ベン・フォールズ・ファイヴ がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですので、ケースに擦れなどの使用感がある場合がございます。丁寧な梱包にて迅速に発送いたします。 494041
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベン・フォールズ・ファイヴ

5つ星のうち 4.9 18件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 4,500 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Kinki Audio since 1968が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の Ben Folds Five ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベン・フォールズ・ファイヴ
  • +
  • Whatever and Ever Amen
  • +
  • Sound Of The Life Of The
総額: ¥9,003
ポイントの合計: 293pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (1995/12/13)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 49 分
  • ASIN: B000006ZQA
  • EAN: 4988006715035
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 18件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 81,223位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. ジャクソン カナリー
  2. フィロソフィー
  3. ジュリアンヌ
  4. ホエア・イズ・サマー・B?
  5. アリス チャイルドレス
  6. アンダーグラウンド
  7. スポーツ&ワイン
  8. アンクル・ウォルター
  9. ベスト・イミテーション・オブ・マイセルフ
  10. ヴィデオ
  11. ザ ラスト ポルカ
  12. ボクシング
  13. トム・アンド・マリー

商品の説明

Amazonレビュー

   ギタリストのいないトリオ、ベン・フォールズ・ファイヴのピアニスト、ベン・フォールズは、まるで最高のギターヒーローのようだ。彼は、名人芸ともいえる権威あるスタイルで、このタイトなアンサンブルに力を与え指揮する。ノースカロライナ州チャペルヒルを本拠地とするフォールズは、あらゆるところからアイデアを得ると同時に、新しいインスピレーションと洞察力で、ピアノの可能性を引き出している。彼はいわば、小型グランドピアノをプレイするジミ・ヘンドリクスだ。熱狂的に鍵盤を打つプレイは、ホンキートンクからジェリー・リー・ルイスのラグにかけてのオールドスタイルをしのぐ。

   またフォールズはトッド・ラングレンやスクィーズのジュールズ・ホーランドなど、クラシップポップを愛するオルタナティブなキーボード奏者を思わせるが、そうした激しい演奏を聴かせながらも、エルトン・ジョンやビリー・ジョエルといった巨大スターさえ凌駕してみせるのだ。

   このようになんでもうまくこなしてしまうピアニストとしてのフォールズをいっそう完璧にしているのは、ソツなく甘いポップの名品を書くソングライターとしてのフォールズと、それをクリアでダイナミックなテナーで器用に歌うシンガーとしてのフォールズだ。

   たとえば「Philosophy」はジョエル風のイントロではじまったかと思うとラングレン風のコーラスに流れ――しかもベースのロバート・スレッジとドラムのダレン・ジェシーのビートルズ風ハーモニーつきだ――、ガーシュウィンを引用した加熱したソロがはじまってクライマックスを迎える。「Underground」は芝居がかった演奏でサージェント・ペパーズを思い出させておいて、オルタナティブ・ロックを祝福するソウル=ゴスペルのグルーヴに突入する。「Uncle Water」はレイ・デイヴィスが書きたがったであろうキャラクター・スケッチであり、「Boxing」はトム・ウェイツが書いてもおかしくなさそうなモハメッド・アリとハワード・コセルの架空の会話だ。

   ベン・フォールズ・ファイヴはデビューにして、名盤をつくってしまった。それは永遠の夏のレコードというものが例外なくそうであるように、一年中、明るい気持ちにしてくれる。(Roni Sarig, Amazon.co.uk)

メディア掲載レビューほか

ノース・カロライナ出身のピアニスト、ベン・フォールズを中心とした3人組のデビュー・アルバム。全13曲収録。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
初めて聴いたのはずいぶんと前の話なのですが、レビューを書かせていただきます。

このアルバムを聴いてからと言うものの、たくさんの音楽を進んで聴くようになりました。
なぜかというと、これを超えるものを探したくなったからです。

僕の生活にとって音楽はさほど大きなものではありませんでした。
この作品を聴くまでは。
たぶんこのアルバムがなければ、今のように音楽にのめり込むことがなかったかもしれません。

そのくらい僕にとっては衝撃的でした。

そして、これを初めて聴いたときの衝撃を超える作品にまだ出会えていません。
良いと思える音楽は他にもたくさんあります。

だけど、これを聴いたときの
“身体に電気が走ったような感覚”、“最後まで高揚感がおさまらないような感覚”
はこのアルバムでしか味わえていません。

10年以上前の作品ですが、色あせていない作品だと思います。
こういうシンプルな音は、たぶんずっと色あせないでしょう。
まだ聴いたことのない方は、ぜひ聴いてみて下さい。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ジャズとロックの両方のかっこよさ、美しさを融合したような音楽を奏でる人たちです。
とっても聞き心地がいいんですよ。
なんと表現したら良いのかわかりませんが、頭の良い感じがする音楽です(笑)
ベン・フォールズ・ファイブを初めて聞くという人は,このアルバムがいいのではないかなと思います。
おすすめです。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
世の中には奇妙なことをやる人がいるものです。
ピアノでロック?そんなのあり?彼等に出会うまでそんな風に思ってました。彼等との素敵な出会いは友達から大量に借りたロックアーティストのレコードの中に紛れこんでいた。
一曲目のジャクソンカナリーで、「何だ?これ?」それがファストインプレッション、そして二曲めのフィロソフィのイントロでは既にベンフォールズのピアノにすっかり乗せられてしまい、気がついたら毎日聴いてました。ピアノは無限の選択肢をもつ音色楽器だけれど、打楽器だったんだって思い出させてくれる、そんなリズムセンス抜群のノリノリのピアノ、そしてそのピアノが歌う、ベースが歌う、ドラムが歌う、そんな彼等のステージは相当魅せるという話でしたが、残念ながら僕は生の彼等の演奏を聴く事は出来なかった。解散は残念だけど、きっとこれからもベンフォールズは素敵な作品を届けてくれるさ、そう信じてまたこの愛聴盤を聴き直すのです。最高に楽しくて、ちょっぴりセツナイ、そんな彼等のデビューアルバムです。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ピアノ弾きゆえにピアノの音色が強い曲が好きなのですが、
このアーティスト(以下BF5)はその私の心を掴んで離しませんでした。
まず「ジャクソン・カナリー」のイントロのピアノで「オオッ!」と思い、
2曲目の「フィロソフィー」では完全にやられました。
単純だけれど味のあるリズム隊(ベース、ドラム)に絡む美しい旋律。
最後まで「ハズレ」曲のないこのアルバムは私の宝物です。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 -chocco- 投稿日 2004/8/24
形式: CD
久しぶりに引っ張り出して聞いてみましたが、今聞いても新しい感じがします。やっぱりBF5はサイコーですね。
一曲目の出だしから最後の最後まで決して中弛みすることなく、力強く流れるようなピアノに重なる繊細なBenの歌声。ドラムとベースが絶妙です。
聞き終わった後の爽快感は他のアルバムでは味わえないですよ。必聴の一枚です!
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
ピアノはもちろんJazzyな感じの曲が好きな方には絶対おススメします。
ノリノリの曲あり、スローな曲ありで聴いていて飽きません。
ピアノの腕前はすごいです。何回も繰り返し聴けるおススメの一枚です。BGMにもいいと思います。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
僕は元々HR/HM畑のリスナーで、大学でジャズに出会って、ピアノトリオを結成した。僕は音痴で楽器なんて触ったこともないが、小学校のマーチングで小太鼓はやったからね。無理やり好きだから始めた。そこのピアノ担当が、ベン・フォールズを進めてくれたがそのときは、もっとハードなロックか、もっとお洒落なジャズにはまっていたからね。ビル・エヴァンスかソニー・クラークみたいなジャズ・ピアノトリオがやりたいとか言い張って、そのバンドは半年で自然消滅。そこから本作は聴いてなかったよ。久々に引っ張り出して、「こんな良かったのか!」と。あのときこんな感じのバンドが組めてたらよかったなあと(演奏出来る出来ないは別にしてね)。ギターレスのピアノトリオというと、HR/プログレ畑では、E.L.Pとかが思い浮かぶが、全く違う感じ。エルトン・ジョン?少し近いが、もっと小粋でひとひねりある感じ。今の僕のフェイバリットミュージシャン、故エリオット・スミスのピアノソングをもっと陽性にした感じかな。1曲目のシリアスな出だしからグイグイ引き込まれるし、2の切ないピアノイントロからバンドが入ってくる一瞬もたまらない。3、4の歪みを生かしたサウンドは90年代半ばのオルタナミュージシャンらしいハードさを持つ。リズムが核の7、11のドラムプレイと歌、ピアノ...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック