この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベルクソンの哲学 (叢書・ウニベルシタス) (日本語) 単行本 – 1974/1/1

5つ星のうち4.3 2個の評価

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本
¥500

ブックマイレージカード
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

ジャン・ラクロワ監修の「哲学入門叢書 Initiation Philosophique」の76冊目として刊行されたLe Bergsonismeの翻訳。ベルクソン哲学の入門書という形式を取っているが、その内容は、西欧の伝統的・代表的哲学者との対決、その徹底的理解を前提として独自の哲学の構築をめざすドゥルーズの、出発点ともいうべきベルクソン解釈で徹底されている。1966年の本書は、ドゥルーズ思想の中核をなす〈差異〉の概念の形成のプロセスを示す文献として、講演「差異について」とともに常に注目されてきた。創造的進化やエラン・ヴィタル、狭い意味でのベルクソン解釈にとどまらず、持続、時間、空間から、(特殊)相対性理論、量子力学に至る物理科学と生命の問題に直截に切り込んでいて、後の SF的(?)ドゥルーズの萌芽がすでにここにある。ベルクソンがラヴェッソンの「哲学者の生涯と著作」を書いたようにドゥルーズはニーチェやヒュームについて生涯&著作を書いているが、この書は、ドゥルーズ自身による問題群によって再構成されたベルクソンの「哲学者の生涯と著作」とも言える、他の哲学者についてのとても明晰な作品である。


登録情報

  • 単行本: 136ページ
  • 出版社: 法政大学出版局 (1974/1/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4588000543
  • ISBN-13: 978-4588000546
  • 発売日: 1974/1/1
  • 梱包サイズ: 19 x 12.4 x 1.6 cm
  • カスタマーレビュー: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 293,720位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち4.3
評価の数 2
星5つ
29%
星4つ
71%
星3つ 0% (0%) 0%
星2つ 0% (0%) 0%
星1つ 0% (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

1件のカスタマーレビュー

2004年4月24日
形式: 単行本
26人のお客様がこれが役に立ったと考えています
コメント 違反を報告