通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ベルリン 分断された都市 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆クリーニング後、袋詰めしております。◆カバーにスレキズ、微ヨレがありますが、他は使用感あまりなく、きれいな状態です。アマゾン専用在庫です。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベルリン 分断された都市 単行本 – 2013/9/24

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2013/9/24
"もう一度試してください。"
¥ 2,160
¥ 2,160 ¥ 1,569
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベルリン 分断された都市
  • +
  • ベルリンの壁―ドイツ分断の歴史
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 65pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

内容紹介

ドイツ分断のリアル!冷戦による分断を最も顕著に体現した都市、ベルリン市民の日常を5つのエピソードで明かす。
ベルリンの壁は28年間に渡って東西ベルリンを分断し、友達や家族を引き裂いていた。文字だけでは伝わりづらい同時代を生きた人々の生の声と時代の空気を、わかりやすく、リアル伝える、ビジュアル歴史読み物。ドイツでも若い世代に向けた歴史モノとして好評。五つの物語で紹介された場所の足跡を辿る旅もできる。続編として「ゲバラ」「ゾルゲ」「カストロ」など企画中!

内容(「BOOK」データベースより)

冷戦による分断を最も顕著に体現した都市の歴史漫画。ベルリンの壁建設から崩壊までの東ベルリンの実態を5人の実話から明かす。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 95ページ
  • 出版社: 彩流社 (2013/9/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4779119324
  • ISBN-13: 978-4779119323
  • 発売日: 2013/9/24
  • 梱包サイズ: 26 x 18 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 907,308位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 yukkie_cerveza #1殿堂トップ500レビュアー 投稿日 2014/2/28
 ベルリンの壁崩壊20年にあたって設立された「社会主義統一党の独裁を検証するための連邦基金財団」の助成を受けてドイツで出版された歴史漫画です。
 東ドイツ時代に生きた5人の実在の人物の物語を、時代を追って描いています。

 第1話(1961年)はレーギナ・ツィーヴィツが自分に似ている西ベルリン在住の友人の身分証明書を使って西側へ脱出するという、なんとも緊迫感あふれる物語です。大変興味深いのは、1961年8月13日に東西間の行き来が封じられるまで、西ベルリンの学校に通学していた東ベルリンの子どもたちがいたという事実です。レーギナの父親は東側のプロテスタント教会の牧師をしていたため、労働者と農民の国にとっては階級敵対者とみなされ、学校の成績がどんなに良くても彼女は東ベルリンの高校に通えなかったというのです。そうしたレーギナのような子どもを救うために西ベルリン当局が特別な「補習クラス」を用意していたとは知りませんでした。

 第2話(1962年)は西ベルリンの母のもとへ脱出しようとして射殺されるエルンスト・ムントの物語。

 第3話(1965年)では、ハインツ・ホルツアプフェルが自作の道具と空中ケーブルを使い、豪雨の中、決死の脱出行に挑みます。これも読んでいて手に汗握ることしきりでした。

 第4話
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告