この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベック・オラ(紙ジャケット仕様)

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:2¥ 14,090より 中古品の出品:15¥ 1,050より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ジェフ・ベック ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (2004/12/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMIミュージック・ジャパン
  • 収録時間: 48 分
  • ASIN: B00069BONC
  • JAN: 4988006825512
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 350,560位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. オール・シュック・アップ (恋にしびれて)
  2. スパニッシュ・ブーツ
  3. ガール・フロム・ミル・ヴァレー
  4. ジェイルハウス・ロック (監獄ロック)
  5. プリンス
  6. ハングマンズ・ニー
  7. ライス・プディング
  8. スウィート・リトル・エンジェル (BONUS TRACK)
  9. スロウ・ダウン・ア・ライン (うちひしがれて) (BONUS TRACK)
  10. オール・シュック・アップ (恋にしびれて) (アーリー・ヴァージョン) (BONUS TRACK)
  11. ジェイル・ハウス・ロック (監獄ロック) (アーリー・ヴァージョン) (BONUS TRACK)

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

69年にリリースされた傑作のデジタル・マスタリング盤。ヴォーカルのロッド・スチュアートなど、豪華な顔ぶれ。既存のブルース・ロックを斬新な解釈で彼ら流に表現。革命児である彼の才能があふれている。

Album Details

Japan exclusive remastered reissue of 1969 album is packaged in a limited edition miniature LP sleeve includes four bonus tracks. EMI. 2004.

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
アナログ、そして最初のCD化のものに続き、リマスターとおまけ曲に釣られ、この作品、3回目の購入。最高のヘビーロックです。べックのギター、ロッドのヴォーカル、ニッキ-・ホプキンスのピアノの凄さはもちろんですが、リマスターされたことにより、トニー・ニューマンのドラム、ロニ-・ウッドのベースの凄さが良くわかるようになりました。ロニーはストーンズなんか(?)でギター弾かせてるのがもったいない!このベースの凄さはなんなんだあ! エンディングでベース・ソロを披露してる曲もあり、べックも認めてたんだろうなあ。もう、老若男女の全ロックファン必聴!こんなに各メンバーが戦い合うヘビーロックは気持ち良過ぎる!こんなにヘビーなサウンドの中で自由に動きまくるアコースティック・ピアノはセクシー過ぎる! こんなにヘビーなギター弾くべックは熱過ぎる!スタジオ盤なら、あのBBAよりヘビー!とにかく聴きましょう! しかし、嬉しいはずのオマケ曲は作品の完成度のためには蛇足かも。ロッド以外のメンバーが各楽器を持っての戦いの奇跡のセッション、最終曲「ライス・プディング」の唐突な終わり方のままのほうが余韻あったかも。一応、次に入ってるオマケ曲とは曲間時間を長くしてある丁寧な作りですが。
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
69年発表。第一期ジェフ・ベック・グループの二作目。ニッキー・ホプキンズが正式に加入してドラムスがトニー・ニューマンに交代した作品。ロン・ウッドは一度脱退したものの、呼び戻されている。2曲のプレスリー・ナンバーを収録するなど、かなりロッドのヴォーカルを中心にした音作りがされている。そのためか曲によってはそのままフェイセスのように聞こえる曲もある。ベックのギターはトリッキーという表現では言い表せないほどハチャメチャなプレイをしており、ロンのベースも完全にリード・ベースであるものの、全体としてのまとまりは凄く良い。前作と同じプロデュースとは到底思えない作品である。ハード・ロックと言い切ってしまうにはベックのプレイは奇想天外すぎるものの、3大ギタリストの中で最も実力を持った人物の天才芸を聞くには最適の作品。正直なところどうやって弾いているのかさっぱり分からないプレイも多い。
2in1のCDなどには収録されていなかったこともあった「ミル・ヴァレーの少女」はニッキー作の穏やかなピアノ曲であり、本作の隠れた名曲の一つ。どうせ聞くならこの曲の入っていないものは避けるべき。
ちなみにこのグルーブはツアー中にニッキー・ホプキンズが脱退したことにより解散。ロッドとロンはフェイセスに参加した。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
「ガール・フロム・ミル・ヴァレー」
ロックアルバムに収録されたすべてのインストナンバーの中で
最も美しい曲と言い切れる。これを聞きたいがためにこの作品
を聞いていた時期もあった。

しかしながらこのアルバムは凄い。メンバーも凄いが
グループ一体となったマインドのうねりが凄まじい。
個人的には前作「トゥルース」より好き。

まあとにかく「ガール・フロム・ミル・ヴァレー」は是非聞いてみてほしい。
R・ストーンズの「タイム・ウェイツ・フォー・ノー・ワン」のピアノが
好きならばまず間違いなく惚れ込みます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告