Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,138

¥ 238の割引 (10%)

ポイント : 21pt (0%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[隈正雄]のベテランSEのノウハウが最短で身につく! 「業務知識ベース」でつくる要件定義入門
Kindle App Ad

ベテランSEのノウハウが最短で身につく! 「業務知識ベース」でつくる要件定義入門 Kindle版

5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,138
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1,539

紙の本の長さ: 294ページ
※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

タブレット端末での読書には無料アプリ Kindle for iPadKindle for Android をご利用ください。


商品の説明

内容紹介

要件定義作成ツールを使うことで、ベテランSEのノウハウが簡単・迅速に身につく要件定義の入門書です。SEが企業システムを構築する際に作成する「要件定義」は、システムの知識だけでなく、販売管理や会計学、経営戦略、生産管理などの膨大な業務知識が必要です。また、クライアントの企業風土の尊重や、業務運用能力を考慮した設計など、ベテランSEの経験に頼るところが多く、理論や技法だけを身につけた駆け出しSEでは手にあまる仕事です。本書は、駆け出しSEのためにベテランSEの知識と経験を「業務知識ベース」としてツール化し、要件定義の考案順序から、具体的な作成手順までを解説しています。205項目のシステム案でクライアントの様々な要求に対応できます!

※この商品は固定レイアウトで作成されており、タブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字列のハイライトや検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。

内容(「BOOK」データベースより)

ベテランSEの知識と経験を集約した要件定義作成ツール「業務知識ベース」掲載。販売・購買・会計・在庫管理、経営戦略、運用能力、企業風土などを見える化した「業務知識ベース」で要件定義が簡単に作れる。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 87154 KB
  • 出版社: 秀和システム (2013/7/1)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B014IODI34
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 46,995位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
要件定義を行う上で、さまざまな業務知識はある意味必須です。その知識が乏しくて私自身も苦労しました。
本書はその業務知識を網羅的にカバーする「業務知識ベース」を提供しています。
この「業務知識ベース」をもって要件定義に参加すれば、かなりの部分が理解できるようになるでしょう。

ただ、本書があれば要件定義がすぐにできるというものではありません。そこはやはり経験が必要と思います。でも、回り道をしなくて済むのは間違いないでしょう。もっと早くこの本があればなーと本当に実感しています。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
よく、業務フローを描いて、そこから業務要件を定義し、それをITがどのように実現するかシステム要件を設定することが行われている。この際に、ユーザが世代交代して業務を知らない担当者から、SEが業務要件をヒアリングするというのはもはや成立しない。そこで、SEに業務知識が必要になる訳だが、それを経験するのには膨大な時間が必要になってしまう。これを補うのが形式知化された「業務知識ベース」や「プロセス参照モデル」である。本書は、前者の使い方、およびその実際の内容をコンパクトにまとめた良書である。 プロセス参照モデルを研究する団体 バリューチェーンプロセス協議会 理事長 渡辺和宣
1 コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 誰しもすべての業種・業務を経験する事はできないです。そんな前提にたった時に役立つのがプロセス参照モデルなのですが、その利用価値をやさしく実務の観点で解説している書籍がほとんど無いのが実情だと思っていました。本書は、ベテランSEのノウハウが最短で身につく方法を知識ベースで提供しているだけではなく、未知の業種・業務に遭遇した際に如何にして要件定義へ取り組めば良いのか示唆しているようにも感じます。プロセス参照モデルの利用を今後検討されている方にも一読の価値がある書籍だと思いました。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover