ベン・ハー 製作50周年記念 アルティメット・コレ... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 9,716
10pt
通常配送無料 詳細
発売元: 【2000円以上で全国通常配送無料】★am store★
カートに入れる
¥ 9,716
10pt
通常配送無料 詳細
発売元: オンラインレコード兵庫店 年中無休24時間営業中
カートに入れる
¥ 9,720
10pt
通常配送無料 詳細
発売元: ドットコム家電&ホビー
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベン・ハー 製作50周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]

5つ星のうち 4.7 178件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 9,340 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、Charlie Web  在庫確実 品切れの心配はありませんが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 8,990より 中古品の出品:4¥ 3,269より

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオベン・ハー (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 【今年の初ブルーレイ化作品】 - 「初ブルーレイ化タイトル2枚で3,090円」などのお得なセール情報や、新作初ブルーレイ商品情報など

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ベン・ハー 製作50周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション(3枚組)【初回限定生産】 [Blu-ray]
  • +
  • 十戒 [Blu-ray]
  • +
  • 天地創造 [Blu-ray]
総額: ¥11,339
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: チャールトン・ヘストン, スティーヴン・ボイド, ジャック・ホーキンス, ラモン・ノヴァロ, フランシス・X・ブッシュマン
  • 監督: ウィリアム・ワイラー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語, 英語
  • リージョンコード: リージョンフリー(全世界共通)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 3
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2011/11/02
  • 時間: 223 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 178件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B005CLCU0K
  • EAN: 4988135870292
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 78,069位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

内容紹介


『ベン・ハー』製作50周年記念!
全編にわたり丁寧に修復・復元されたウィリアム・ワイラー監督による忘れ難き叙事詩的スペクタクルが待望の初ブルーレイ化!
初収録映像や豪華特典を収録したアルティメット・コレクターズ・エディションで登場

『ベン・ハー』―ウィリアム・ワイラー監督による忘れ難き叙事詩的スペクタクル。チャールトン・ヘストン主演、1959年にアカデミー賞(c)で作品賞、主演男優賞、監督賞ほか、計11部門受賞と、最多受賞で記録を塗り替えた。同作品は「ベン・ハー 製作50 周年記念 アルティメット・コレクターズ・エディション」として初ブルーレイ化。11月2日、ワーナー・ホーム・ビデオより発売予定。

本作を伝説たらしめたそのスケール感は後世のフィルム・メーカー達のインスピレーションとなった。「50年もたつのに、フィルム・メーカーや専門家たちはあの映画に畏敬の念を抱いている」と、「ベン・ハー」のドキュメンタリーを作ったゲイリー・レヴァは言う。
リドリー・スコット、アーネスト・ディカーソンなどの監督達がワイラーの作品に影響され、後に見習ったという。技術が発達した今日でも、どのようにして撮ったのか、未だに解明できないシーンもあるそうだ。『グラディエーター』を監督したリドリー・スコットは、(グラディエーターの)撮影に使ったアリーナは、それでも『ベン・ハー』のあの有名なチャリオット・レースのシーンで使ったものの6分の1のサイズにすぎなかったという。巨大な楕円形のアリーナには素晴らしい建築や彫刻が施され、制作に1年もかかった。

今回のリリースにあたり、『ベン・ハー』はレストレーション(修復・復元)されており、その費用は100万ドル。もともとは65mmのフィルムだが、これをフレームごとに8Kでスキャンしている。ワーナー・ブラザース・スタジオによる最も解像度の高いレストレーションとなる。

「このレストレーションには何年もかけている。当初は50周年の年となる2009年にリリースしようとしていたのだが、細部にわたる作業は予定よりも時間がかかった。一番の目的は、可能な限り上質なものをお届けすることだった。最終的には上手くいったと思う」と、ワーナー・ホーム・ビデオのエグゼクティブ・バイス・プレジデント(シアトリカル・カタログ部門、ジェネラル・マネージャー)、ジェフ・ベイカーが言う。

『ベン・ハー』はここ1年間保留となっていたが、ようやくリリースする運びとなった。アルティメット・コレクターズ・エディションには6時間強の特典があり、撮影中にチャールトン・ヘストンが綴った日記のレプリカや、フォトブックレットなどが入っている。

「イタリアでの撮影中に撮られたヘストン家のホームムービーも新たに発見されており、撮影の舞台裏が見られる。レストレーションが目玉でなくなってしまうくらいだ。この類では現存する唯一の映像とされており、歴史的な発見だ。ローラン・ブーゼローとチャールトン・ヘストンの息子、フレイザーがこの映像をドキュメンタリーに取り入れてくれているが、この上なく嬉しいね。このドキュメンタリーはこのセットにしか入っていないのです」

また、ファンならきっと「撮影前、撮影中、そして撮影後に何を考え、何を感じていたかが分かる」というヘストンの日記に夢中になるはず、という。

「日記はオリジナルのレプリカだ」と、ベイカー。「ヘストンの言葉を綺麗な白紙に移し替えたわけではない。色あせた紙や書き間違えもそのままオリジナルを再現したものである。できる限り本物感を保ちたかった。記念となるコレクター品です。俳優の日記を商品に入れ、プライベートを堪能させてくれるブルーレイは、これが初めてだ。しかも、ヘストンは伝説のオスカー(c)俳優だ」

ベイカーの在任中、ワーナーは多数のクラシック作品のアルティメット・コレクターズ・エディションを制作してきているが、彼はこう言う:「今回のパッケージは、美的にも、歴史的コンテンツがたくさん入っている点でも、オリジナリティの面においても、ワーナーのみならず、他のスタジオにとっても新たなゴールドスタンダードになるでしょう。劇場で初めて見た『ベン・ハー』は誰もが語る思い出である。そして50年経った今、ブルーレイで、HDリストレーションされた最高品質の『ベン・ハー』が観られる。ホリデイプレゼントには持ってこいだ」

初期段階で試写に参加したフレイザー・ヘストンはベイカーに一筆書いた:「こんな素晴らしいレストレーションを見るのは初めてです。人生を変えるような素晴らしい体験でした。まるでワイラー監督と一緒に観る初号試写のようだが、それよりも素晴らしい。

映像は鮮明でシャープだが、他のHDバージョンに見られるようなギザついた感じはない。ピクセルではなくフィルムの感触が伝わってくる。色は鮮やかだが、抑えるところは抑えており、やりすぎた感じはない。特に黒味が素晴らしかった。サウンドトラックも、ダイアログが綺麗に拾われており、スコアも豊かな音色で、効果音もクリア。それだけでも聞き応えがありました。早く友人や家族に見せたいです」


【映像特典】
DISC1:
・予告編集
 - 1959年 ロウズ・シアター特報(1分)
 - 1959年 オリジナル劇場予告編(3分)
 - 1961年 ジェネラル・アクション予告編1(3分)
 - 1961年 ジェネラル・アクション予告編2(3分)
 - 1969年 70MM リバイバル予告編(4分)

DISC3:
・ 「ベン・ハー」1925年版(143分)
・ ビハインド・ストーリー
 - チャールトン・ヘストン 家族のメモワール(60分)
 - ベン・ハー:映画史を変えた伝説(58分)
 - ベン・ハー:メイキング(58分)
 - ベン・ハー:映画を旅する(5分)

・ 未公開シーン集
 - スクリーン・テスト集
   レスリー・ニールセンとチャザーレ・ダノーバ(7分)
   レスリー・ニールセンとイエール・ウェクスラー(音声なし)(12分)
   ジョージ・ベイカーとウィリアム・ラッセル(6分)
   ハイヤ・ハラリート(音声なし)(5分)

 - ニュース映画集
   映画の歴史を作る(1分)
   ベン・ハー ブロードウェイへ(2分)
   西海岸の歓迎(1分)
   VIP オープニング(1分)
   ベン・ハー 日本へ(1分)
   オスカーに好かれたベン・ハー(3分)

 - 1960年アカデミー授賞式 ハイライト(14分)

【音声特典】
DISC1:
・ 映画歴史家T・ジーン・ハッチャーとチャールトン・ヘストンによる音声解説
・ ミュージック・サウンドトラック

DISC2:
・ 映画歴史家T・ジーン・ハッチャーとチャールトン・ヘストンによる音声解説
・ ミュージック・サウンドトラック

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『ベン・ハー』のアカデミー賞史上最多11部門受賞を果たした59年版と、25年製作のサイレント映画(本編)を収録した製作50周年記念アルティメット・コレクターズ・エディション。当時の貴重な映像を収録した3枚組。ブックレット封入。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 Kindleユーザー VINE メンバー 投稿日 2008/1/3
形式: DVD
中学生のころNHKでやったのを録画して,大晦日には毎年見ていた.戦車戦を主にメッサラとの出会い,ガレー船など男らしいところばかり覚えていた.

それから20年余りたち,この一年”ローマ人の物語”やドストエフスキーを読んで,キリスト教のヨーロッパに与えた影響について強い興味を持つようになった.そしてこのたび聖書を読んで,ますます勉強する気になっていたところ,この名作映画が1575円になっていた,即購入.

昔を思い出し正月に鑑賞,しかし昔の記憶と違って,最初からイエスのことばっかり描いている,こんなにイエス出てきたっけ?,副題どおり基本的にイエスの人生を描いた映画だった.大人になって,キリスト教の勉強をしてから見ると,子供のころの記憶にあるスペクタクル映画とはまったく異なった新しい楽しみ方が出来た.

やはりCGは画面を安くすることを再確認,背景のマットペインティングは古典の油絵を思わせ,むしろ前景の力強い俳優たちを伝説の時代につれていっているようなすばらしい効果をみせる.

一部のすきもない最高傑作,星五つ以外あるまい.
1 コメント 84人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
今回の4枚組の再発売では、ワーナーは大掛かりな70mmネガの修復を行っています。北米版を観たところ、キズ、褐色はほぼ皆無。本編も前半,後半とそれぞれ1枚づつ(計2枚)に収録され,画質も、前回の3層収録から2枚組4層に変わり、ビットレートも高め。全バージョンからのグレードアップは歴然としています。この作品は70mm(縦,横比率 1:2.20)をアナモフォニックレンズでさらに左右を拡大したスーパーパナヴィジョン(1:2.56)作品で、画角がいわゆるシネスコサイズ(1:2.25)よりも広く、前回のバージョンでは左右がかけていると批評されていましたが、今回はそこも訂正。結果、4:3モニターでは少し観づらいかもしれませんが、16:9のモニターでは本来の形にほぼ近い形で見れます。50インチのモニターで観ましたが、壮観です。

付属の特典ディスクの他の2枚は、名作のサイレント版(これ貴重!これだけでも必見です)と、新たに作られた40分程のドキュメンタリー、ニュースリール他、今は無きLowesState大劇場のティーザー、そして予告編の傑作中の傑作とも言える70mm再公開版トレーラーなどを収録した映像集。そしておそらく、多くの年配の日本の映画ファンの方々にとって感涙ものは,銀座の伝説の劇場,テアトル東京でのトーキョーロイヤルプレミアのニュースリールでしょう。若き日の陛下,ヘスト
...続きを読む ›
2 コメント 100人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
1959年公開。 ウィリアム・ワイラー監督作品。

ルー・ウォーレスによる小説『ベン・ハー』の3度目の映画化作品。同年アカデミー賞
で作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞をはじめ11部門のオスカーを受賞。

いつかは観たいと長年思いつつ、その長さ(3時間半くらい)と歴史スペクタルな
ところに躊躇していた。 

勇気を出して観てみたら、娯楽大作で最後まで退屈せずに楽しめた。 主人公
ジュダ=ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)の数奇な運命や幼馴染との愛憎
まみれる関係、そして有名な二輪戦車競走シーンの迫力! このシーンは
「ジョジョの奇妙な冒険」の第2部で引用してた(多分)。

キリストが物語に少し絡んできたりもするのだが、最後まで顔を映さないところが
また良かった。 この作品は「赦し」がテーマなんだと思う。 キリスト教の教え
ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
映像共に画質が向上したことは凄いですが…磯部勉さんの吹き替えでヘストンのイメージががらっと変わっています。吹き替えはオマケ程度という扱いなのは少し疑問です。

声優 若本規夫さんがパーソナリティを務めているラジオ番組 『癒されBar若本』 にて、納谷悟朗さんがゲストとして出演した際に、

吹き替え作品の中でどの作品が一番好きだったかというリスナーからの質問に納谷悟朗氏本人が

『ヘストンの吹き替えの中でベン・ハー、十戒が生涯の中で思い入れが深かった』と語っておられてました。

若本さんも傭兵のエキストラ役で吹き替え出演されてたらしいですが、

収録時の頃のことを振り返って若本氏も納谷氏も

『今の時代だとあれほどのレベルの高い吹き替えが出来る人はまず誰もいないだろう』と口を揃えて言うほど相当レベルの高いものだったということが伺えます。

たとえテレビ放送でカットされた尺があって不完全なものだとしても、これは納谷悟朗さんの吹き替えを入れるべきだと思えます。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック