¥ 2,980 + ¥ 350 関東への配送料
残り1点 ご注文はお早めに 販売元: 78かんぱにー

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベスト・フレンズ・ウェディング [DVD]

5つ星のうち 4.1 71件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 2,980
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、78かんぱにー が販売、発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
中古品の出品:9¥ 219より

この商品には新しいモデルがあります:

ベスト・フレンズ・ウェディング [DVD]
(71)
再入荷見込みが立っていないため、現在ご注文を承っておりません。

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でベスト・フレンズ・ウェディング (字幕版)を今すぐ観る ¥ 199 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベスト・フレンズ・ウェディング [DVD]
  • +
  • 恋愛適齢期 [DVD]
総額: ¥3,907
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジュリア・ロバーツ, キャメロン・ディアス, ダーモット・マルロニー, ルパート・エヴェレット
  • 監督: P.J.ホーガン
  • 形式: Color, Dolby, Limited Edition, Widescreen
  • 言語: 英語, 日本語
  • 字幕: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
  • 発売日 2004/06/23
  • 時間: 104 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 71件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00024Z5JA
  • JAN: 4547462009531
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 117,392位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

Amazonレビュー

   ジュリアンとジョージは、元恋人で現在は親友同士。28歳になっても独身だったら結婚しよう、という約束をしていた。28歳の誕生日を間近に控え、彼女は彼が結婚するとの知らせを耳にした。嫉妬に目覚めた彼女は、彼の愛を取り戻そうと奮闘するが…。

 「一番の理解者はこの私」と思っていた相手が別のパートナーを選ぶとは、なんと悲しいことだろう。しかし、ジュリア・ロバーツ演じる主人公を支持してばかりもいられない。愛する人のためならすべてを捨てても構わないという婚約者・キミーのけなげさに、嫌悪感を抱く人などいないはずだ。キミー役はキャメロン・ディアス。ジュリア・ロバーツ同様、「敵」にするには惜しい女優である。本作はそのどちらも悪者にすることなく、複雑な女心だけを抽出した器用な作品だ。(尾崎麻衣子)

内容(「Oricon」データベースより)

自分の気持に気づいたキャリア・ウーマンが、結婚を間近に控えた生涯のベスト・フレンドを婚約者から取り戻そうと奮闘するラブ・ロマンス。「ミュリエルの結婚」のP.J.ホーガン監督作品。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
時折ミュージカル調で素敵でした!ジュリアロバーツとキャメロンディアスの共演もよかったです。キャメロンには珍しいタイプの役を演じていて新鮮でした。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 uzume 投稿日 2010/11/1
形式: DVD
元彼で今は大親友のマイケルからの急な結婚話に、9年間想い続け密かにプロポーズを心待ちしていたジュリアンがあの手この手で彼を取り戻そうとする奮闘話。だけどその彼の婚約者キミーは若く美人で天真爛漫なお嬢様。このキミー役をキャメロンが好演とても可愛いです。ジュリアン役のジュリアも彼が好きなのに素直になれず強がってしまう様、プライドを捨てて体当たりで彼にぶつかって行く様は一人の女性としてとても愛しいです。ゲイ役のルパートエベレットもかなりいい味だしてます。
シーフードレストランでの大合唱、最後のダンスシーンは秀逸!
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 0001 投稿日 2016/3/29
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
冒頭直後から、ジュリアロバーツ演じる主人公が人の道を踏み外しまくる。あまりに酷くてとても鑑賞に堪えません。きっと、蛆虫も笑ってくれないと思う。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
キャメロン・ディアスもかわいいし(音痴な歌がサイコー!)、ジュリア・ロバーツもいい味出してたけど、この映画で最も魅力的だったのは、ルパート・エヴェレットだ。
彼は長いことあまり目立った作品に出てなかったし、プライベートなこと(つまり、彼本人がゲイだということ)で騒がれたせいで、表舞台に出ないようにしていたのかもしれないし、とにかく、印象が薄れていたのだけど、この映画の中で見る限りは、そういういろんなものから吹っ切れたようだ。ゲイの役を、楽しんで余裕をもって演じているし、歌も唄っている。この「Say a little prayer」も効果的。私もこんな男友達、欲しい!!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/18
形式: DVD
ジュリアロバーツの映画の中では一番大好きな映画です。キャスティング、音楽、ストーリー展開、女性の恋愛に対するテーマ、すべてにおいてパーフェクトです。とても好きな人がいた時、何度も何度も観て泣きまくって、私の恋愛観を変えた思い出の映画です。こんなふうな、なんともやりきれなくて、せつない思いは誰にでもあるのではないでしょうか。その役柄はまるで自分を重ねるように観てしまいます。音楽を聴いただけでも胸がキュッとなる作品ですね。
とにかくジュリアロバーツがきれいで可愛いです。恋愛の悩みを持つ多くの女性に共感できる映画だと思います。
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
Ugh... Julia Roberts plays such a despicable character in this movie. It's not romantic and it's not funny either. It's a movie about a very petty and little person and her mind cringing ways to try to break up a wedding. Absolutely horrible. The only watchable scenes in this movie were ones that had Rupert Everett in them. His character was the only likable person in this movie.

If you enjoy watching train wrecks, this one's for you.
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tomomori トップ50レビュアー 投稿日 2008/9/16
形式: DVD
ジュリア・ロバーツは私にはいささか謎の女優さんです。魅力があるのは分かるのですが、『プリティウーマン』という映画のイメージが悪すぎて虚心にその魅力を受け止められなくなっているきらいがあります。本作で印象的なのは、その昔、アメリカの某映画評論家(男性)が「なんでオンナはこんな下らない映画が好きなんだ」と憎悪に近いレビューを書いていた点です。狙いを定めたオトコの職業人生まで破壊し、それでも許されるオンナ(オトコ自身にも観客にも許される)がヒロインの話ですから、その嫌悪感もむべなるかな、とは思うのですが、私はこの映画が嫌いではありません。さて何故でしょう。
それは、ジュリア・ロバーツのような面倒臭い自意識のオンナとキャメロン・ディアスのような可愛くて天真爛漫なオンナが並んだら、大抵のオトコは後者を選ぶさ、と女性観客がマゾヒスティックに自覚するからであり、かなりの数のオンナがジュリア・ロバーツの側にあって、しかしキャメロン・ディアスの演技を余儀なくされるからではなかろうか、と私は愚考します。屈託したオンナが、とことん健全で真っ直ぐした性格の、あまり知的ではない男前を欲するという自虐性とその不可能性、そして、結局のところ彼女を理解し友情で結ばれる男がゲイであるという悲しいような寂しいような現実。この映画、ある種のオンナには結構イタイ映画でもあるはず。ジュリア・ロバーツの美貌とゲイの
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー