通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ベン・シャーンを追いかけて がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 綺麗な状態です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベン・シャーンを追いかけて 単行本 – 2014/10/30

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 2,286

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベン・シャーンを追いかけて
  • +
  • ここが家だ―ベン・シャーンの第五福竜丸
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 82pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

和田誠、粟津潔、安西水丸、石田徹也など、多くのアーティストがリスペクトする画家ベン・シャーン(1898-1969)。彼が生きた場所をひとつひとつ訪ね、関係者への取材もおこないながら、20世紀の激動を描きつづけた芸術家の実像に迫る。図版多数。

内容(「BOOK」データベースより)

1898年に生まれ、1969年に亡くなったベン・シャーン。激動の二〇世紀を疾走したこの画家は、絵画だけでなく、壁画、写真、レコードジャケット、ポスター、舞台芸術で大きな業績を残し、さまざまな社会問題も描いた。『W・P・A・サンデー』『幼かりし日の自画像』『解放』『寓意』『ラッキードラゴン』『美しきものすべて』…。これらの作品に、わたしたちは物語を呼び起こされ、そして自分の人生を重ね合わせる。ベン・シャーンの絵は、なぜわたしたちをひきつけてやまないのか。その答えを探しに、ゆかりの地を訪ね歩いた。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 303ページ
  • 出版社: 大月書店 (2014/10/30)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4272612301
  • ISBN-13: 978-4272612307
  • 発売日: 2014/10/30
  • 商品パッケージの寸法: 19.2 x 13.6 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 521,952位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
画家としても写真家としても商業的なイラストレーターとしても活躍し、現代の画家にも影響を与えている主人公の足跡を追い、ゆかりの土地を旅した記録。リトアニア、イタリア、フランス、アメリカ、韓国、そこでゆかりの人々と出会い、多くの証言を得て、主人公の人柄を浮き彫りにした。ユダヤ人として、アメリカにわたり、成人を迎えるのだが、みな生活は苦しく、学費の安い大学をさがし何度も天学した。石版画の技術を習得した。
写真家として、壁画家として働くうち、社会的な問題を取り扱うようになる。妥協したり、方向転換することが好きではなかったのだ。幼少時ユダヤ教の先生に神は誰が作ったかと質問したら、帰ってきたのはゲンコツだった。神が全て正しいと限らないと確信したのである。国に取り好ましくない芸術家だとか、社会への関心は結局お涙頂戴だという批判もあったが、妥協はしなかった。(原爆スパイ)を扱った作品、第五福竜丸を扱った作品は後日、世界に大きな影響を残すものとなった。作者もテレビ番組関係者でで福竜丸のことに関心深く、母親も被爆者であることから、シャーンに強い共感をもったのである。しかも、作者の生家の近くの原爆で複雑に曲がり絡んだ鉄骨をシャーンも画にしていたことを発見し感激した。写真が豊富、多くの芸術家とシャーンの関わりがふれられ、本の長さが気にならなかった。呼んで、本当に大きな作家だったのだと気がつく。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ラッキー・ドラゴン(第五福竜丸)と題された連作で知られる20世紀米国を代表する画家、ベン・シャーン(Ben Shahn, 1898-1969)の生涯と作品の背景を追いかけて世界中を駆けまわり、その過程で、アウシュヴィッツをはじめとしたユダヤ人迫害、ドレフュス事件、サッコとヴァンゼッティ事件、9.11、ローゼンバーグ事件、ヒロシマ、光州民衆抗争、フクシマなどにも触れており、さながら、「ダークツーリズム」ルポのような多彩な内容をも持ち合わせているが、まぎれもなく、世界でもっとも内容の濃い「ベン・シャーン」本である。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

関連商品を探す