『大王四神記』のヒロインを演じたイ・ジアが出演しているので観てみたのだが、完全にキム・ミョンミンの『カン・マエ』にやられてしまった・・・最近の韓流で最も好きな作品である。

同じクラシックを扱った日本の『のだめ・・』と似た作品なのかと思ったのだが、『のだめ』のようなコメディ的な要素は少なく、脚本のすばらしさとカン・マエの発する一言一言にびっくり。その上楽団の練習場にはカルロス・クライバーの写真が大きく飾られ、カン・マエのモデルは絶対にあの『チェリ』に違いないと思っていたら、その通りチェリビダッケの話まで飛び出してきて、薄っぺらなクラシック好きが書いたのではないストーリーに感心してしまった。

日本で同じ作品を作ったら写真はカラヤンとかベームとかになって凄くつまらない話になってしまうのだと思う。それをチェリビダッケで作ったところが只者ではない。韓流スタッフの底力を感じる大傑作だ。
コメント 61人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
この作品はタイトル的にあまり興味が無かったんですが、イジアが主演だった為、たまたま無職中だったこともあり毎週放送されているものを見ていました。
見出したら面白く、母、姉もすっかりはまってしまい、すっかりカンマエの虜になりました笑。
テレビでは40〜20%近くカットされていて、展開が急に変わっていたりと納得のいく編集では無かったのでこのDVDは本当に楽しみです☆
コメント 42人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
学生時代に少し音楽をやってただけで、クラシックに詳しくない私でも楽しめました! チャン・グンソク目当てでレンタルしましたが、キム・ミョンミンに どっぷりはまり最終話見終わって結局DVD購入しちゃいました。 イ・ジアも初めて見ましたが笑顔がすごくかわいいし、演技も上手い! 久々に「心が震える」ドラマだなあと思いました。 すったもんだの末の第九、歌謡曲の演奏‥好きなシーンが沢山あります。 賛否両論のラストシーンも、私は逆にやっつけ仕事じゃない感じで むしろこれ以上の終わりはないのでは?と思います。 BOX2のNGシーンは2回同じのが使われてたりして少し微妙ですが、 楽しそうな撮影現場が見られてより愛着がわきました。 カンマエ役のキム・ミョンミンにはまった方には「花よりも美しく」、 「不良家族」もオススメです!カンマエとは違う生き物だと思うほどのキム・ミョンミンが見られますよ。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
個人的にクラシックやオーケストラ、楽器演奏には興味が無いので、私にとっては楽しいというドラマではありませんでした。

ただ、主人公の話の筋よりも、脇に動くストーリーもいいです。
いろんな人生が交錯していて、自分が無意味に失っていく時間みたいなものをなんだか考えさせられました。
家庭の中で、姑につかえ献身的に看病をしたであろう主婦が、毎日ただひたすらに家事をすることから一転してオーケストラに入って懸命になること。 また、オーボエ吹きの老人が進行中の痴呆に、正気を失うたびに絶えかねて「死んでしまおう」「いや、まだ吹いていたい」と黙って苦しみ悩む人生の終盤のドラマと、この老人とフルート吹きの赤の他人の女高生の献身。
身内がほうけた老人に靴下をはかせようとすると、この高校生が、「ハラボジは毛糸の靴下がくすぐったいってむずがるんだ」とお気に入りの靴下を履かせなおしたりします。些細なことの好みまで知っていて尽くすことの見事さが響きます。
痴呆専門施設に向かうバスに「ハラボジ!ハラボジ!」と必死に探す女高生に涙が止まりませんでした。
人の「情」を描かせたら、もうさすがは韓国ドラマという感じです、胸に沁みます。
老人が正気のときに女高生に書いておいた手紙に、死んでしまおうと思ったが、人は自ら死んではならないというようなメッセージが朗読されて、ものすごい重みがあって、ひどく心に残ります。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す