この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベスト・コレクション

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:3¥ 6,400より 中古品の出品:13¥ 999より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の シンシア ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック



登録情報

  • CD (1986/5/21)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ソニー・ミュージックレコーズ
  • 収録時間: 47 分
  • ASIN: B00005GB5F
  • JAN: 4988009522869
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 136,003位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. 17才
  2. 潮風のメロディー
  3. ともだち
  4. 純潔
  5. 哀愁ページ
  6. 早春の港
  7. 傷つく世代
  8. 色づく街
  9. ひとかけらの純情
  10. バラのかげり
  11. 夜霧の街
  12. 想い出通り
  13. 人恋しくて
  14. 哀しい妖精
  15. 春の予感 アイヴ・ビーン・メロウ

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

写真家,篠山紀信とアッという結婚をして以来,めっきりマスコミに登場する機会がないが,こうして改めて聴いてみると,けっこうサウンド的に面白かったりして,懐しさだけでなく楽しめる。以前は18曲収録で発売されていた盤だが,この盤では「夏の感情」「Ms.」「グッバイガール」が割愛されている。

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
1971年度日本レコード大賞新人賞で衝撃のデビューを飾ったシンシアこと南沙織のベスト・アルバムです。

1曲目の『17才』からじっくりと15曲を聴いていると、自分の青春時代が年ごとに自然と蘇ってくるから不思議でたまらない。もう30年以上前の曲なのに昨日のことのように思えてくる。シンシアの曲は歌い方もそうであったように、どの曲も哀愁が漂っていて、一人で聴いているととても寂しくなることがよっくあった。

1〜12までは有馬三恵子(作詞)筒美京平(作曲)のお馴染みのコンビで、15.『春の予感』(1978年資生堂CMソング)は尾崎亜美(作詞、作曲)です。

私的には、9.『ひとかけらの純情』がベスト・ソングですね。

もし、彼女がこの時代にデビューしても凄い人気になったでしょうね。山口百恵以上に復帰はありえないと思いますが、シンシアでしたらまたファンになってあげたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
 篠山紀信さんと結婚して、まったくマスコミに出なくなったシンシア。

 彼女が活躍したのは70年代初頭で、かくいう僕が中学生時代。

 花の中3トリオの前世代で、天地真理と小柳ルミ子とともにトリオで一世風靡していました。歌謡曲の天地、演歌の小柳とくると、やはりポップ系の南を、僕は選んだのでした。

 当時は、ラジオの公開放送や電話でリクエストなどが盛んで、僕も日曜日ともなると彼女の曲をラジオ・リクスエトしたものでした。何度か、生声で電波にのったこともありましたが、彼女の声を聞くと、その当時の想い出が出てくるのです。

 

 「17歳」はデビュー曲ですが、その後森高千里がカヴァー。

 爆発的にヒットしたのが、「潮風のメロディー」ですが、当時沖縄から来たというだけで、胸が膨らむ感じだったのですが、この曲は一層沖縄への郷愁を感じさせたのでした。

 「人恋しくて」は、田山雅充の曲ですが、ニュー・ミュージックといった仕上がりですね。

 その後、吉田拓郎が、彼女のことを歌った「シンシア」もヒット。沖縄から来た長い髪の少女は、中学生の僕に淡い想い出を作ってくれました。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
何年か前にテレビで彼女が久しぶりに歌声を聴かせてくれた時に選んだのが「色づく街」だった。少しはにかむように歌う姿に彼女がこれまでの日々を素直に生きてきたことが表れていたような気がして、ますます彼女の魅力を感じました。今こうやって聴き直すと、当時の時代の空気を感じ取れ、もう戻らない青春にちょっぴり甘酸っぱい切なさも覚えますが、ジャケットの彼女の表情がさりげなくて素敵だと思います。笑顔のシンシアが思い浮かぶ「17歳」も好きです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
本当に久しぶりにシンシアの懐かしい曲が聞けてうれしいです。値段も適当でいいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
高校一年生の頃に聞いてました。懐かしいの一言です。今はドライブのお供です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告