中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ◆◆◆少し、小口に日焼けがあります。他は問題ありません。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベトナムの少女―世界で最も有名な戦争写真が導いた運命 (文春文庫) 文庫 – 2001/9

5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

米軍のナパーム弾から逃げまどうはだかの少女─ベトナム戦争の悲惨さを最も象徴する写真の主人公がたどった、数奇な運命の物語

内容(「BOOK」データベースより)

1972年6月8日、アメリカ軍のナパーム爆撃から逃げまどうはだかの少女の写真が世界中を駆け巡った。「世界一有名な戦争被害者」になった当時9歳のキム・フックの人生は、ベトナム戦争後もこの写真のために翻弄されつづける。それは、冷戦構造のなか、「プロパガンダの道具」として彼女を利用するベトナム共産党政権との闘いだった。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 455ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2001/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167651114
  • ISBN-13: 978-4167651114
  • 発売日: 2001/09
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 454,890位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
この少女の写真は随分、昔から見ていた。正直言って、死んでしまったのだろうと思っていた。
それが、「生きていた!」と知っただけでまず嬉しくなった。そしてそれは、まさにこの写真が撮影されたからなのであった。
この写真を見た人々が、何らかの形で助けの手を差し伸べた。そして、少女の命を救った。そうした善意が、絶望的な状況で碌な手当もされずにベトナムの病院の片隅に横たえられていた少女を救っていく。直接、現地まで行って、ドイツに連れ帰って手術したドイツ人医師。それを財政的に支えた多くの人々の善意(募金)。
今は中年となって、カナダに暮らしているこの「少女」。「ああ、良かった! 助かっていたんだ!」と思う一方で、彼女のように写真に捕らえられなかったから、ベトナムの片隅で誰にも知られずに静かに死んでいった多くの子供たちがいる。そういう子供たちの命のことが、一方でことさらに思いやられた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ベトナムで貧しい子供たちを救うNPOのドキュメンタリーを撮って帰ってきた後に読み始めたのでとても心に響いています。子供、両親、記者、カメラマン、米軍司令などさまざまな視点からひとつの事実に対して綿密に書かれた読み物としても素晴らしいです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
そもそも誤爆だったんですな。知らなかった
あと少女のおっぱいが移っていると懸念してボツにして涙目な新聞社もあったというw
解放後の社会混乱の様子が語られるが、地位の向上には革命的であることが重視され
ゲリラあがりのDQNが役人となって社会は腐敗していく
その中でプロバカンダの道具として翻弄されつつも少女は成長していく
プロバカンダに疲れた少女は首相に直訴してキューバに留学するが
皮肉にもソ連のおかげで豊かだったキューバはソ連崩壊で経済の混乱が悪化していき
逆にベトナムはドイモイ政策のおかげで急速に豊かに、というか解放前の社会にもどりつつある
少女はその混乱の中で最終的にカナダへと亡命するのであるが
やはりプロバカンダと思想のみの社会は豊かにはならないと確信
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック