ベン・ハー 特別版 [DVD] がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベン・ハー 特別版 [DVD]

5つ星のうち 4.7 181件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 3,800 通常配送無料 詳細
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、あんじゅマート【年中無休】商品コメントを必ずご確認ください●が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Instant Video

今すぐプライム・ビデオベン・ハー (字幕版)¥ 0で観る

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。


  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ベン・ハー 特別版 [DVD]
  • +
  • 十戒 スペシャル・コレクターズ・エディション [DVD]
  • +
  • 天地創造 [DVD]
総額: ¥5,652
選択された商品をまとめて購入


登録情報

  • 出演: チャールトン・ヘストン, スティーブン・ボイド, ジャック・ホーキンス
  • 監督: ウィリアム・ワイラー
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: ワーナー・ホーム・ビデオ
  • 発売日 2004/02/28
  • 時間: 212 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 181件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0001DQWCG
  • JAN: 4988135545367
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 126,125位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

商品の説明

ベン・ハー 特別版 [DVD] [DVD] [2004]

Amazonレビュー

   時はローマ帝国時代。エルサレム地区の名家に生まれたベン・ハーは、親友メッサラに裏切られ、反逆罪で奴隷となってしまう。やがて彼はローマで開かれた戦車競技大会に出場し、メッサラと宿命の対決を迎える。
   巨匠ウィリアム・ワイラー監督が、6年半の製作期間と当時での54億円という巨費を投じて完成させた、堂々3時間半強のスペクタクル史劇超大作。アカデミー賞作品賞など、11部門受賞の快挙をも達成した名作でもある。クライマックスの戦車競技のスペクタクルの壮絶さ。そしてキリスト処刑の奇跡までも描ききり、単なる娯楽アクション作品に終わらない、神の領域に近づくヒューマニズムを具現化したのもすばらしい。(的田也寸志)

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD Amazonで購入
 初めてみたのは高校生の時だった。特にキリスト教に興味があったわけでもなく偶然見ただけで、イエスが水を飲ませてくれるシーンで凄い威厳を感じた、ガレー船での太鼓の音、戦車競技の馬4頭の迫力あるレース、そして死の谷での母と娘のシーンが印象に残った。それと、長編大作で休憩時間があることも驚いた。
 それから40年、神を避難し人間を信用できない世捨て人のような無神論者になっていた。でも、ある日ある時ある転機が訪れた。(詳細略)教会に通い始め洗礼に導かれた。洗礼準備会でこの原作者ルー・ウォレスも無神論者だったと聞いて驚いた。その話がネット上にもあるので最後に引用して掲載しておく。
 そして、クリスチャンになって再びこの『ベン・ハー』を観た。2枚組でお手頃価格で驚いた。2枚目は休憩時間から始まる、ぁ〜なつかしい。40年前の感動が蘇ってきた。CGではない本物のセットにエキストラ、やはり迫りくる迫力が違う。俳優の演技も素晴らしい。まさに、名作だ。原作者のエピソードを知って観るとなお奥深く楽しめると思う。

 以下、『キリストを否定する本を書こうとしたが』https://goo.gl/miiVuTより引用
" ベン・ハーの著者ルー・ウォレス
 アメリカのニュー・メキシコ州の知事であったルー・ウォレスは、聖書に反対する本を書こうとしま
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray Amazonで購入
幼稚園はカトリック系で毎朝イエス様に
お祈りしていた身からすると、大筋では
宗教映画かと。一度は観て貰いたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tm 投稿日 2017/4/24
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
何度みても、またまた、たまーに見たくなってしまう、、感動です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 大助 投稿日 2012/12/30
形式: DVD Amazonで購入
チャールストンの若いのに吃驚した。
最後の競争のシーンもスタントを使わないで自分でやりこなしたという。
危険をこなした俳優魂、この映画への意気込みを感じた。
 また、ベン・ハーという映画、実はキリストの映画であったのだ。。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
1959年公開。 ウィリアム・ワイラー監督作品。

ルー・ウォーレスによる小説『ベン・ハー』の3度目の映画化作品。同年アカデミー賞
で作品賞・監督賞・主演男優賞・助演男優賞をはじめ11部門のオスカーを受賞。

いつかは観たいと長年思いつつ、その長さ(3時間半くらい)と歴史スペクタルな
ところに躊躇していた。 

勇気を出して観てみたら、娯楽大作で最後まで退屈せずに楽しめた。 主人公
ジュダ=ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)の数奇な運命や幼馴染との愛憎
まみれる関係、そして有名な二輪戦車競走シーンの迫力! このシーンは
「ジョジョの奇妙な冒険」の第2部で引用してた(多分)。

キリストが物語に少し絡んできたりもするのだが、最後まで顔を映さないところが
また良かった。 この作品は「赦し」がテーマなんだと思う。 キリスト教の教え
ですね。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
主人公は、ジュダ=ベン・ハー(チャールトン・ヘストン)だが、原作小説1880年も、映画原題もキリスト物語が付く( Ben-Hur: A Tale of the Christ )。ユダヤ社会で生まれたナザレのイエス、一方のジュダ=ベン・ハーも同じであり、ほぼ同年齢、同世代と思われる。イエスを直接描くのではなく、同時代に生きたベン・ハーを通して、イエスの物語を描く。

ローマ帝国とユダヤ、アラブ社会との対立、相克が強まる。ユダヤ人ベン・ハーも、幼なじみのローマ人メッサラと意見が対立し憎み合う仲になってしまい、事態は悪化の一途をたどる。映画では何故イエスが磔刑に処せられたかは触れられていないが、イエスがローマとユダヤの対立を超え、対立を無効化させる教えを広めたことをローマが気に入らなかったためであろう。イエスに判決を言い渡したピラト提督は、二輪戦車競走も取り仕切った。序奏、間奏がつく超大作。ウィリアム・ワイラー監督は、映画で人間の情動を表現する卓越した監督である。一途なベン・ハーを演じたチャールトン・ヘストンはまさに適役。ベン・ハーが、癩病にかかった母親と妹に再会するシーンは涙なしには視ることができない。

ユダヤ教に関しては、ダビデの星は知っていたが、ベン・ハーが居宅に入る度に触る物は何か知らなかった。メズーザーと呼ばれる物で、手を当てて祈る物
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー