この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ベイ-C・フロム・T.O.K.プレゼンツ・ボムラッシュ・アワー


出品者からお求めいただけます。 在庫状況について

【ミュージック輸入盤ストア】
ブルーノ・マーズやテイラー・スウィフト、エド・シーランなど人気の海外アーティストのCD・レコードは輸入盤ストアでチェック。 輸入盤ストアはこちら

キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2009/4/22)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ビクターエンタテインメント
  • 収録時間: 54 分
  • ASIN: B001TGU73E
  • JAN: 4988002568499
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 577,352位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. ウェイヴ
  2. トラップド
  3. アラウンド・ザ・ワールド
  4. エボニー・アイズ
  5. シュダ・ネヴァ
  6. ビッグ・ボス
  7. ナー・ゴー・ラン
  8. ミドル・デイ
  9. イッツ・バーニング
  10. オーヴァー・ヤー
  11. フロム・ア・プレイス
  12. ダーク・サイド
  13. スーパーマン
  14. ノット・ミッシング・ユー
  15. ジュエル・オブ・ザ・ナイル
  16. サンシャイン

商品の説明

内容紹介

ダンスホール界のスーパー・グループ、T.O.K.の低音DJ、ベイ・Cがプロデューサーとしての全貌を現した。彼が主宰するボムラッシュ・プラダクションのサウンドに乗り、T.O.K.のメンバーはもちろん、マイティ・クラウンのサミー・T、ビーニ・マン、バウンティー・キラー、ヴァイブス・カーテル、アレインらのブランニュー・チューンを集めた超豪華盤!!
夏にはT.O.K.が待望の新作を遂にドロップ、今年はT.O.K.から目が離せない!!


本作に取りかかった動機はズバリ、「ボムラッシュのプロダクションを前面に出すため」と、ベイ・C。T.O.K.のメンバーとしての顔が有名すぎるため、プロデューサーとしての認知度は影にかぐれがちだが、すでにアサシンのデビュー作『Infiltration』のために“Wondering Mind”を、バウンティ・キラーには“Which One”を作り、やはり彼の『Art of War』に収録されている。08年にリリースされた『Flexx from T.O.K. presents D’Link』にも2曲を提供。「最初は、プレイステーションについていたミュージック・ジェネレーターを使ってトラックを作ったんだ。00年か01年くらいのことだったかな。そこから、トラックを作りたいという思いがどんどん強くなって、ベースやギター、キーボードを買って、それからプロトゥールズをセットしたんだ。TOKとしてアフリカを訪れた時に、ドラムも買い込んで本格的に始めた」と話すから、T.O.K.がスターダムへと上り始めたのとほぼ同時に、ベイ・Cはロデューサー業への道を歩き出したことになる。08年はT.O.K. feat. ビーニ・マン“Miss World”を筆頭に、リディムのヒットでさらに名を挙げたボムラッシュ・レコード。本作『Bombrush Hour』は、世界に先駆けて彼のプロダクションの全容が分かる仕掛けになっている。先行シングルは、セレクター/DJとしてヒットと飛ばし続けるトニー・マタラン、最強サウンドのフロント・マン、日本でもっとも有名なセレクターであるMighty Crownのサミー・T、ジャマイカで一番イケてるアップタウン・サウンド、Copper Shotのカッティ、そしてベイ・Cが声を揃えるエネルギッシュな“Wave”。セカンド・シングルには、T.O.K.の美声ティーム、アレックスとフレックスがモータウンの名曲カヴァーに挑戦した極甘の“Ebony Eyes”を用意。そのほか、スプラガ・ベンツ×アサシン、ヴァイブス・カーテル×ジャーヴィンチなどの師弟コンビネーションや、T.O.K.のメンバーが違う表情を見せるソロ曲など、聴きどころたっぷりの16曲だ。

メディア掲載レビューほか

T.O.Kのベイ-Cプロデュースによるダンスホール・アルバム。ベイ-C、サミー・T(マイティ・クラウン)、トニー・マタロン、カッティによるアゲアゲ・アッパー・チューン「ウェイヴ」他を収録。 (C)RS

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
他のお客様にも意見を伝えましょう