中古品
¥ 343
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 明記されていない場合は帯・付録・付属品などはございません。在庫が無い場合や、不備がございましたら返金にて対応させて頂きます。ご注文確認後エコ簡易梱包にて迅速に配送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘーシンクを育てた男 単行本 – 2002/12

5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 342

click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

日本柔道はなぜ勝てなくなったのか?国際化とともに体重制、審判規定など、ルールそのものが変更され、柔道は「ジュードー」へと変質して行く。それは古来の、武道としての柔道を信ずる者にとっては、耐えられない堕落であった。こうした変質にも何ら抵抗しようとしない日本柔道界に絶望した道上伯は、一人ヨーロッパに本格柔道を残そうと道場を開く。そこで出会ったのが、世界最強の男ヘーシンクである。

内容(「MARC」データベースより)

日本柔道はなぜ勝てなくなったのか。「柔道」が「ジュードー」に変質する中でただ一人抵抗し、武道としての柔道を追い求めて闘い続けた男・道上伯の生涯。今、この国に必要な男はこういう男だ!


登録情報

  • 単行本: 238ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2002/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163592202
  • ISBN-13: 978-4163592206
  • 発売日: 2002/12
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.4 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 4件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 581,861位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
 戦前の武道専門学校出身の天才柔道家道上伯がヨーロッパに渡り、その驚異的な強さで欧州柔道界の人たちの心をつかみ重要な指導者になっていく、そして世界最強の柔道家ヘーシンクを育てる話がメインテーマとなっている。日本柔道のスポーツ化が進みつつあるとき彼はヨーロッパを中心に武道としての柔道を伝えていく。それはまた現代の日本柔道が抱える問題を炙りだしている。この本は「木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか」(増田俊也)と重なる部分があるが、レビューの数をみても「木村政彦…」に比べ人気がないようだ。生涯やんちゃ坊主のような性格で破天荒な人生を送った木村政彦に対し道上伯は反骨、謹厳実直、人格者、教育者である。その分読者には受けないかもしれないが日本柔道への問題提起という点ではより優っているように思える。ある大会であと一つ勝てば道上は木村と対決するはずであったが道上の怪我のためにこの対決は永久に無くなってしまった顛末が書かれている。惜しいことであった。彼は中学生時代を除けば生涯不敗であったといわれている。「木村政彦…」を手に取った読者にはこの本もお薦めである。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
ヘーシンクを育てた男が日本人だと知って、この本の購入を決めました。戦前にフランスに渡って柔道を指導しに行き、フランス柔道界の権力争いに巻き込まれながら自分を見失う事無く突き進む姿、現役を離れ久しい時フランスの猛者を10人掛けで数分でかたずけてしまう所は圧巻です。講道館と距離を置く中、ヘーシンクと出会い無差別級のチャンピオンに育て上げる過程は、お互いの信頼関係が無ければ決して成し遂げる事が出来なかったと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 幸運の使者  トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2004/10/19
形式: 単行本
柔道に詳しくなくとも、へーシングという名前を聞いたことがある人は多いのでは?世界で始めて外国人で柔道選手権で優勝した男だ。
後半部分でその師道上氏との出逢いから稽古、試合と実に詳しく書かれている。前半部分は道上氏の半生が日本柔道史とともに記されている。
余談ではあるがシドニー五輪で篠原氏が誤審判にて敗れてしまったが、
過去、日本の審判もかなり日本有利の審判を繰り返していたことが分かり、因果応報をここでも思い知った。なぜ、へーシングが日本柔道に勝ったのか?その答えがこの本に書かれている。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
申し訳ありませんがね評価はできません。悪しからずお許しください。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック