通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヘンリ・ライクロフトの私記 (岩波文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ※ご注文の際は再度送り先のご住所(マンション・アパート名・部屋番号等)ご確認お願い致します。Amazonの商品コンディションガイドラインに基づき出品していますのでAmazon商品ガイドラインを必ず御確認宜しくお願い致します。中古品の為、折れ目、シミ、まれに書き込み等ある場合がございます。(万一の見落としはご容赦下さい)出荷は御注文日の当日or翌日出荷を目指しています。出荷日から1日~4日以内にポスト投函されます。運送会社の遅延にて若干遅れる事もございますのでご了承お願い致します。万が一届かない場合は追跡番号にて検索致しますのでお気軽にメール下さい。経年劣化商品は全体的にヤケがある場合がございますが本編には問題ありません。ISBNナンバーで管理している為ごくまれに出版社が一緒でも表紙画像と異なる場合がございます。※ご了承の上ご注文宜しくお願い申し上げます
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘンリ・ライクロフトの私記 (岩波文庫) 文庫 – 1951/1

5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 392
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 778
¥ 778 ¥ 50

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヘンリ・ライクロフトの私記 (岩波文庫)
  • +
  • The Private Papers of Henry Ryecroft
総額: ¥1,944
ポイントの合計: 25pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

南イングランドの片田舎に隠栖して独り古典と田園の世界に心豊かに生きる一人物の自伝に仮託して書かれたギッシング(一八七五―一九〇三)最晩年の作.繊美この上ない自然描写は英国人ならざる我々をも魅してやまぬが,何よりも我々の心をうつのはこの作のすみずみにまで行きわたる,自分というものに対する強靭な誠実さである. --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

南イングランドの片田舎に隠栖して独り古典と田園の世界に心豊かに生きる1人物の自伝に仮託して書かれたギッシング最晩年の作。織美この上ない自然描写は英国人ならざる我々をも魅してやまぬが、何よりも我々の心をうつのはこの作のすみずみにまで行きわたる、自分というものに対する強靭な誠実さである。 --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 300ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1951/01)
  • ISBN-10: 400322471X
  • ISBN-13: 978-4003224717
  • 発売日: 1951/01
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.4 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 121,304位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
経済的な悩みのない田舎での暮らし。
家族もなく親戚もない代わりに得られる心の安らぎ。
欲しい本を好きなだけ読む幸福。
静的な読書人の理想の一つの形がここにある。
著者ギッシングは、将来を嘱望された学生でありながら、娼婦に入れ込んで学友の財布からお金を盗んだために放校。
裕福な家族からも絶縁となった。
その後、その娼婦を妻とするも夫婦仲はうまくいかず、その後娶った妻も家庭には不向きで、仕事に打ち込んだものの世間には評価されず、栄養失調で体を壊し、若くして没する。
ヘンリ・ライクロフトが自宅のソファで眠るように身罷ったのに比べて、何たる差。
ギッシングが夢見たヘンリの生活は、若い頃に道を踏み外すことがなければそのままギッシングの生活とも成り得たのに。
著者のその他の著作は、「無階級の人々」「ネザー・ワールド」「三文文士」「流謫の地に生まれて」など苦いものが多いが、この
「私記」だけにはのどかでゆったりした空気が流れている。
この「私記」の原稿はギッシングの死後発見された。
生活のために短編を投売りする生活の中で、この本を書くことが彼の唯一の魂の逃避場所だったのか、と思う。
田園の風景、安穏な生活、小鳥のさえずりの美しさは、ギッシングの幻想の中から生まれた故である。
コメント 55人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
田園と読書。読書人の理想の姿がここにある。そして同時に、それを得るために何が必要で、何が障壁となるかも示している。ギッシングは、上流階級への対立意識は持ったことがあるが、民衆とは相容れないと記す。そうなのだ。おそらく本書を手に取る多くの人は上流階級ではないし、階級差別というものは許しがたいと思っているはずだが、民衆の負の側面、パチンコや漫画雑誌やテレビや風俗やゴシップに人生の多くを費やす状態は耐え難いはず。その上にも下にも所属できない、孤独な読書人は本書に理想を見出す。だからこそ「金は時間だ」と、その理想を維持するために条件をなおざりにしていない。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
ヘンリ・ライクロフトの生き方が、私の理想である。当時、53歳であったライクロフトに出会ったのは、私が30歳のときであった。彼は英国の南イングランドの片田舎に隠退し、さまざまな思索にふけりつつ静かな余生を送っていた。移りゆく自然に心を惹かれ、読書をこよなく愛する男がここにいた。死について、常に思いを凝らしている男がここにいた。

それ以来、『ヘンリ・ライクロフトの私記』(ジョージ・ギッシング著、平井正穂訳、岩波文庫)は、私の最も身近な愛読書となり、今日までに7回も読み返している。失意のとき、寂しいとき、自信を喪失したとき、私は必ずこの書に戻ってくる。私が惨めな状態にあろうと優しく迎えてくれる老妻のような、この本に慰められて、私は再び猛々しい戦場へ帰っていく。

「昨日、私はニレの並木道のそばを通った。木立と木立の間に挟まれた道は、一面に見渡す限り落ち葉で覆われていた。まるで薄い黄金色の絨毯であった。さらに進むと、ほとんどカラマツばかりの植え込みに出た。それは濃い黄金色に輝いており、ここかしこに点々と血のように真っ赤な色が見られたが、それはかりそめのまばゆいばかりの秋色に輝く若いブナの木であった」と、ライクロフトの周囲の自然に対する目は細やかだ。

「平和な憩いの一夜が明ければ、悠々と起き、いかにも老境に近い男にふさわしくゆっ
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
知的生活の方法で薦めていたので、予備校生の頃に読んだ本。どうしても気になって買いなおした。この本の「ある程度のお金がなく、幸せな生活は送り難い」という思想に、直撃されている自分に気がついた。

今、確かにそう考えている。それはこの本から得た知恵だったんだな。

内容自体は、イギリスの田舎を舞台に、ヘンリ・ライクロフトの生活が淡々と進み、それを日記のような形式で書いているもの。

ちなみにこの人物はギッシングの創造した人物。

何かの本で取り上げられていた本を面白そうだと思い、探し出して購入した人生初めての本なので記念に持っておこうと思う。 びっしり280ページ。読むのに結構気合はいります。

それでも読み終わると、心が落ち着いた生活の素晴らしさが、胸にしみいります。
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー