通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
ヘウレーカ (ジェッツコミックス) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ヘウレーカ (ジェッツコミックス) コミック – 2002/12/19

5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 596
¥ 596 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ヘウレーカ (ジェッツコミックス)
  • +
  • 雪の峠・剣の舞 (KCデラックス アフタヌーン)
  • +
  • 新装版 骨の音 (KCデラックス アフタヌーン)
総額: ¥2,154
ポイントの合計: 66pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

注文後Amazon.co.jp配送センターより迅速に発送されます。 帯なし。表紙、中身共に目立つダメージはなく、折れや書き込みもなく良好なコンディションです。


登録情報

  • コミック: 260ページ
  • 出版社: 白泉社 (2002/12/19)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4592135008
  • ISBN-13: 978-4592135005
  • 発売日: 2002/12/19
  • 商品パッケージの寸法: 18 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 29件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
 現在「アフターヌーン」誌で「ヒストリエ」を連載している岩明均が、2001年から翌年にかけてヤングアニマル増刊「Arasi」で連載した古代史もののコミック。「ヒストリエ」は2003年からの連載開始なので、いわば「ヘウレーカ」は「ヒストリエ」の原型とも言えるものになっている。「ヒストリエ」の主人公エウメネスが勇猛果敢なスキタイ人の血を引きながら本人は頭脳型で、歴史の中に外国人というアウトサイダーの立場から関わっていくのに対し、「ヘウレーカ」の主人公ダミッポスも勇猛果敢で知られるスパルタ出身ながら頭脳型で、シラクサとローマの戦いの中に外国人というアウトサイダーの立場で関わっていくことになる。「ヒストリエ」の方が扱っている時間も長く、物語のスケールも大きいので、おそらく「ヘウレーカ」はそのパイロット版のような意図で制作されているのだろう。

 紀元前219年から始まった第二次ポエニ戦争。紀元前216年にカンネーの戦いでローマ軍を撃破したカルタゴ軍は、イベリア、ケルト、マケドニアと連合してローマを包囲。この時勢を見てローマと同盟関係にあったシチリア島シラクサでは、親カルタゴ派のエピキュデスが政治の実権を握ってローマとの戦いが始まる。市内のローマ人は捕らえられて市外に追放されたが、たまたま外出して家を留守にしていたローマ人の娘クラウディアは、カルタゴ派の手が我が身に伸びる
...続きを読む ›
コメント 69人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 solaris1 トップ1000レビュアー 投稿日 2005/2/7
形式: コミック Amazonで購入
 塩野七生の「ローマ人の物語」で日本でもわりとメジャーになった、ハンニバル、スキピオ、アルキメデス、といった英雄・著名人が登場する時代。「ヘウレーカ」で描かれているのは、第2次ポエニ戦役時代に、シラクサ市がローマからカルタゴに寝返ったときのローマ軍による、シラクサ再征服の攻防ですが、本作品は、一般にこのような英雄時代にふさわしいような明るいものではありません。登場する人物の中で特別な人間は、ハンニバルとアルキメデスだけで、主人公ダミッポスは能力は高いが、まぁ、普通の青年の範囲。
 アルキメデス発明の兵器がローマ軍を苦しめはするが、主人公は、結局恋人もアルキメデスも救えずに終わる。一件、歴史という大きな流れの中で翻弄される個人を描いた作品のように思えてしまうかもしれませんが、本作品は決して、「個人の可能性」を否定ているものではありません。彼の行為は、結果的とはいえ、戦勝軍隊による無用な敗戦市民の殺害を防ぐ一因にはなっている筈です。少なくとも敵方のローマの司令官には評価されていることは間違いありません。
 彼が恋人とアルキメデスを救えなかったことのみに注目し、自分の可能性を否定して、腐ってしまうかどうかは、本人次第でしょう。主人公が、いつかそのことに気が付いて、前向きに生きていって欲しいと思います。
 ラストの主人公は、どうみても人生に俯いてしまっているた
...続きを読む ›
コメント 81人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/17
形式: コミック
岩明氏はアフタヌーンで「寄生獣」を描いた名家。
絵がなんとよいですね。
今回の作品は紀元前のシチリアを舞台に
ローマから離反しようとするシラクサとローマ軍の戦いを
背景に主人公たちの人間模様が織り成されます。
アルキメデスも登場し知的な雰囲気も。
主人公はスパルタ人、世の中を覚めた眼で見ていますが、
勇気ある青年です。
ラストは少し悲しい。
でも歴史の無常観を味わうには
この作品をぜひ。
コメント 43人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 BT_BOMBER トップ500レビュアー 投稿日 2014/3/2
形式: コミック
現在ヒストリエを連載している岩明先生がかつて描いた歴史漫画です。
舞台はハンニバルが活躍する時代のシラクサで、街を守るために作られたアルキメデス発明の兵器を中心とした物語です。

シラクサ防衛のためのアルキメデスの発明品は実在はともかく伝承は残っているようです。
というか主人公のダミッポスも歴史書で少し名前が残ってるだけの人物のようで。
ヒストリエでも使われていますが、実際に残っている伝承から膨らませて創作する手法は見事ですね。
時の無常を感じさせるラストも歴史漫画っぽくて気に入っています。

1巻でまとまっているので非常に読みやすいです。
歴史にそれほど興味が無い人でも十分楽しめると思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
まず、冒頭、物凄いインパクトのカッコよさのハンニバルが出てきて、おおっと思わせて、それっきりというのが凄い。彼が主役じゃないのが何とも贅沢で、ハンニバルをメインで1本書いてよと、何度も思ったが。しかし、これはこれで良いのかもしれない。彼のような有名人を主役に据えると、歴史の中で忘れ去られた人々に焦点を当てるという、「ヒストリエ」でも見られる視点が使いにくいのかも。それと、蒸気砲のアイデアに脱帽。アメリカの科学ネタ検証番組(例えば忍者の水グモは実用的か?とかを真面目にやってる)で、アルキメデスの蒸気砲を、単に砲身に蒸気を注入して圧を上げて弾丸を飛ばすというもので、全く飛ばず不可能というレッテルが貼られたのだが・・・。それよりは大分マシなアイデアだと思う。確か、もう少し後になるが、ヘロンの蒸気機関というのもあったし、直接蒸気圧で弾丸を飛ばすっていうのではないというのは、鋭い着想。もっと長いストーリーで読みたいような、1巻で短くまとまっているから逆に印象的なような。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック