通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ベイビーステップ(11) (講談社コミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ベイビーステップ(11) (講談社コミックス) コミック – 2010/2/17

5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 463
¥ 463 ¥ 1
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ベイビーステップ(11) (講談社コミックス)
  • +
  • ベイビーステップ(12) (講談社コミックス)
  • +
  • ベイビーステップ(13) (講談社コミックス)
総額: ¥1,389
ポイントの合計: 42pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



『安眠ウエーブ枕 プレミアム 特製オリジナル枕つき 熟睡できて、首こり・肩こりも解消!』
『安眠ウエーブ枕』が進化。眠りやすさがアップし、首・肩コリの解消、自律神経の調整、疲れとり、いびき改善といったさまざまな体の不調の改善に役立つ。 今すぐチェック

商品の説明

内容説明

小学生のときから、成績はずっとオールA! 几帳面でマジメな“エーちゃん”は、高校進学を機に軽~い気持ちでテニススクールに通い始める。そこで、ちょっぴりいい加減!?でも、テニスに懸ける情熱だけはマジメな美少女“ナツ”と出会い、テニスの魅力に取りつかれて人生激変!!

エーちゃんは、自ら申し込んだタクマとの練習試合で、手も足も出なかった1年半前からは想像もつかないほどの善戦を見せる。過酷な肉体改造、フロリダへのテニス留学を経て確実に成長しているエーちゃん! 次の全日本ジュニアで、一気にみんな振り向かせてやるぞ!!


登録情報

  • コミック: 192ページ
  • 出版社: 講談社 (2010/2/17)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063842487
  • ISBN-13: 978-4063842487
  • 発売日: 2010/2/17
  • 商品パッケージの寸法: 17.7 x 11.8 x 2.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.9 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.9
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
マガジンで連載中のテニス漫画。

プロになりたい。
そう決意した日から、様々な努力を重ねてきたエーちゃんの挑戦が、ついに始まります。

この11巻は、10巻から引き続き、タクマとの試合から収録。
肉体を強化し、フロリダで攻めるテニスを体得し、着実にステップアップしてきたエーちゃん。
このタクマとの試合で、神奈川県ジュニアへ向けた最後のステップが浮かび上がります。
それはサーブ。
ビッグサーバーであるタクマだからこそ、リターンゲームでもリスクを恐れない攻めが出来るのだと、エーちゃんは気付きます。
この試合でサーブの重要性を痛感したエーちゃんは、青井コーチと二人三脚で高速サーブ体得に取り組みます。
自身の最大の武器であるボールコントロールと、さらにサーブに磨きをかけ、ついにエーちゃんの挑戦が始まるのでした。

自らの弱点、負けた理由へのちゃんとした「分析」と、それに基づく「気付き」があり、それを克服するための「理論」と「方法」を見つけ、「実践」していく。
PDCAサイクルをくり返し、そうやって、一歩一歩階段を上がっていくエーちゃんを見ていると、嫌がおうにも応援したくなってしまいます。
この作品を読むたびに感じますが、キャラ設定も相まって、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
スポーツマンが避けては通れない筋トレやストレスに重点を置いた巻。

技術を高めるためには、適切な箇所に筋肉と柔軟性がバランスよくつかなければならない。

単に熱血練習だけでなく計画的に身体から改造することで、理想のサーブをものにする。事実に非常に忠実に描かれている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ペトロニウス VINE メンバー 投稿日 2010/7/17
形式: コミック
この漫画って、テニス漫画として、素晴らしく良くできているんだけれども、それは、もうある程度、読んでいる人には当たり前のことなので、ちょっと「恋愛」の角度から。なっちゃんとの仲が微妙に進展中ですが、この「進展」が、恋がメインではなくて、エーちゃんという主人公のテニスを通しての自己成長・・・それへの自信が積み重なっていくうちに、少しづつそれにリンクして進んでいく。「ほんのちょっと」しか描かれない、サブのテーマであるにもかかわらず、それがメチャメチャドキドキする。この回に登場する清水亜希ちゃんも、、、これ、あきらかになっちゃんの恋のライバルの伏線なんだろうけど、これがめちゃめちゃかわいー。なつが倒したサブキャラの女の子(気の強そうな!)もメチャかわいかったが、脇役の女ん子めちゃくちゃーい味出しているんだよなー。この作品。ちなみに、こういう仕事というか、自分のメインのやることが軌道に乗ってうまく成長している時って、外からとても魅力的に見えるようで、非常にモテます。なっちゃんとの仲が進展しそうなこの時に、自分に凄く似ている合っているおんなのこのフラグがたつってのも、よくあること。ここも大きな分岐点だよなーと思う。自分に合っている「似ているタイプ」の女の子とくっつくのか、なっちゃんのように、全然正反対のタイプと・・・うーん、何気にいい伏線です。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 mee 投稿日 2010/2/18
形式: コミック
主人公であるエーチャンの努力と成長をしっかりと描く作品。あるキャラが突然強くなったり、とんでもない技を繰り出したり、そういう劇的な展開はほとんどない。強くなるためにはどうすればいいのか。それをエーチャン自身がちゃんと考え、練習し、そして着実に強くなっていく。地味な展開だが、努力家らしいひたむきな姿には好感が持てる。

またエーチャンは、学校で成績がオールAという秀才の設定。彼が試合中、脳内で繰り広げる頭脳戦がなかなか面白い。いかにしてこの状況を打破するか、どうやって攻めていくかなどなど…。セリフの量が少し多いのが難点だが、読みにくさはさほど感じない。

そしてラブコメ。おそらくこれが目当てで買っている読者も大勢いるのではないだろうか。作者の描く女キャラは抜群にかわいい!ここにきて新たなるヒロインも登場したことだし、これからますます面白くなってくるだろう。

ただ少し展開が遅いと思う。努力の過程をみっちり描いているから仕方ないとは思うが、もう少しテンポ良く進めるか、もっと起伏をつけるべきだ。練習して試合、また練習して試合だと、読者は飽きてしまうかもしれない。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック