ベビラボ・ブロックラボ ストア

バンダイと日立ハイテクノロジーズ、日立製作所が共同で開発した脳を育む(※)おもちゃ「ベビラボ」「ブロックラボ」

ベビラボ・ブロックラボ よくある質問

Q, ベビラボ、ブロックラボって、そもそもなに?
A, 毎日触れるおもちゃだからこそ、本当に成長のためになるものでなくては。
そんな想いのもと、バンダイは日立製作所とともに、脳科学に基づいてお子さまを研究し、
「脳を育むおもちゃ」としてベビラボ・ブロックラボが誕生しました。

Q, どうして赤ちゃんのときから脳を育んだ方がいいの?(ベビラボ)
A, 0歳児の脳は目覚ましい成長を遂げています。
この脳が目覚ましい成長を遂げる大切な時期に適切な刺激を与えてあげることがとても大切で、
赤ちゃんにとってもっとも身近な刺激である「おもちゃ」選びが重要なのです。

Q, 安全性に問題はありませんか?
A, 約370項目の安全基準、海外の規格を採用。
デリケートな赤ちゃんがさわったり、なめたりした際に危険な材料は使用しないよう、
製品に含まれる物質については食品衛生法などを踏まえ、
厳しい自主基準を設定し検査を実施しています。

光トポグラフィという脳血流を図ることのできる装置を使用して検証

Q, 赤ちゃんってどんなことが分かっているの?
A, まだ、言葉を話せない赤ちゃんが、本当に“分かる”ことを、大学研究機関の協力を得て、図形の見比べや
音の聞き比べによる行動観察や、光トポグラフィを使用した脳活動計測を通じて研究。
こういった研究の結果、遊びながら好奇心を引き出すベビラボのおもちゃが誕生しました。

Q, 検証で明らかになった、はじめてのブロック遊びに適したブロック形状や遊び方って?(ブロックラボ)
A, はじめてブロック遊びをするお子さまにとって、
①直方体よりも立方体(キューブ)のブロックの方が組みやすい形状であること
②模様や形状に特徴のあるブロックの方が、完成形を想像しやすいために作品例を組み立てやすいということ
③成長に合わせてお子さまのブロック遊びは進化していくということ
が分かりました。

同じ2ピースの組み立てでも、アンパンマンの模様の特徴がある作品例は達成率64%なのに対し、
模様の特徴がない作品例は達成率40%という結果が出ました。

ベビラボ・ブロックラボの特徴

1.ベビラボが、目指したのは、赤ちゃん満足度No.1!

まだ言葉を話せない赤ちゃんが、本当に”分かる”ことを、大学研究機関の協力を得て、図形の見比べや音の聞き比べによる行動観察や、光トポグラフィを使用した脳活動計測を通じて研究した結果、遊びながら好奇心を引き出すベビラボのおもちゃが誕生。

2.達成感を実感できるブロック

「ブロックを買っても1年以上のあいだ、上手に遊べなかったという人が70%以上」というアンケート結果をもとに、はじめてブロック遊びをする子どもが「本当に楽しめる、本当に遊べるブロック」とはなにかを徹底研究。

3.ベビラボのおもちゃは全て「遊び方Book」つき

「遊び方Book」では赤ちゃんの脳科学の研究結果をもとに考えられた遊び方や月齢にあわせた遊び方をたくさん掲載しているので、赤ちゃんとの遊び方がまだわからないママ・パパもちゃんと遊ぶことができます。

※BabyLabo(R)は、「好奇心を引き出し、遊びながら感じ、考えること」を脳を育むと考えています。
※BlockLabo(R)は、「達成感を引き出し、遊びながら感じ、考えること」を脳を育むと考えています。