通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーにヤケ、229ページの下部の一部に若干の破れ・傷みがあります。小口に若干の汚れがあります。●記載のない限り帯・特典・チラシなどは原則付属致しません。●チェック済みですが、見落とし等数ページに書き込み・ライン引きがある場合、中古品のため多少の使用感、折れ、紙焼け、シミ、匂いなどがある場合がございます。併せて予めご了承くださいませ。●万が一品切れの場合はお客様にその旨をご連絡させて頂きましてこちらでキャンセル手続きをさせて頂きます。●発送は通常2営業日以内、主にゆうメールによるポスト投函となります為、到着までは日曜、祝日を除く2~4日程度かかり、配送日や時間の指定はご利用いただけません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方 単行本 – 2010/9/11

5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2010/9/11
"もう一度試してください。"
¥ 3,240
¥ 3,240 ¥ 346

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベッドルームで群論を――数学的思考の愉しみ方
  • +
  • 数学の秘密の本棚
総額: ¥5,292
ポイントの合計: 190pt (4%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

「収録されているのはいずれも、
科学エッセイとして最高レベルの逸品ばかりだ――
科学的に正確で、今日的で、驚きや発見と深い洞察、
数学へのほんものの愛情に溢れている。
テーマは、ストラスブールの万年時計、ランダムさ、
貧困、戦争、地理学、遺伝学、歯車比、分割問題、
命名法、群論、そして、等号のあいまいさ・・・・・・
退屈なページなど、一ページもない。」(M・ガードナー)

数学の専門家ではない著者が、
玄人筋の支持を得ているのもうなずける。
ヘイズは、科学を歪めることなしに、
数学的思考ツールの妙味をひきだす書き手だ。
一次文献はもちろん、しばしばコンピューターの力も借りて、
素朴な疑問の奥にひそむ数理科学の愉しさを
垣間見せてくれる。

各編に、かならず興味深い趣向がほどこされている。
たとえば万年時計についての瞑想が、
環境危機をめぐる現在の社会心理の
一面を映しだす、といった具合。
共感した数学者や数学愛好家が
こぞってアイデアを持ち寄り、
エッセイに絶妙なひねりを加えているのも、
心憎い一冊。

内容(「BOOK」データベースより)

数学の専門家ではない著者が、玄人筋の支持を得ているのもうなずける。ヘイズは科学を歪めることなしに、数学的思考ツールの妙味をひきだす書き手だ。一次文献はもちろん、しばしばコンピュータの力も借りて、素朴な疑問の奥にひそむ数理科学の愉しさを垣間見せてくれる。各編に、かならず興味深い趣向がほどこされている。たとえば万年時計についての瞑想が、環境危機をめぐる現在の社会心理の一面を映しだす、といった具合。共感した数学者や数学愛好家がこぞってアイデアを持ち寄り、エッセイに絶妙なひねりを加えているのも、心憎い一冊。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 336ページ
  • 出版社: みすず書房 (2010/9/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622075482
  • ISBN-13: 978-4622075486
  • 発売日: 2010/9/11
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 75,289位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

著者・ブライアント・ヘイズ氏は、米国を代表する科学誌
「アメリカン・サイエンティスト」誌に、1993年から
2009年わたり、原稿を提供し続けてきた。

タイトルの「ベッドルームで群論を」というエッセイ集と
いう、少しリラックスしたイメージで読み進むと、著者の
スタイルに面食らうかもしれない。
身の回りの現象を数学モデルで記述するというのだから、
無理からぬことであろう。

私が特に気に入ったテーマは、ストラスブール大聖堂の
天文時計である。
14世紀に完成した時計が、200年間の役目を終えた後、
ハブレヒト兄弟、シュウィルジュなどの科学者が生涯を
かけて修理・製作したものである。

シュウィルジュは、3代目の天文時計に、400年ごとにしか
動作しない歯車が組込んだのである。自身が確認すること
が叶わない、未来に動作する事を信じて・・・。

「復活祭」を重要視する行為は、キリスト教圏では、非常
に重要な意義を持っているのである。
宗教感覚ならではのエピソードに胸が熱くなったのである。

著者・ブライアント・ヘイズは、この論文で米国雑誌賞を
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本のタイトルからすると群論の本かな、と思われるかもしれませんが、群論に限らず色んな話題が詰まっている数学エッセイ集です。(最初の章のタイトルがそのまま本のタイトルになっただけ) 著者は数学者ではなく、文系出身。コンピューター・プログラミングの心得があり、その経験から数学的に考えることに慣れているらしく、著者が興味をもった題材を数学的にドンドン掘り起こしていきます。「ああでもない、こうでもない。… おぉ、これだ! (後から考えてみると、実はこうでもあった…)」と思考の軌跡が綴られている処にも好感が持てます。

題材の選び方・話の進め方に他の類書にないユニークさがあり、数学エッセイ集を読み慣れた人でも楽しめる内容となっています。(本書の題材: 群論、ランダム性、経済物理学、遺伝暗号、統計学、分水界、歯車の比の決め方、分割問題(→統計物理学・相転移)、名前空間、3進法、等号の定義、万年時計) 数式として難しいものは出てきませんが、頭の体操になる話題があります(Google/Microsoftの入社試験的な話もあり)。例えば、分水界を求めるため"地球温暖化アルゴリズム"の考え方は"metadynamics"(local minimumに落ち込むことなく global minimumを探し出すための一手法)と通じるところがあります。(低いところを水没させていく、というセン
...続きを読む ›
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 たけ VINE メンバー 投稿日 2011/1/22
Amazonで購入
著者が関心をもったテーマについて数学を使って考えたエッセイ集。複雑な数式は出てこないが、内容は高度で、高校程度の数学の知識では完全に理解することは難しい。それでも、著者がいわんとすることはわかるので、何とか読み進めることはできる。ただ、エッセイで取り上げているテーマの大半は身近なものとは言い難く、関心をもてなかった。本書のタイトルになっている章では、ベッドのマットをひっくり返すローテーションのルールを考察しているのだが、そのようなことに興味をもてる人がどれくらいいるだろうか。あるいは北米大陸の分水嶺の求め方に興味をもてる人は?個人的に唯一関心をもてたのは、フランスのストラスブールにある時計の話。機械仕掛けであるにもかかわらず、相当な精度があるという。もともと研究者を対象とする雑誌に連載されていたものであり、数学やコンピュータの知識を相当もっている読者を対象として書かれている。純粋に数学が好きな人以外が読むと退屈なだけだろう。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告