通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ヘルプマン!(1) (イブニングKC) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古商品となりますので多少の傷み・日焼け・シミ等はございます。カバー・表紙の装丁・出版年月日及び版数が掲載されている画像と異なる場合がございます。帯・特典等の付属品につきまして、記載がない場合は付属しておりません。また、店舗でも販売しておりますので売り切れの際は、ご注文をキャンセルし全額返金いたします。何卒ご了承くださいますよう、お願い申し上げます。 141145
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘルプマン!(1) (イブニングKC) コミック – 2004/5/21

5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 555
¥ 555 ¥ 218

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヘルプマン!(1) (イブニングKC)
  • +
  • ヘルプマン!(2) (イブニングKC)
  • +
  • ヘルプマン!(3) (イブニングKC)
総額: ¥1,686
ポイントの合計: 53pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

超高齢社会に突入する日本にとって、他人事にはできない問題をリアルに描く
「成年後見制度編」第二弾。2000年、「介護保険制度」と同時期に産声を上げ
たもう一つの制度。「成年後見制度」は、その人らしい尊厳をどこまで守るこ
とができるのか?近隣に住む独居高齢者が突然認知症になった時、家族は、
隣人は、そして高齢者本人はどうする?一人の独居高齢者・犬塚時枝を通じ
て、認知症になった親の心情看護を家族はどうするか?地域はどう関わるべ
きか?「後見人」の在り方は?そう遠くはない日本の未来がここにある!

著者について

くさか 里樹
本名:佐藤広子、生年月日:1958年6月9日。高知県高岡郡日高村出身。高知県立高知追手前高等学校卒業。高知市内の授産施設に勤務した後、1980年別冊少女コミック(小学館)にて、『ひとつちがいのさしすせそ』でデビュー。現在イブニングで『ヘルプマン!』連載中。


登録情報

  • コミック: 240ページ
  • 出版社: 講談社 (2004/5/21)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4063520706
  • ISBN-13: 978-4063520705
  • 発売日: 2004/5/21
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 23件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 leaf 投稿日 2008/2/5
形式: コミック
介護福祉士の方からこのマンガのことを聞き、
読み始めると、1巻から9巻まで一気に読んでしまいました。
取材が徹底しているので、とても実際的な内容になっています。

たとえば認知症の高齢者が徘徊して脱糞して自ら便まみれになったり、
家族と他人の区別がつかなくなり、すっかり別人のようになってしまう高齢者など、
実際に、周囲でいらっしゃるので、そうした高齢者の介護などにおける、
家族の想像を絶する、気が狂うほどの疲労まで、リアルに描かれています。

そんな、今にも壊れてしまいそうに限界にある方々を助けるのが、
ヘルプマンの仕事。
しかしながら、介護福祉士や、ヘルパーさんたちが仕事をする、
施設や訪問介護の現場では、常に人手不足で、そこにもあえぎがあります。

また、行政による介護保険のシステムの中で、介護される側とヘルプマンの側との
スケジュールの調整に追われるケアマネージャーの苦闘は、まさに現場の叫びでした。
経済的、人材的、時間的に、あらゆることの調整が必要なのですが、
その仕事量のために、じっくりと介護のプランを立てることの難しさや、
介護保険が足かせになって、必要な時に、必要なだけの介護がスムースに受け
...続きを読む ›
コメント 49人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ノルデ 投稿日 2008/8/5
形式: コミック
恐ろしい程のリアル。十年以上も介護の仕事に携わって来て、描かれているような様々な事を経験してきました。 私は今疲弊して、介護から離れようとしています。 百太郎の言う事は全くの正論。疑う余地は無いです。 でももう私には続けられない。 自分は鬼なのだろうか?壊れてしまった人の世話を最後までできないのは。 読まなければよかった。誰もが彼のように出来る訳ではないと思うのですが。 ここまでやらないと介護職員として失格、と言いたいのでしょうか。 しばらく立ち直れそうにありません。
コメント 119人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
テレビのCMなどの「介護」って、なんだかウソくさい。だって、あんなにスマートできれいな世界なんかじゃないのですから。
「ヘルプマン」は、そういうウソくさい宣伝と違い、生々しい現実が描かれています。
是非たくさんの人に読んでもらい、もっとこの現実を知って欲しいと思っています。
コメント 35人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
介護職として、介護の実態を描いている漫画を探して、さらに勉強させて
頂こうと思い、この本を拝読させて頂きました。

内容は各巻によって違いますが、取材が徹底しているので、
とても現実的な内容になっています。

例えばこの巻では、認知症の高齢者が徘徊して脱糞して自ら便まみれになったり、
認知症高齢者の方の入浴拒否などなど、高齢者の介護などにおける、
家族の想像を絶する、気が狂うほどの疲労まで、生々しく描かれています。

 介護のイメージとしては、きつい、薄給、汚い、人間関係が辛い等があると思いますが、
「実際、どんな風にきついのか?」ということは、実際に介護職に従事してたり、
身近な人が要介護者になったりしてないとわからないと思います。

誰もが、自身の親を介護することになる可能性があり、
誰もが、いつか年老いて、介護される側になる可能性があります。
現在すでに、介護をしている方も無数におられます。

そんな中で、今にも壊れてしまいそうに限界にある方々を助ける仕事として、
ヘルプマンが描かれています。
しかしながら、介護福祉士や、ヘルパーさんたちが仕事をする、
施設や訪問介護の
...続きを読む ›
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 pommier_pomme トップ1000レビュアー 投稿日 2009/5/30
形式: コミック
惜しいです。本当に。ヘルプマンという題名も、表紙も、なかなか人を引き付ける引力がないからでしょうか。この漫画を手に取る人は少ないように思います。

でも、専門用語満載の、難しい福祉の本より、この本はずっと役に立つような気がします。老人介護が、小難しい文章上のことだけじゃなく、身につまされて感じられ、本当に役にたちます。
実際に、うんちやおしっこを漏らしている老人、それを体をはって世話する人たち、それでも暴れる老人、息子のことさえ、誰だかわからなくなる老人・・・・・そんな姿が赤裸々に、躍動感あふれる絵で描かれています。マンガだからと、馬鹿にしてはなりません。むしろ、視覚的に威力のある絵を伴った、マンガだからこそ、近いうち介護が身に降りかかるかもしれないと知りながら、何と無く知るのが面倒で避けている人たちの目を、開かせることができるのではないでしょうか。
巻ごとに、本当に実際にいるようなキャラの濃い老人たちが出てきて、それぞれに暗闇や悲哀を感じている様が、実にうまく描かれています。ヘルプマンこと、情熱にあふれる百太郎だけが、現実離れして熱く、善意のかたまりのような人間ですが・・・それ以外は本当にリアルだと思います。

私も自らの父のことに置き換え、身につまされて介護の問題を感じました。
ぜひ多くの人に知られてほしい本
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック