中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ebook21
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 使用感はあまりありません。/ 美品(帯付) / 初版第1刷本 / 濡れ防止包装後発送 【ご不満の場合返金保証】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベネッセが見た教育と学力 単行本 – 2003/12/5

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

劇的に変わる学校教育の現状を教育企業ベネッセが総力を挙げてレポート。マスコミが報じない教育と学力の本当の姿。

内容(「MARC」データベースより)

「進研ゼミ」「進研模試」で知られるベネッセが、総力を上げて取材した教育改革の現場レポート。劇的に変わる学校教育の現状を丁寧に描写・分析し、あなたの子どもの不安と悩みに答えます!


登録情報

  • 単行本: 253ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2003/12/5)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4822243710
  • ISBN-13: 978-4822243715
  • 発売日: 2003/12/5
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 12.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 431,093位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 ゆとり世代の学力向上について調査報告と考察・提案がしっかりとなされている。
要は学力向上にとって親や教師がしっかりとスクラムを組んで,子供を教育して
いくしかないのだ!しかし,総論賛成・・・各論反対でトラぶっている。馬鹿親には
なりたくないし,一部の優秀な教師が肯定されず,ピーマン母親に迎合するピーマン
教師たちがまかり通る教育界は滑稽そのものである。
 優秀な教師諸君!孤高を保て!胸を張って活躍されたい!偏差値75たる者は,
集団のはしくれに他ならないのである。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 教育産業最大手のベネッセが日本の教育問題についてどう取り組んでいるかをアピールし、目指すべき教育のあり方を読者と共に考えようとする一書です。

 民間企業の立場で教育と関わり、公教育を補完することで成長を続けてきたベネッセですが、文部省が1999年に学習指導要領を改訂した(ゆとり教育の推進)を境に、教育をめぐる社会環境が大きく変わってきました。この環境の変化を教育現場で敏感に感じているベネッセ社員たちは、教育とは何か、学力とは何か、ということを真剣に考えながら仕事をしています。
 議論百出のこの問題に正解はありませんが、本書では、お役所とひと味違う、地に足のついた意見が表明されていました。

 たとえば、第1章では高校事業部の営業本部長が登場して、高校の先生が置かれている状況を一緒に悩み、解決の道を模索しようとします。
 いまの高校は、大学と中学の両方からしわ寄せを受け、サンドイッチ状態になっているそうです。つまり、大学からはそれ相応に学力を向上させて送り出すことを求められているのに、中学から受け取る子どもたちは、学習習慣がついていない。おまけに、生活面や部活指導、クラス運営に大忙しで、教科指導に集中していられません。
 それでも、熱心な先生が生徒のことを話していると、本当に嬉しそうな顔をするのだとか。
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
受験期の子育てに不安を抱えている保護者に向けて書かれた本。

この本を読んで受験や子供の将来に対する不安が解消されるかと思いきや、逆により大きな不安とプレッシャーを保護者に与えることが意図されている。

要するに、「今学校はこんなに変わっています。教師はこんなに一生懸命頑張っています。次は保護者が頑張る番ですよ」と。

この本を読んで喜びと安心感が得られるのは教師であって保護者ではない。

学校に向けられている批判の矛先を、ひるがえして保護者に向けようと苦心している様子が垣間見られる。

Benesse。学校と共に生きてゆく会社。学校の恩恵にあずかっているからこそここまで成長できた。

Benesseの事業戦略の一端を垣間見ることのできた本だった。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告