ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚... がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: Blooom 本店
カートに入れる
¥ 2,980
通常配送無料 詳細
発売元: グッドバリュー  "International shipping available"
カートに入れる
¥ 3,082
通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]

5つ星のうち 3.0 254件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 4,212
価格: ¥ 2,980 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 1,232 (29%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、ベルコリーヌ書店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:15¥ 2,949より 中古品の出品:13¥ 834より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • ヘルタースケルター スペシャル・エディション(2枚組) [DVD]
  • +
  • 蛇にピアス [DVD]
総額: ¥6,155
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: 沢尻エリカ, 大森南朋, 寺島しのぶ, 綾野剛, 水原希子
  • 監督: 蜷川実花
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.78:1
  • ディスク枚数: 2
  • 販売元: Happinet(SB)(D)
  • 発売日 2012/12/21
  • 時間: 127 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 254件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B009E1F466
  • JAN: 4907953032262
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 32,200位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

監督・蜷川実花×原作・岡崎京子×主演・沢尻エリカ
世界を挑発する極彩色エンタテイメント作品が豪華映像特典を収録したスペシャル・エディション仕様でリリース!!

★5年ぶり復帰の沢尻エリカ主演作品!
“この作品で、これまでの全てが必然だったと証明してみせる"と、並々ならぬ想いで挑み、原作を描く上で必然となるヌードも堂々披露!

8回手塚治虫文化賞マンガ大賞に輝く、岡崎京子による伝説的熱狂コミックの映画化
監督は、世界的フォトグラファーであり、初監督作『さくらん』がベルリン国際映画祭に正式出品され、大ヒットした蜷川実花。
共演は大森南朋、寺島しのぶ、桃井かおり、綾野剛など、日本映画界屈指の個性溢れるゴージャス・キャストが集結!

【ストーリー】
芸能界の頂点に君臨するトップスターりりこ。しかし、りりこには誰にも言えない秘密があった。
彼女は全身整形。「目ん玉と爪と髪と耳とアソコ」以外は全部つくりもの。
整形手術の後遺症がりりこの身体を蝕み始め、美容クリニックの隠された犯罪を追う者たちの影がちらつく。
さらには、結婚を狙っていた御曹司が別の女と婚約。
生まれついての美しさでりりこの座を脅かす後輩モデル・吉川こずえの登場。
究極の美の崩壊と、頂点から転落する恐怖に追い詰められ、現実と悪夢の狭間をさまようりりこ。
疾走の果てに、世の中を騒然とさせる事件へと繋がっていく・・・。

【キャスト】
沢尻エリカ、大森南朋、寺島しのぶ、綾野剛、水原希子、新井浩文、鈴木杏、寺島進、哀川翔、窪塚洋介、原田美枝子、桃井かおり

【スタッフ】
監督:蜷川実花、原作:岡崎京子「ヘルタースケルター」祥伝社フィールコミックス、脚本:金子ありさ、音楽:上野耕路

■初回生産限定特典:特製スリーブケース

■音声特典:オーディオコメンタリー (監督・蜷川実花×撮影・相馬大輔×美術・ENZO×スタイリスト・長瀬哲郎×プロデューサー宇田充)

■映像特典
○メイキング ○未公開シーン ○インタビュー(監督・蜷川実花/りりこ役・沢尻エリカ) ○予告・TVスポット集
○イベント映像集(製作発表記者会見/ジャパンプレミア/初日舞台挨拶/台北映画祭)
○WOWOW特番
映画『ヘルタースケルター』の世界(各13分30秒) 極彩の蜷川ワールド篇/衝撃の豪華キャスト篇
○WOWOW特別TVスポット
『りりことは何だったのか?』計8パターン(各30秒) (大森南朋篇/寺島しのぶ篇/水原希子篇/綾野剛篇 /新井浩文篇/哀川翔篇/窪塚洋介篇/桃井かおり篇)

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『さくらん』の蜷川実花監督が沢尻エリカを主演に迎え、岡崎京子の同名コミックを独特のビジュアルセンスで映画化。全身整形により芸能界の頂点へと上り詰めたりりこ。彼女の身体の秘密は、やがて世の中を騒然とさせる事件へと繋がっていく…。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Amazonビデオ Amazonで購入
岡崎京子さんの原作の中から、おそらくは監督が理解出来なかったものはごっそっりと削られている。
なので、りりこが消費社会に食い殺された可哀想な女の子になってしまった。

岡崎版のヘルタースケルターでは、りりこは自分が消耗品であることを自覚しつつ、自分を消費し続けるなにかと戦い続ける女の子だった。
ゆえに登場人物の中では彼女を唯一正しく理解していた麻田はりりこをタイガーリリーと呼ぶ。
タイガーリリーは童話ピーターパンの中で、自分の意思を貫き通す強いインディアンの娘だ。麻田のつけた徒名が示すように、岡崎京子さんは原作の中で欲望の装置として消費されるりりこを否定しない。欲望を肯定し、無限に消費し続けるだけの社会にさえ、最早否定的な眼差しを向けない。まるで、それがなんだっていうのよ、と言っているように。どれほど欲望が世界を食い荒らし、りりこのような存在が右から左に消耗されて行こうとも、それでもりりこだって生きることをやめるわけにはいかないのだと言うように。
そうしてそれは、岡崎版のへルタースケルターにとっては重要なテーマではなかったか。
この映画版は、物語として一応の破綻は免れている。ただ原作の中から、現代の我々が何を消費しているか、消費される側の葛藤を通して描き出したところで映画は終わってしまっている。
それは
...続きを読む ›
コメント 71人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Amazonビデオ Amazonで購入
プライムで観ました。低評価なレビューが多いですが、テーマをよく掴んだ作品だと思います。中身がないとか意味がわからないとかありますが、そもそものテーマはうつろいゆく曖昧で不確かな流行や価値観や失われ行く美なのだから、からっぽな印象で良いのだと思います。イミテーションの世界を、よく表現されていると思います。映画通のオジサマ方には分からない世界であって当然だと思います。はいて捨てられるkawaiiの世界です。
蜷川実花こそ、作り物、流行りものの女の子を作り上げてきた側ですから、それがあっけなく滅び去ることも数々見てきたと思うのです。女子高生達の何を言ってるか分からないモブもあれでいいんです。よく分かんないのにkawaii騒ぎ立てる世界なんです。そしてすぐ忘れる。内容はないのです。
その象徴としての浜崎あゆみの曲‼よくオッケーしたなと思いますね。まさに頂点まで持て囃されてあっけなく使い捨てられた人です。最高に可愛くて大好きなものがダサくなってしまう哀しみ。少しでもきれいになりたいという女の欲望。薄汚いものをキラキラした映像に散りばめるのはさすがだと思います。
どちらかというと、蜷川幸雄さんの蛇とピアスのほうが無理があったなと感じますが。あれこそ若者を切り取ったテーマですから、リアル世代に遠い監督だと肩透かしでしたね。
そして何より、沢尻エリカの演技力
...続きを読む ›
コメント 115人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Blu-ray
最初に言いますが、評価対象は、すべて俳優さんたちに対するもの。

専門的にはどうか知りませんが、音声は聞きずらいこと、この上ない。
検事の声は全く聞こえず、女子高生の声を観客席の歓声とあえぎ声と音楽だけは異様に大きい。

主人公のお部屋はごみだめのようで、スターのお部屋の虚構さや、豪華さなんてみじんもない。

話の流れが全くなくて、ぶった切ってくっつけたみたい。

原作がかわいそう。
体当たりで挑んだ俳優さんたちが、お気の毒。

ラストのシーンの主人公の、アイパッチが、安っぽすぎるせいか、原作での主人公の吹っ切れた感のある、崇高さが、表現し切れていない。

料理でたとえれば、最高の素材をそのまま刺身で出せばよかったのに、無駄に調理してまずい料理をだされたときのような感じです。
コメント 85人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
前回の作品「さくらん」を観た時も感じたのですがはっきり言って蜷川実花には映画監督としての才能はないと思います。
ただ単に彩色豊かなセットをバックに売れてる俳優を使い、“なんとなーくオシャレ”な静止画をつないでいるだけ。
写真家や商業カメラマンならそれでいいかもしれないけど、映画なんだからもっとストーリー性や、間(ま)、登場人物の感情の機微を繊細に描いてほしい。

同じくお父さんが超有名人で自分も映画撮ってる系有名人にソフィア・コッポラがいますが、彼女とは雲泥の差です。
彼女の作品でも観て「映画とはどういうものか?」を少しは勉強した方がいいんじゃないかとオモう。それくらいヒドい映画です。

主演の沢尻さんもどうせ脱ぐなら園子温監督作品かなんかの方が良かったんじゃないでしょうか?
完全なる脱ぎ損です。
1 コメント 279人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



関連商品を探す